過払い金請求|払いすぎた利息が返ってくる

「過払い金」とは、本来であれば支払う必要がなかったのにもかかわらず、貸金業者に余分に支払ったお金です。

貸金業者に適用される法律には「利息制限法」と「出資法」という2種類があり、以前は各法律の上限金利が異なっていたため、「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利が存在していました。
「過払い金」の正体は、出資法と利息制限法の上限金利の差により発生したグレーゾーン金利により、払い過ぎた利息です。

過払い金の請求をできる可能性が高い借金は、主に以下の通りです。

  • ・貸金業者からの借金
  • ・2010年(平成22年)6月17日以前の借入開始した借金
  • ・完済してから10年以内の借金
  • ・請求先の会社が存在する借金

上記の借金をしている人は、過払い金請求をできる可能性があるので、債務整理や過払い金請求に詳しい司法書士や弁護士に相談することをおすすめします。
なお、本ブログでは無料かつ匿名で過払い金の計算ができるツールを用意していますので、お気軽にご活用ください。

過払い金の請求をするメリットは、主に以下の通りです。

過払い金の請求のメリット

  1. 払い過ぎた利息が返ってくる
  2. ブラックリストに載らない(完済の場合)

一方で、過払い金の請求をするデメリットは、下記の通りです。

過払い金の請求のデメリット

  1. 同じ消費者金融からの借入れはできなくなる
  2. 完済していない場合はブラックリストに載る可能性がある

過払い金は自動的に返ってくるわけではなく、貸金業者などに対して自分で請求しなければなりません。
過払い金を請求する流れは、主に下記の通りです。

  1. 1.取引履歴の確認
  2. 2.引き直し計算により過払い金を算出
  3. 3.貸金業者に対し過払い金を請求
  4. 4.貸金業者と任意交渉
  5. 5.過払い金の受取り

ミスなく手続きを行い、確実に過払い金を返してもらうためにも自分で手続きを進めるのではなく、債務整理に詳しく過払い金請求に実績を持つ司法書士や弁護士に相談するのが確実です。

グリーン司法書士法人では、過払い金の請求を始めとした債務整理に関する相談をお受けしています。
初回相談は無料、かつオンラインでの相談も可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

過払い

過払い金には5%の利息を付けて返してもらえる!請求方法とは?

過払い金は払いすぎた利息|5%利息を付けて返還してもらう方法とは
過払い金とは、「払いすぎた利息」あり、債権者に対して返還を請求することが可能です。実は、この過払い金には「5%の利息を付けて返還を求める」ことができます。請求したい場合には、専門的な知識や債権者との交渉が必要なため、司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。
過払い

過払い金の返還請求でブラックリストに登録されるケースとは?

ブラックリスト 過払い金
「過払い金」とは、払い過ぎていた利息を取り戻すための手続ですが、手続き内容によってはブラックリストに登録されるなどデメリットもあります。過払い金返還請求でブラックリストに登録されるケースとされないケース、登録される期間についてご説明します。
過払い

過払い金を請求することの3つのデメリットと確認しておきたい注意点

過払い金を請求することの3つのデメリットと確認しておきたい注意点
過払い金の返還を請求には特にデメリットはないと考えられますが、返済中に過払い金を請求してしまう等の場合にはデメリットにつながる可能性もあります。この記事では過払い金請求によって生じるデメリットについて、メリットとともに具体的に解説します。是非ご判断に役立ててください
過払い

過払い金請求の時効は5年?10年?時効を過ぎても請求する方法

過払い金の請求には消滅時効があり、原則完済してから10年を経過すると過払い金は消滅時効を迎え、請求できなくなってしまいます。もし時効期限が迫っているようであれば、できるだけ早く専門家へ相談することをおすすめします。過払い金請求の時効が迫っているときの対処法も紹介します。
過払い

過払い金とは?返還請求できる借金の条件や請求時の流れを徹底解説

過払い金が発生する仕組みとは?請求できる借金を徹底解説
「過払い金」とは、本来であれば支払う必要がなかったのにもかかわらず、貸金業者に余分に支払ったお金のです。「利息制限法」と「出資法」の2種類の法律の上限金利が異なっていたので、グレーゾーン金利が発生し過払い金が発生していました。過払い金とは何か、請求方法を紹介します。
過払い

過払い金は自分で計算できる?過払い金が発生するケースと計算方法

過払い金請求をすれば、借入額や時期、金利によっては、多額の過払い金が返ってくる可能性があります。では、この過払い金はどのように計算するのでしょうか。この記事では、過払い金が発生するケースや計算方法について解説しますのでぜひ参考にしてください。

よくあるご質問

過払い金請求のリスクは?
金融機関に過払い金請求をすると、今後その金融機関から借入れできなくなることがあります。
クレジット過払い金請求のデメリットは?
調査だけで費用がかかるケースがあります。調査無料の事務所を選びましょう。
過払い金請求するとどうなる?
ブラックリストに載ることになる、過払い請求をした債権者へは今後借入れできなくなる、専門家に依頼すると費用がかかる
過払い金診断のデメリットは?
必ずしも過払い金が発生しているか診断できず、結局は専門家(司法書士や弁護士)に相談しなければ正確な判断ができないこと
なぜ過払い金が発生するのか?
貸金業者に適用される法律には「利息制限法」と「出資法」という2種類があり、以前は各法律の上限金利が異なっていたため、「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利が存在していたから。
借金に関する年間相談件数4720件超!土日祝日対応!