住宅ローン問題|住宅ローンが払えない場合の競売を避けられる

住宅ローンを組んだものの収入減や離婚、その他のトラブルなどで返済が難しくなってしまう可能性もあるでしょう。
住宅ローンの返済が難しくなった場合には、任意売却も選択肢に入れておくのがおすすめです。

任意売却とは、「住宅ローンを滞納している場合」や「住宅ローンを完済できない場合」に借入先の金融機関の同意を得て売却する方法です。
任意売却は競売にかけられるよりも、売却額が高くなる可能性があります。

任意売却と通常売却、競売を比較した表は下記の通りです。

横スクロールできます

任意売却 通常売却 競売
概要 「住宅ローンを滞納している場合」や「住宅ローンを完済できない場合」に借入先の金融機関の同意を得て売却する方法 買主と売主が科果樹や引き渡し日の条件に合意して売却をする方法 裁判所によって強制的に進められる手続き
メリット ・競売より高く売却できる可能性がある
・売却費用は売却代金から差し引きできる
など
売却代金や引き渡し日は住宅の所有者が自由に決定できる 任意売却や通常売却と比較して、メリットはほとんどない
デメリット 金融機関が価格を決めるので、自由に売却できるわけではない 売却費用を現金で用意しておく必要がある ・売却代金や引き渡し日を所有者が決められない
・近隣住民に競売にかけられたことがバレる可能性がある
など

任意売却のメリットは以下の通りです。

任意売却のメリット

  1. 通常に近い方法で売却できる
  2. 近所の人にローン滞納が露呈しにくい
  3. 競売よりも高い金額で売却できる
  4. 残債は分割での支払いもできる
  5. 現金を用意する必要がない

上記のように、住宅ローンの返済が難しくなったときに少しでもダメージや影響を抑えたいのであれば任意売却を検討するのが良いでしょう。
一方で、任意売却のデメリットは、下記の通りです。

任意売却のデメリット

  1. 金融機関の合意が必須
  2. 競売になるリスクがある
  3. 手続きに手間がかかる
  4. 任意売却が不成立となる場合がある
  5. 任意売却可能期間が過ぎると競売へ移行する場合がある
  6. 悪質業者とのトラブルが発生する可能性がある

上記のように、任意売却は競売にかけられる可能性がゼロではありません。
競売を避けたいのであれば、任意売却の手続きを早めに始めることが肝心です。
手続きをスムーズに進めるためにも、任意売却を検討する際には債務整理に詳しい司法書士や弁護士に相談するのが良いでしょう。

グリーン司法書士法人では任意売却を始めとした債務整理に関する相談をお受けしています。
初回相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

住宅ローン問題

任意売却とは?通常売却との違いからメリットデメリットまで徹底解説

任意売却とは
任意売却とは「住宅ローンを滞納している場合」や「住宅ローンを完済できない場合」に借入先の金融機関の同意を得て売却する方法です。任意売却には、通常に近い方法で売却できるなど大きく分けて5つのメリットがあります。任意売却のメリット・デメリットや通常売却との違いを解説します。
住宅ローン問題

【徹底解説】任意売却の具体的な流れとは?売却可能な期間とは?

【徹底解説】任意売却の具体的な流れとは?売却可能な期間とは?
住宅ローンの返済に困った際、「任意売却」は選択肢のひとつです。しかし、任意売却が可能な期間は限られているのでご注意ください。また、売却後に残る借金額を想定し「債務整理」と同時並行で進めることが大切です。任意売却の流れや売却可能な期間を確認していきましょう。

よくあるご質問

債務整理とはわかりやすく言うと?
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をすると、返済額が減り(自己破産の場合はゼロ)となるため、毎月の支払い負担を軽減することができます。
任意整理とは分かりやすく言うと?
任意整理は、債権者を選んで将来の利息をカットし、元本のみを3〜5年で返済する手続です。
自己破産とは分かりやすく言うと?
全ての借金の返済義務が免除されます。同時に、ブラックリストに登録される、連帯保証人に返済義務が生じるなどのデメリットがあります。
多額の借金とはいくらから?
その人の収入や支出によっていくらから多額というのかは変わりますが、年収の3分の1や桁が増える100万円が挙げられます。
500万円は債務整理すると何年で返せる?
金利18%で500万円借入れて、任意整理した場合は毎月8.4万円返済すると5年かかります。

その他、借金返済に関するよくあるご質問はこちら

借金に関する年間相談件数4720件超!土日祝日対応!