「遅延損害金」の検索結果

借金返済の知識

遅延損害金に関する記載が契約書にない場合、払う必要はない?

遅延損害金に関する記載が契約書にない場合、払う必要はない?
遅延損害金について契約書に記載がない場合、支払わなければいけないのか疑問に思いますよね。しかし、そもそも遅延損害金は法律上取り決められているものであり、契約で特に合意したかに関わらず発生するため、契約書に記載がなくとも、債務者は遅延損害金を支払わなければいけません。
借金返済の知識

遅延損害金とは?計算方法から解決方法まで専門家が簡単解説します!

遅延損害金の計算方法から解決方法まで 専門家が簡単解説します!
遅延損害金とは?計算方法から解決方法まで専門家が簡単解説します!遅延損害金とは、借入額×年率×滞納日数÷365日で、支払うべき金額を期日までに返せなかった場合に発生します。現時点の経済状況ではどうしても返済できないという場合には、債務整理を視野にいれてみましょう。
借金返済の知識

国民年金保険の滞納分が一括で払えないときの対処法

国民年金保険の滞納分が一括で払えないときの対処法
会社にお勤めではない方は、国民年金を支払う義務があり、滞納すると一括請求を求められます。一括での支払いが難しい場合には、年金事務所に、年金の分割払いや、免除。・猶予などの救済措置が受けられないか相談してみましょう。他に借金がある場合には債務整理も効果的です。
借金返済の知識

税金滞納による差押えはいつ? 差し押さえられないための対処法は?

税金滞納による差押えはいつ? 差し押さえられないための対処法は?
税金の納付を怠ると財産が差し押さえられてしまう可能性があります。税務署や自治体はは裁判所を通さず差し押さえることができるため、一般的な借金に比べ差押えが迅速です。納付が難しい場合にはまず、税金の支払いが難しい旨を税務署や自治体に相談してみましょう。
借金返済の知識

借金を家族に打ち明けるメリット・デメリットと問題解決の方法を解説

借金を家族に打ち明けることができず、一人で悩みを抱えている方は少なくありません。しかし借金は一人で悩まず家族に打ち明けることで、問題を解決しやすくなります。そこで、借金を家族に打ち明けるメリットやデメリット、伝えられない場合の問題解決方法を説明していきます。
借金返済の知識

日本政策金融公庫の返済ができない!ベストな対処法を徹底的に解説

日本政策金融公庫の返済ができない!ベストな対処法を徹底的に解説
日本政策金融公庫の返済ができなくて困っている場合、どのような方法を用いれば事態を解決できるのでしょうか。ここでは、日本政策金融公庫からの借入金を返済できない場合にどのような方法をとれば債務の整理ができるのかということについて解説しているので、ぜひ参考になさってください。
借金返済の知識

債権回収会社は怖い?連絡が来た際にまずやるべきベストな対応法とは?

債権回収会社は怖い?連絡が来た際にまずやるべきベストな対応法とは?
債権回収会社は怖いと思っている方は少なくないと思います。しかし債権回収会社は、一定の条件を満たし法務局の許可を得た会社なので、怖いものではありません。ただし債権回収の法律を熟知したプロ集団なので、交渉を有利に進めるために通知が来た時点で専門家に相談しましょう。
借金返済の知識

家賃滞納したら強制退去?強制退去になったらその後はどうなる?

家賃滞納したら強制退去?強制退去になったらその後はどうなる?
家賃滞納をして強制退去になるケースは、滞納がある程度長期化した場合です。しかし中には、家賃滞納が続き督促に無視をし続けた結果、強制退去になることもあります。家賃滞納をしたらその後どうなるのか、強制退去までどのように進むのか、流れを追って解説します。
住宅ローン問題

住宅ローンが払えなくなったら?9つの方法で危機を回避しよう

住宅ローンが払えなくなったら?9つの方法で危機を回避しよう
住宅ローンが払えなくなったからと言って、必ず住宅を手放さなければならない訳ではありません。住宅ローンを払えなくなった場合には、まず融資を受けている金融機関や司法書士などの専門家に相談すると住宅を手放さずに済む可能性が高くなるため、この記事を参考に早めに相談しましょう。
借金返済の知識

カードローンで複数申し込み・借入はできる?デメリットや注意点

カードローンで複数申し込み・借入はできる?デメリットや注意点
カードローンにおける複数申し込み・借入は、その手軽さから魅力的に感じられるかもしれませんが、デメリットや注意点が存在します。将来の借入や金融サービスの利用に影響を及ぼす可能性があります。今回は、複数のカードローンを利用する際のリスクと賢明な考え方について解説します。
借金問題でお悩みの方へ

TOPへ