任意整理するとクレジットカードはどうなるのか?専門家が徹底解説!

   山田 愼一

監修者:グリーン司法書士法人   山田 愼一
所属東京司法書士会登録番号東京第8849号東京都行政書士会所属会員番号第14026号
保有資格司法書士・行政書士・家族信託専門士・M&Aシニアエキスパート
関連書籍「世界一やさしい家族信託」著者・「はじめての相続」監修など多数

任意整理
任意整理するとクレジットカードはどうなる?

この記事は約 14 分で読めます。

クレジットカードは、ネットショッピングや現金の持ち合わせがないときなどに利用ができ、とても便利なものです。しかし、使い方によっては、借金がかさんでしまうこともあるでしょう。また、その借金が大きくなり、首が回らなくなってしまうこともあります。
借金の返済が難しくなったとき、任意整理をすることで借金を減額することが可能であり、これは、クレジットカードの借金の場合でも同様です。
この記事では、クレジットカードで生じた借金を任意整理したらどうなるのか、任意整理後はどうなるかなどについて解説します。

1章 クレジットカードの任意整理とは

任意整理とは、貸金業者(クレジットカードの場合、クレジットカード会社)と交渉し、無理のない範囲で返済できる計画を立てて返済をすることを言います。具体的には「司法書士や弁護士が毎月かかっている利息をカットもしくは減額し、3年から5年程度の長期の分割払いで支払う内容にリスケジュールしてほしいと」交渉し、クレジットカード会社と和解を結びます。利用者は、その和解内容に従って返済しなければいけません。

具体的には「司法書士や弁護士が毎月かかっている利息をカットもしくは減額し、3年から5年程度の長期の分割払いで支払う内容にリスケジュールしてほしい」と交渉し、クレジットカード会社と和解を結びます。利用者は、その和解内容に従って返済しなければいけません。

任意整理手続きの具体的な流れについての詳しい解説はこちらの記事をどうぞ!

1-1ショッピングリボやキャッシングでも任意整理できる

クレジットカードのショッピングリボやキャッシングでも任意整理は可能です。ただし、ほとんどのクレジットカード会社は借金の元金をカットすることに応じてくれません。あくまで任意整理は、借金を減額するのではなく、利息をカットすることで借金減額するだけなので、その点は留意しておきましょう。ただし、キャッシング利用分に過払い金が生じていた際(利息制限法を超えた金利で取引していた場合)は、過去に払いすぎた利息を元本から減額することは可能です。

1-2任意整理すると長期分割や金利カットできる

クレジットカードの利用分(ショッピング・キャッシング利用分)を任意整理することで、長期に渡る分割や将来発生する金利をカットすることが可能です。
【例】
80万円のリボ払いを元金月20,000円返済する場合(※年利18%)

横スクロールできます

そのまま返済を続けた場合任意整理をした場合(利息カット)
返済期間5年2ヶ月4年6ヶ月
月々の平均返済額20,000円15,000円
合計返済額123万2,097円80万円

将来発生する利息をすべてカットできた場合、合計返済額は利息分の約43万円が減額し、月々の返済額も5,000円減ることとなります。また返済期間も8か月も早くなります。

悩む女性
悩む女性
減額シュミレーターってどういうカラクリなの?
司法書士
司法書士
自動で計算するサイトはよくありますね。このサイトのシュミレーターは、専門家が個々に判断します。
悩む女性
悩む女性
どうせ依頼しないと教えてくれないんでしょ?
司法書士
司法書士
匿名でお問い合わせ頂いても、シュミレーション結果をお送りします。無理な勧誘もありませんし、そのまま依頼することも可能です。
悩む女性
悩む女性
じゃあ、試してみようかな。

減額シュミレーションしてみよう!

債務整理で借金返済できる?
借金返済無料診断フォーム

2章 クレジットカードを任意整理すると起こる4つのこと

クレジットカードを任意整理した場合、利息のカットや長期分割に応じてもらえる反面、利用者に不利益も生じます。任意整理する前に、しっかりと理解しておきましょう。

2-1 任意整理するクレジットカードは即日使えなくなる

任意整理をするとクレジットカードは解約扱いとなり、即日使用できなくなります。また、任意整理をした場合、ショッピングとキャッシングを分けて対応してくれるクレジットカード会社はほとんどありません。例えば「ショッピング利用はリボ払いや分割払いは利用していないが、キャッシングリボは利用しているためキャッシングリボだけ任意整理する」といった場合でも、任意整理をすればショッピングもキャッシングも共に利用できなくなります。

2-2 付随しているETCカードや家族カードも使えなくなる

クレジットカードを任意整理した場合、クレジットカードに付随している家族カードも利用できなくなります。ただし、ETCカードは、交通事故を防ぐため、急なカードの利用停止はされないようですが、自主的に利用を中止しましょう。使い続けていると、クレジットカード会社から連絡が来たり、法的措置を取られたりしますので注意してください。

2-3 貯まっていたポイントは失効する

クレジットカードを任意整理した場合、クレジットカードは解約扱いになるため、ポイントも同時に失効となります。もし、ポイントがかなり残っているのであれば、任意整理前に使用しておくと良いでしょう。ポイントを使ったからといって、任意整理において不利になることはありません。

2-4 信用情報機関に事故情報が登録される

クレジットカードに限らず、任意整理をした場合信用情報機関に事故情報として登録されることとなります。
信用情報機関とは、金融における支払い能力を判断する個人情報を蓄積していく機関です。任意整理など、支払いが不可能になった際の手続きは「金融事故」として、この機関に登録されることとなります。これは通称「ブラックリスト」と呼ばれています。
このブラックリストは、クレジットカード会社を始め、貸金業者などで共有されています。そのため、登録されると、他社のクレジットカードであっても審査が通らず、契約はできません。また、新たなローンを組むこともできなくなります。ただし、すでに組んでいる住宅ローンや自動車ローンには影響はないのでご安心ください。
なお、信用情報が回復する(ブラックリストから外れる)までには、完済から5~7年程度かかると言われています。

クレジット会社は、契約時以外にも更新時など、定期的に利用者の審査を行っています。そのため、審査が行われた際に、他社のクレジットカードも利用ができなくなる可能性があります

3章 任意整理後にカードを利用する3つの方法

任意整理後は、クレジットカードが使えなくなります。しかし、クレジットカードがないとさまざまな場面で不便になるでしょう。そこで、ここではクレジットカードの代替になるものや、クレジットカードを利用する方法を紹介します。

3-1デビットカードを作る

クレジットカードと似た機能を持つカードに「デビットカード」があり、デビットカードであればブラックリストに登録されていても作ることが可能です。クレジットカードと同じように店頭やネットショッピング、海外においても利用ができますが、デビットカードの場合、使用後即時登録した銀行口座から引き落とされます。つまり、利用限度額は口座の残高額となり、所持している金額以上は利用できないということです。キャッシングやリボ払いなどもできないため、15歳以上(中学生を除く)から作ることもできる安全・安心なカードです。

デビットカードとは?

デビットカードとは、カードでの支払いと同時に登録している自身の銀行口座から引き落としされるシステムです。クレジットカードと同様に、ショッピングの決済で利用することができます。デビットカードには銀行口座のキャッシュカードをそのままデビットカードとして利用できる「J-Debit」と、クレジットカード会社が発行しているVISAやJCBなどのブランドがついたブランド付きデビットカードの2種類があります。ブランド付きデビットカードであれば、海外の加盟店でも利用することができます

3-2家族カードを使わせてもらう

任意整理をしたことでブラックリストに登録されるのは自身のみで、家族は登録されないため、家族はクレジットカードを使用することも、契約することも可能です。多くのクレジットカードには、契約者の家族も利用できるカード(家族カード)を作ることができる機能が付帯しています。家族カードを作ってくれる家族がいるのであれば、作ってもらうのも手段の一つでしょう。ただし、家族カードも使いすぎて返済不可という事態になれば、家族に迷惑をかけるだけでなく、家族ともどもクレジットカードの作成やローンを組むことができなくなってしまうので細心の注意を払い使用することをおすすめします。

3-3信用情報機関への登録が消えるまで待つ

信用情報機関への金融事故の登録(ブラックリスト)が消えるのは、およそ完済から5~7年後と言われています。クレジットカードを作りたいのであれば、少し長いですが、登録が消えるのを待つのが良いでしょう。自身の金銭管理を整理するいい機会にもなります。
なお、5年という年数はあくまで目安であり、実際にどれくらいの期間を要するのかは定かではありません。自身の登録状況については、信用情報期間へ請求することで開示してもらうことができます

4章 任意整理後にクレジットカードを作りやすくする5つのポイント

前章でも解説しましたが、ブラックリストへ登録されている期間はクレジットカードを作ることはできませんが、これまでの取引内容や、現在の収入によって多少は期間が前後すると言われています
ここでは、任意整理後にクレジットカードを作りやすくなるポイントについて解説します。

4-1任意整理していない会社へ申し込みする

一度任意整理を含む、債務整理によって解約したクレジット会社は、信用情報機関への登録がなくなったとしても社内の情報が残ることも多く、比較的に難易度が上がります。新たに契約する際には他社のカード会社に申し込みしましょう

ブラックリストでも作れる比較的審査が甘いクレジットカード
三井住友カードRevoStyle
Tカードプラス
セディナカードjiyu!da!
楽天カード
アメックス

4-2複数のカード会社へ同時に申し込みしない

新たにクレジットカード会社へ申し込む際は、1社ずつ申し込むようにしましょう。なぜなら申し込み記録は残るため、「数撃ちゃ当たる」などと考えて同時に何社も申し込むと、カード会社としては「経済状況が悪く、必死になって何社も申し込んでいるのでは?」と考え、審査を通さない可能性があります。

4-3審査に落ちた時は半年以上の期間をあける

もし、クレジットカードの審査に落ちた際は、急いで他社へ申し込むのはやめましょう。まだブラックリストの登録が削除されていない可能性もあるので、まずは自身の情報を確認することをおすすめします。また、ブラックリストへの登録が削除されているにも関わらず、審査に落ちた場合は次回の申込みまでに半年以上の期間を空けることをおすすめします。頻繁に申し込みをすると、前項と同じように経済状況が悪いと勘ぐられ、より申し込みがしにくくなる可能性があります。

4-4限度額の低いカードから申し込みする

限度額の低いクレジットカードは、比較的審査が通りやすいと言われています。クレジットカードは数多くありますので、なるべく限度額の低いものを探してみましょう。

4-5少しづつ新しい信用情報を残す

信用情報機関への登録される信用情報は、金融事故などの悪いものだけではなく、きちんと取引ができているという良い情報も登録されます。ブラックリストに登録されているからといって、その期間信用取引(クレジットカードやローン、後払いなどの)を行わないと、信用情報期間に信用情報が一切登録されず、審査の際にきちんと返済能力がある人なのかを判断する材料もなくなります。そのため、少しずつ、できる範囲内で信用情報を残す必要があります。その登録は、例えば携帯電話の分割払いで購入するなどすることで可能です。

まとめ

  • クレジットカードのショッピングやキャッシング利用に対しても、任意整理で利息分をカットし、返済額の減額をすることは可能です。ただし、過払い金が生じているときを除き、原則元金の減額はできません
  • 任意整理をすると、信用情報機関にブラックリストとして登録され、他社のクレジットカードの使用もできない上、新規の契約もできなくなります。
  • どうしてもカードが必要な場合はデビットカードや家族カードを利用するのが良いでしょう。そうでなければ、新たにカードが作れるようになるまで待つことをおすすめします。
  • 一度、信用情報機関のブラックリストに登録されてしまうと、およそ5〜7年は情報が消えないと言われていますが、これまでの取引や収入などによって多少前後することもあります。限度額の低いクレジットカードなどであれば比較的作りやすいと言われています。なお、新規で申し込みをする場合は1社ずつ申し込み、審査に落ちた際は半年以上の期間を開けましょう

お気軽にお問い合わせください!

グリーンは相談料・着手金0円
費用一覧はこちら

任意整理の無料相談ならグリーンへ

     
任意整理の無料相談ならグリーンへ
電話相談は9:00~20:00(土日祝10:00~17:00)で受付中です。「借金返済のブログをみた」とお問い合わせいただけるとスムーズです。相談ではなく、まずはどれくらい減らせるか知りたいという方は、借金返済無料診断をご利用ください。


お気軽にお問い合わせください!

LINEでもお問い合わせ可能!
お友達登録はこちら

よくあるご質問

債務整理してから何年でクレジットカードは作れる?
自己破産や個人再生などの債務整理をすると5~10年はクレジットカードを作ることができません。
ブラックリストに載っている状態だと新しくクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができないのですが、ブラックリストに載る状態は5~10年続くので、その間はクレジットカードを作ることができないということになります。
詳しくはコチラ
債務整理の履歴は何年で消える?
自己破産や個人再生などの債務整理をすると、信用情報機関に情報が渡り、信用情報機関同士で共有されます。
各信用情報機関で登録期間は異なりますが、5~10年ほど経過すると削除されるのでご安心ください。
債務整理の履歴は一生残るわけではありません。
詳しくはコチラ
  • LINEで送る
借金に関する年間相談件数4720件超!土日祝日対応!