「個人再生 成功率」の検索結果

個人再生

個人再生の成功率は約93%!成功率を上げる方法と失敗した際の対処法

個人再生の成功率は約93%!
個人再生の成功率は約93%と非常に高くいですが「絶対に失敗しない」とは言えません。そこでこの記事では、個人再生が失敗するケースと成功率を上げるコツを紹介します。また、万が一失敗してしまった場合の対策についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。
個人再生

浪費による借金でも個人再生は可能!個人再生が認められないケースとは

浪費による借金でも個人再生は可能!個人再生が認められないケースとは
個人再生は、浪費やギャンブルによる借金であっても手続きできます。生活に必要がなく収入に見合わないようなお金を使うと手続きが出来ないのは、自己破産です。よほどのことがない限り、個人再生の不許可事由に該当することはありません。浪費でできた借金でお悩みの方もご相談ください。
個人再生

個人再生は失敗する?原因から対策、失敗したときの対処法まで簡単解説

個人再生は失敗する?原因から対策、失敗したときの対処法まで簡単解説
個人再生が失敗する原因から対策、対処法まで簡単解説します。個人再生で失敗する原因は様々ですが、①申立てが認められない、②手続きが途中で打ち切られる、③再生計画が認められない、の3つに大別できます。対処法としては、専門家に依頼し、相談と連絡を行えば問題ありません。
借金返済の知識

ギャンブル依存症が原因で借金をするとどうなる?債務整理はできる?

ギャンブル依存症が原因で借金をするとどうなる?債務整理はできる?
ギャンブル依存症は、ギャンブルにのめり込んで日常生活や社会生活に支障が出る状態です。勝ちへのこだわりやストレス解消のために始めたギャンブルで借金を重ね、深刻な状態を招きます。今回の記事ではギャンブル依存症が原因の借金がどうなるか、債務整理はできるかなどを解説します。
時効の援用

NHK受信料の時効援用はできる?時効成立の要件や手続きの流れとは

NHK受信料の時効援用はできる?時効成立の要件や手続きの流れとは
NHKの受信料は時効援用可能です。滞納日から5年以上経過しているNHKの受信料は時効援用の手続きにより返済義務をなくせる可能性があります。ただし、受信料の時効は中断、更新される場合もあるので注意が必要です。NHKの受信料を時効援用するための条件を解説します。
時効の援用

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは
時効援用の最大のメリットは、時効を迎えた借金の返済義務がなくなることです。他にも手続きにかかる費用や手間が少ないことも時効援用のメリットといえるでしょう。一方で、時効援用は失敗するリスクがあるなどのデメリットもあります。時効援用のメリット・デメリットを解説します。
自己破産

自己破産が失敗する確率は約2%!失敗したときの対処法とは

自己破産が失敗する確率は3〜4%!失敗したときの対処法とは
自己破産が失敗する可能性は3〜4%にすぎませんが、万が一自己破産が失敗した場合、再度申し立てをする際にはハードルが高くなります。また、自己破産に失敗すると借金は残るので、一括請求されてしまう可能性もあります。自己破産が失敗するケースや失敗時の対処法を解説します。
住宅ローン問題

任意売却とは?通常売却との違いからメリットデメリットまで徹底解説

任意売却とは
任意売却とは「住宅ローンを滞納している場合」や「住宅ローンを完済できない場合」に借入先の金融機関の同意を得て売却する方法です。任意売却には、通常に近い方法で売却できるなど大きく分けて5つのメリットがあります。任意売却のメリット・デメリットや通常売却との違いを解説します。
任意整理

【司法書士監修】任意整理が失敗するケースとは|成功するためのコツ

任意整理が失敗するケースとは
任意整理は、他の債務整理手段に比べてリスクや手間が少ないため、借金の返済が難しいときに検討する方も多いでしょう。しかし、任意整理は債権者と交渉して行うものですので、失敗するケースも少なくありません。任意整理が失敗しやすいケースや、失敗しないためのコツについて解説します。
借金問題でお悩みの方へ
TOPへ