債務整理後5年はローンを組めない!?組むための注意点を解説

   山田 愼一

監修者:グリーン司法書士法人   山田 愼一
所属東京司法書士会登録番号東京第8849号東京都行政書士会所属会員番号第14026号
保有資格司法書士・行政書士・家族信託専門士・M&Aシニアエキスパート
関連書籍「世界一やさしい家族信託」著者・「はじめての相続」監修など多数

借金返済の知識
債務整理後にローン組む
  • LINEで送る

借金がかさんで返済がままならなくなったら、債務整理を検討する人もいらっしゃるでしょう。その際に「債務整理するとローンを組めなくなるのではないか?」と心配になりますよね。また、すでに債務整理をした方も、家や車が欲しくなった際に不安になるでしょう。

債務整理をしたからといって「一生ローンが組めない」ということはありません。とはいえ、まったく影響がないわけではなく、「債務整理後5年程度はローンが組めなくなる」ので注意が必要です

この記事では、債務整理がローン契約に与える影響や、ローンはいつから組めるのか、実際に何年後かにローンを組むための注意点などを紹介します。

1章 債務整理後ローンを組めるようになるのは5年後

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をすると信用情報機関、いわゆるブラックリストに「債務整理をした」という情報が登録されますその情報が信用情報機関に登録されている期間はローンの新規契約をすることができません
主な信用情報機関は「CIC」「JICC」「KSC」の3つです。

「CIC」・・・信販会社・クレジットカード会社が加盟している団体
「JICC」・・・消費者金融・クレジットカード会社が加盟している団体
「KSC」・・・全国の銀行が加盟している団体

横スクロールできます

CIC任意整理・個人再生・自己破産共に5年以内
JICC任意整理・個人再生・自己破産共に5年以内
KSC任意整理は5年以内自己破産・個人再生は10年以内

上記の表から分かるように、任意整理であれば5年程度、信用情報機関によって自己破産・個人再生の場合は10年程度登録されているため、ローンが組めるのは最短で5年後、最長で10年後になります。

なお、任意整理の場合、信用情報機関や契約内容によりますが「完済してから5年間」とされることが多いです。
任意整理の返済期間が3~5年かかることをふまえると、任意整理をスタートしてから8~10年の間はローンが組めないことになるので注意が必要です。

2章 ローンを組みたいなら早めに債務整理をしよう

「債務整理をしたらローンが何年も組めないのなら、債務整理をする前にローンを組んでおこう」と思うかもしれませんが、それはおすすめできません。ローンとは借金です。借金の返済が難しい状況で新たに借金を重ねるのは非常に危険です。下手すれば自己破産することになったり、返済が滞ってせっかく買った住宅や車などを差し押さえられる可能性もあるでしょう。

住宅や車のローンを組むのであれば、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)で一度、借金を整理した後にするのが良いでしょう。

それぞれの手続きの具体的な内容はこちら

悩む女性
悩む女性
住宅や車のローンを組むなら、債務整理がいいのはわかったけど、費用が払えるか不安・・・
グリーン司法書士
司法書士
グリーン司法書士法人ならあなたにあったプランをご提案します。料金の分割払いも可能です!

お気軽にお問い合わせください!

グリーンは相談料・着手金0円
費用一覧はこちら

3章 債務整理後にローンを組む際の注意点

債務整理後にローンが組めるようになるには信用情報機関の登録から情報が消える必要がありますが、情報が消えれば必ずローンが組めるわけではなく、場合によって掲載期間の経過後もローンの審査が通らなくなることがあるので注意が必要です。ここでは、ローンを申し込みを成功させるための注意点について解説します。

3-1 信用情報機関から情報消えているかを確認する

ローンの申し込み前に、自身の債務整理した情報が信用情報機関に登録されているか確認しましょう。

万が一、ローン申込時にまだ情報が消えていなければもちろんローンの審査は通りませんし、ローンの審査に落ちれば「ローン審査に落ちた」という情報が6ヶ月ほど登録されることとなります。そうなると、さらに情報が消えるまで待たなければいけませんし、一度申し込みをした金融機関では今後もローン審査が通らない可能性があります。

そのため、ローン申し込み前にあらかじめ自身の情報を調べておくことをおすすめします。

3-2 債務整理をした会社からは借りない

もともと借金をしていて債務整理をした会社からは、ローンや新たに借金することはほとんど不可能です。

信用情報機関からは情報が消えたとしても、各金融機関には情報が残っています。そのため、ローンを申し込む際は、債務整理をした会社以外を選ぶようにしましょう。

また、ローンの審査は通りやすいところと難しいところがあります。
できるだけ審査が通りやすい会社を選ぶことをおすすめします

こちらの記事を是非参考にしてみてください。

4章 債務整理やローン契約について不安があれば専門家への相談がおすすめ

債務整理は様々なリスクが伴うため、安易にできるものではありません。不安を持つことも多いでしょう。債務整理やその後のマネープラン、生活などについては弁護士や司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

依頼にかかる費用は弁護士に比べ、司法書士の方が安価なケースが多いので、安価に行いたい場合、まず司法書士に相談するのが良いでしょう

債務整理のうち個人再生と自己破産については、弁護士は代理人、司法書士は書類作成代行を依頼することができ、任意整理と比べ、借金額の制限はありません

任意整理については1社あたりの債権額140万円以内であれば、司法書士でも代理人となることができます。
(例えば、A社140万円、B社100万円、C社120万円の合計360万円の任意整理のケース)


要するに借金問題を解決するための「債務整理」は司法書士であっても十分に対応が可能な上、弁護士よりもリーズナブルなことがほとんどです。

自己破産や個人再生は、司法書士で解決できます!

まとめ

債務整理をしていてもローンを組むことは可能です。しかし、信用情報機関から情報が消える5〜10年間はローンの審査は通らないため注意をしましょう。ローン申込時には事前に自身の情報を確認しておくと良いでしょう。

債務整理やその後の生活に不安があれば、専門家への相談も検討してみてください。きっと、あなたの不安を解消するアドバイスをしてくれるでしょう。

借金返済の無料相談ならグリーンへ

     
借金返済・債務整理の相談ならグリーンへ
電話相談は9:00~20:00(土日祝10:00~17:00)で受付中です。「借金返済のブログをみた」とお問い合わせいただけるとスムーズです。相談ではなく、まずはどれくらい減らせるか知りたいという方は、借金返済無料診断をご利用ください。


お気軽にお問い合わせください!

LINEでもお問い合わせ可能!
お友達登録はこちら

  • LINEで送る
借金に関する年間相談件数4720件超!土日祝日対応!