「時効の中断」の検索結果

解決事例

充当指定のない債務の返済と時効の中断 最高裁令和2年12月15日判決

判例-充当指定のない債務の返済と時効の中断
当事者間に複数のお金の貸し借りがある場合に、債務者がどの債務の返済かを特定することなく返済した場合、その行為による消滅時効の中断はすべての債務に対して生ずるとした判例をご紹介!関連する「返済の指定」「消滅時効の中断事由」について簡単に説明し、判例の中身を説明します。
時効の援用

消滅時効の中断とは?改正の要点と中断させない注意点を詳しく解説

消滅時効の中断とは?改正の要点と中断させない注意点を詳しく解説
消滅時効の中断とは?改正の要点と中断させない注意点を詳しく解説します。新民法では、一般の債権の時効が5年に統一され、短期消滅時効がすべて廃止されました。また、原則5年となったことに伴い、特則を定めておく必要がなくなったため、商事債権に関する特則規定が廃止されました。
借金返済の知識

代位弁済とは保証会社が返済すること!対処法などをわかりやすく解説

代位弁済とは保証会社が返済すること!対処法などをわかりやすく解説
代位弁済とは、わかりやすく言うと保証会社が債務者の代わりに債権者へ借金の残金を支払うことです。救済措置のようですが、その後も延滞を放置していると取り返しの付かないリスクを負います。この記事では代位弁済についてわかりやすく解説するとともに、対処方法についても説明します。
時効の援用

借用書があっても時効になる|時効が停止するケースも解説

借用書があっても時効になる|時効が停止するケースも解説
借用書があっても借金の時効は、最後の返済日から5年または10年です。とはいえ、法律上は、メールやチャットのやり取り、はたまた口約束であってもお金の貸し借りの契約は成立したとみなされます。この記事では、借用書と時効の関係の時効や時効がストップするケースなどを解説します。
時効の援用

時効完成後の債務の承認とは?該当するケースや問題点について解説

時効完成後の債務の承認とは?該当するケースや問題点について解説
消滅時効期間後でも「時効の援用」せず「時効完成後の債務の承認」があれば消滅時効は完成しません。「時効完成後の債務の承認」前に「時効の援用」が必要です。「時効完成後の債務の承認」があれば取り消しできなくなるため、該当するケースや問題点を詳しく説明していきます。
時効の援用

時効の完成猶予とは?時効の更新との違いと該当する事由について解説

時効の完成猶予とは?時効の更新との違いと該当する事由について解説
時効の完成猶予とは一定の事由で時効の完成が猶予される制度で、その事由が終了するまでは時効は完成しません。そのため時効が完成していたはずが、猶予されている場合もあると考えられます。ミスしないためにも時効の完成猶予に該当する事由や時効の更新との違いについて説明します。
時効の援用

個人間の借金の時効は何年?成立要件や時効が中断するケースを解説

個人間の借金の時効は何年?成立要件や時効が中断するケースを解説
個人間の借金の時効は、2020年3月31日以前のものは原則10年、2020年4月1日以降のものは原則5年です。借用書がなくても時効は成立しますが、お金を借りた日や返済した日などが分からず、時効の起算点が明確でなくなってしまいます。過去のやり取りを遡ってみましょう!
時効の援用

住民税の時効はあるが支払う義務あり!滞納したときのリスクを解説

住民税の時効はあるが支払う義務あり!滞納したときのリスクを解説
生活する以上は必ず支払わなければならない住民税。実は、住民税には時効があるのを知っていますか?金銭的に余裕がない場合、もし時効が適用されたら払わなくても良くなるかもしれないですよね。この記事では住民税の時効は適用されるのか、滞納したときのリスクを解説いたします。
時効の援用

借金を10年以上放置すれば時効で踏み倒しは可能?返済義務と解決方法を解説

借金を10年以上放置すれば時効で踏み倒しは可能?返済義務と解決方法を解説
借金を返さずに10年以上放置すれば、時効により踏み倒したくなるものです。ただ、借金を10年以上放置しても、自動的に時効で消滅し返済が免除されるわけではありません。そこで、借金を10年以上放置すれば時効で踏み倒しできるのか、返済義務と問題解決の方法について解説します。
時効の援用

家賃滞納の消滅時効は5年?成立する条件と何年未払いなら踏み倒し可能か解説

家賃滞納の消滅時効は5年?成立する条件と何年未払いなら踏み倒し可能か解説
家賃滞納の消滅時効は5年であり、未払いのままいれば支払い義務はなくなると考えられます。ただし家賃の消滅時効は5年待てばよいだけでなく、一定要件を満たすことが必要です。そこで、家賃滞納のまま5年経てば本当に踏み倒しできるのか、時効成立の要件などについて解説していきます。
借金返済の知識

消費者金融の借金は踏み倒しできる?時効成立の条件と未払いリスク・解決法を解説

消費者金融の借金は踏み倒しできる?時効成立の条件と未払いリスク・解決法を解説
消費者金融の借金を踏み倒したいと考えても、簡単に見逃してはくれないでしょう。ただ、時効が成立すれば可能性はゼロではないといえます。そこで、消費者金融の借金は踏み倒しできるのか、時効成立の条件と未払いリスク・解決法について詳しく説明していきます。
時効の援用

友人からの借金の時効はいつ?時効がストップするケースも解説

友人からの借金の時効はいつ?時効がストップするケースも解説
友人からの借金でも時効はあります。友人からの借金のように個人間の借金の消滅時効は、2020年3月31日までに借りたものは原則10年、2020年4月1日以降に借りたものは原則5年です。しかし、お金を貸している側が何らかのアクションを起こすことで中断する可能性があります。
時効の援用

借金の踏み倒しの時効は5年もしくは10年!難しい理由とは?

借金の踏み倒しの時効は5年もしくは10年!難しい理由とは?
借金を踏み倒した場合の時効は、5~10年です。理論上は、時効を迎えれば借金を踏み倒せますが、現実的には取立てが行われるので難しいです。借金の返済が難しい場合には債務整理もご検討ください。本記事では、借金を踏み倒した場合の時効はいつか、踏み倒しが難しい理由を解説します。
時効の援用

NHK受信料の時効援用はできる?時効成立の要件や手続きの流れとは

NHK受信料の時効援用はできる?時効成立の要件や手続きの流れとは
NHKの受信料は時効援用可能です。滞納日から5年以上経過しているNHKの受信料は時効援用の手続きにより返済義務をなくせる可能性があります。ただし、受信料の時効は中断、更新される場合もあるので注意が必要です。NHKの受信料を時効援用するための条件を解説します。
時効の援用

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは
時効援用の最大のメリットは、時効を迎えた借金の返済義務がなくなることです。他にも手続きにかかる費用や手間が少ないことも時効援用のメリットといえるでしょう。一方で、時効援用は失敗するリスクがあるなどのデメリットもあります。時効援用のメリット・デメリットを解説します。
借金返済の知識

保証債務とは?成立する条件や発生するケースについて解説

保証債務とは?成立する条件や発生するケースについて解説
保証債務とは、債務者の代わりに第三者が保証する債務(借金など)です。基本的には、保証人に課される債務で、保証人は利息や違約金など債務に関わる責任についても責任を負います。保証債務が成立する要件や保証債務の消滅時効、種類など、保証債務について詳しくご説明しております。
時効の援用

家賃滞納の消滅時効とは?成立するまでの年数と要件をわかりやすく解説

家賃滞納の消滅時効とは?成立するまでの年数と要件をわかりやすく解説
家賃滞納は5年以上放置することで、消滅時効により未払分の請求ができなくなるとされています。しかし単に時効を迎えただけで支払い義務が消滅するわけではありません。そこで、家賃滞納の消滅時効が成立するまでの年数やその要件についてわかりやすく解説していきます。
借金返済の知識

催告書とは?届いたときの対処法と無視するリスク

催告書とは?届いたときの対処法と無視するリスク
催告書とは、借金やローンなどを滞納したときに届く、債務者に対して支払いを命じる書類です。この記事では、催告書とは何か、詳しく解説します。催告書の内容をきちんと確認し、心当たりがあれば、なるべく早く返済し、心当たりがない場合には、警察や消費者センターに相談してください。
時効の援用

求償権の時効は5年!請求を無視されるときの対処法

求償権の時効は5年!請求を無視されるときの対処法
求償権には時効があり、代理で返済した時点から5年が経過すると権利が消滅します。求償権とは、ある人が法律上の理由で財産が減少した場合に、その人に対して、減った分の財産の返還を求める権利です。時効については、完成が猶予されたり、更新されたりするケースが存在するので注意しましょう。
時効の援用

消滅時効の起算点はいつ?時効が中断・延長されるケース

消滅時効の起算点はいつ? 時効が 中断・延長されるケース
消滅時効の起算点は、あらゆる行為によって変更されるため、実際に完成されているかどうかを把握するのは難しいといえます。この記事では、消滅時効の起算点について解説します。最後の返済から長い期間が経過していて、「時効を迎えているかも?」と感じたら、専門家に相談しましょう。
時効の援用

消費者金融の借金の時効|時効が成立する日と中断・延期される要件

消費者金融の借金の時効
消費者金融からの借金の時効は、ほとんどの場合「最後の返済から5年」です。しかし、消費者金融からの借金の時効が中断・停止されるケースがあるため、消滅時効が成立するのは難しいのが現実です。借金の消滅時効についてや、時効が中断・停止されるケース、時効の援用を解説します。
時効の援用

借金の時効援用通知が失敗するケースと失敗しないための3つのポイント

時効援用をしないための3つのポイント
時効が完成していれば、時効の援用をすることで時効は成立します。しかし、やり方を間違える、何らかの理由で時効が停止・延長されていると援用ができず失敗してしまう恐れがあります。時効の援用が失敗するケース、時効の援用が失敗した際の対処法を解説します。
時効の援用

消滅時効とは?消滅時効を迎えた時の対応や延長されるケースを解説

消滅時効とは?消滅時効を迎えた時の対応や延長されるケースを解説
消滅時効とは、一定期間権利が行使されない場合に権利を消滅させる制度です。消滅時効に関する法律は、令和2年4月に改正されました。本記事では、消滅時効に関する最新の法律の内容や消滅時効が中断・停止してしまうケースをわかりやすく解説していきます。
時効の援用

時効援用通知を送らないと借金は消滅しない!援用通知の書式と注意点

時効援用通知を送らないと借金は消滅しない!援用通知の書式と注意点
一定期間が経過すると、借金は消滅時効を迎え消滅ます。ただし、単に期間が経過しただけでは足りず、時効の援用通知が必要です。援用とは何か。消滅時効の援用通知の書き方、送り方から送る際の注意点までまとめました。数年放置している借金がある方は是非お読みください。
借金問題でお悩みの方へ
TOPへ