「自己破産 デメリット」の検索結果

自己破産

自己破産とは?メリット・デメリットや手続きの流れを徹底解説

自己破産とは?メリット・デメリットや手続きの流れを徹底解説
自己破産とは、裁判所に申立てることで、税金などの公金を除き、すべての借金の返済が免除される手続きです。債務整理の中で最も効力がある方法ですが、財産を失い、手続中に制限がかかる場合があります。この記事では、自己破産のメリットやデメリット、手続きの流れについて解説します。
個人再生

個人再生と自己破産の違いとは?選び方やメリット・デメリットを解説

個人再生と自己破産の違いとは?選び方やメリット・デメリットを解説
個人再生と自己破産はどちらも債務整理の方法ですが、借金額や財産・収入の状況などで手続を選ぶことになります。しかし個人再生と自己破産の選択により、その後の結果は大きく異なるため、間違った選び方をしないためにもそれぞれの違いやメリット・デメリットを解説していきます。
自己破産

自己破産の7つのデメリット|自己破産が向いていない人について解説

自己破産の7つのデメリット|自己破産が向いていない人について解説
自己破産のデメリットは、家や車などの財産を失うことです。他にも、自己破産をすると、新規の借入れが出来なくなる、官報に掲載される、保証人に迷惑がかかるなどのデメリットがありますが、借金の返済がどうしてもできないような状況では、返済義務が免除されるメリットを得るために検討するべきでしょう。
自己破産

自己破産のメリット・デメリット|自己破産が向いている人とよくある質問

自己破産のメリット・デメリット|自己破産が向いている人とよくある質問
自己破産のメリットは、裁判所に認めてもらえれば借金が全額なくなることです。自己破産のメリット・デメリットや向いている人・向いていない人などについて確認していきましょう。自己破産に関するよくある質問についてもお答えしていますので、ぜひ参考にしてください。
自己破産

自己破産する人はずるいって本当?したもん勝ちにならない理由を解説

自己破産する人はずるいって本当?したもん勝ちにならない理由を解説
ネットでは「自己破産はしたもん勝ち」などの意見もあり、自己破産をしたくても「自己破産ってずるいかな?」となかなか踏み切れない方は少なくありません。この記事では、自己破産は本当に「ずるい」制度なのかを解説します。自己破産するか迷っている方は、ぜひご参考にしてください。
自己破産

自己破産を弁護士が断るケースとは?断られる理由と借金の解決方法

自己破産を弁護士が断るケースとは?断られる理由と借金の解決方法
弁護士に相談したものの、自己破産を断られるケースは実は少なくありません。弁護士に断られるのでは、どうしたら良いのか困ってしまいますよね。この記事では、弁護士に自己破産を断られる理由について解説します。断られた場合の対処法についても紹介するので、ぜひご参考にしてください。
自己破産

FXによる借金の自己破産で免責を認めてもらうための3つのポイント

FXによる借金の自己破産で免責を認めてもらうための3つのポイント
FXで背負った借金の自己破産でも、免責は許可されます。ただ、以前もFXで自己破産した経験があったり、手続き中に取引したりすると、認めてもらえない可能性が高いです。本記事では、免責許可が下りるように、気をつけるべき3つのポイントを解説しています。
借金返済の知識

キャッシングを返してすぐ借りることはできる?デメリットとは?

キャッシングを返してすぐ借りることはできる?デメリットとは?
キャッシングは緊急時の資金調達に便利ですが、返してすぐ借りることには細心の注意が必要です。計画的な利用と返済計画の重要性の理解により、賢明な借入ができます。今回の記事ではキャッシングの再借入のメカニズムとそのリスク、また賢い借入れ方法について解説します。
借金返済の知識

消費者金融で一度でも借りるとやばい?利用するデメリットとは

消費者金融で一度でも借りるとやばい?利用するデメリットとは
消費者金融で一度でも借りるとやばいと考える方もいますが、そうではありません。しかし緊急の資金ニーズに迅速に応えることができる一方で、いくつかのデメリットも持ち合わせています。今回は消費者金融を利用する際のリスクとメリットについて、具体的な例を挙げて解説します。
借金返済の知識

任意売却と競売の違いとは?メリット・デメリットについて解説

任意売却と競売の違いとは?メリット・デメリットについて解説
任意売却と競売は、不動産を売ることは共通していても異なる手続です。任意売却は債務者の意思に沿って売却を進めるのに対し、競売は債務者の意思にかかわらず強制的に手続が進みます。そこで、任意売却と競売の違いや、メリット・デメリットについて解説していきます。
自己破産

自己破産によって制限される職種は?仕事の影響と再就職について

自己破産によって制限される職種は?仕事の影響と再就職について
ほとんどは自己破産の手続きが終わると、以前と同じように働くことができます。しかし、自己破産は全ての借金を免除することができるため、効力が高すぎることから手続き中は仕事内容によって職種が制限される可能性があります。この記事では、自己破産によって制限される職種を紹介します。
借金返済の知識

借金の借り換えとは?メリット・デメリットや借入先を解説

借金の借り換えとは?メリット・デメリットや借入先を解説
借金の借り換えとは、今より利息が低い借入先から新たに借金をし、今借りている借金を一括返済することです。借金の借り換えを行えば、新たな借入によって返済負担が軽くなるメリットが期待できます。本記事では、借金の借り換えとは何か、おまとめローンとの違いを紹介します。
自己破産

医療費が原因で自己破産はできる?支払いが難しいときの対処法とは

医療費が原因で自己破産はできる?支払いが難しいときの対処法とは
医療費は借金のひとつなので、自己破産をすれば返済義務がなくなります。一方で、未払い分の医療費の内容によっては、自己破産が認められない恐れもあるのでご注意ください。本記事では、医療費が原因で自己破産できるのか、医療費の支払いが難しいときの対処法を解説します。
任意整理

リボ払いを減額する方法とは?仕組みとメリット・デメリットを解説

リボ払いを減額する方法とは?仕組みとメリット・デメリットを解説
カードのリボ払いは返済負担が重いため、減額できるならしたいと考える方も少なくありません。確かにリボ払いの返済が厳しいなら、催促に悩む前に毎月の返済を減額する方法の検討が必要です。そこで、リボ払いを減額する方法と仕組み、手続するメリット・デメリットを解説していきます。
借金返済の知識

代位弁済が行われることで生じるデメリットと支払えないときの対処法

代位弁済が行われることで生じるデメリットと支払えないときの対処法
代位弁済とは、債務者の代わりに保証会社などの第三者が返済することを言います。代位弁済が行われると借金が一括請求されるなどのデメリットがあります。代位弁済の通知が来たらなるべく早期に債務整理を検討しましょう。本記事では、代位弁済のデメリットについて解説します。
自己破産

破産宣告とは?自己破産との違いや、破産宣告までの流れを解説

破産宣告とは?自己破産との違いや、破産宣告までの流れを解説
破産宣告とは、自己破産手続きが開始されることを指します。現行法では破産宣告ではなく「破産手続開始の決定」と呼ばれています。破産宣告後は申立人は「破産者」として扱われます。この記事では、破産宣告とは何か、破産宣告までの流れ、メリット・デメリットなどについて解説します。
借金返済の知識

カードローンの借り換えはすべき?メリット・デメリットと選ぶポイント

カードローンの借り換えはすべき?メリット・デメリットと選ぶポイント
カードローンの金利は会社ごとに異なるため、現在利用しているカードローンよりも金利が低い会社に借り換えればその分利息を抑えることができます。ただし、カードローンの借り換えが本当に有効かはシミュレーションすべきです。本記事では、カードローンの借り換えについて解説します。
自己破産

副業は自己破産に影響がある?報酬の受け取りや注意点について解説

副業は自己破産に影響がある?報酬の受け取りや注意点について解説
副業の収入を申告すれば自己破産時に問題にはなりません。副業をしている場合にはいくつか注意しておかなければいけないことがあります。この記事では、副業をしている人が自己破産をする際に理解しておくべきことを解説しますので、ぜひ参考にしてください。
借金返済の知識

債務整理による借金減額のデメリットとは?減額の仕組みと利用する方法

債務整理による借金減額のデメリットとは?減額の仕組みと利用する方法
債務整理をして借金を減額した場合、信用情報機関に事故情報が登録されるデメリットがあります。具体的には、クレジットカードの作成や利用ができなくなる、新たなローンの借り入れができなくなるなどがデメリットです。本記事では、債務整理で借金を減額するときのデメリットを紹介します。
借金返済の知識

リボ払いはデメリットしかない?メリットと比較して上手に活用しよう

リボ払いはデメリットしかない?メリットと比較して上手に活用しよう
リボ払いには、手数料が割高である、毎月の利用残高が把握しづらいなどのデメリットがあります。一方で、リボ払いには毎月の支払金額を一定にできるなどのメリットもあります。本記事では、リボ払いのメリットとデメリットや対処法などをわかりやすく解説します。
自己破産

自己破産後の生活で何が変わる?影響すること・しないことを徹底解説

自己破産後の生活で何が変わる?影響すること・しないことを徹底解説
自己破産すれば借金返済は免除されますが、その後の生活はどうなってしまうのか不安を感じる方も少なくありません。そこで、借金問題を自己破産で解決したいけれど、その後に不安に感じ一歩を踏み出せない方のために、自己破産後の生活について次の章に分けて詳しく解説していきます。
時効の援用

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは
時効援用の最大のメリットは、時効を迎えた借金の返済義務がなくなることです。他にも手続きにかかる費用や手間が少ないことも時効援用のメリットといえるでしょう。一方で、時効援用は失敗するリスクがあるなどのデメリットもあります。時効援用のメリット・デメリットを解説します。
自己破産

自己破産でかかった制限の復活期間|クレジットカードはいつから使える?

自己破産でかかった制限の復活期間|クレジットカードはいつから使える?
自己破産をすると、クレジットカードの利用や新たな借り入れ、引っ越し・旅行などが制限されます。また、職業によっては一定期間仕事ができないことも。それらの制限はある程度の期間が経過すれば復活します。この記事では、自己破産による制限の復活期間について解説します
自己破産

自己破産をするとブラックリストに載る?載る期間は?

自己破産をするとブラックリストに載る?載る期間は?
自己破産をすると信用情報機関に事故情報が載ります。いわゆる「ブラックリスト」です。ブラックリストに載ると、クレジットカードの利用や新たな借り入れができなくなります。この記事ではブラックリストに載るとどうなるのかについてやその際の対策について解説します。
自己破産

投資による借金でも自己破産はできる?自己破産が認められるケース

投資による借金でも自己破産はできる?自己破産が認められるケース
原則として投資による借金は免責不許可事由に該当するので、自己破産ができないです。しかし、投資による借金のすべてで自己破産ができないわけではありません。本記事では、投資による借金で自己破産できるケース、できないケースやリスクを詳しく解説していきます。
自己破産

自己破産しても賃貸マンションは借りられる!審査が通りやすいポイントを解説

自己破産しても賃貸マンションは借りられる!審査が通りやすいポイントを解説
自己破産すると借金はなくなるかわりに信用情報がブラックリストに登録されるので、賃貸マンションの審査に落ちる恐れがあります。審査を通すには、公営住宅やUR住宅を借りるなどの検討もしておきましょう。自己破産後に賃貸マンションを借りる方法を解説していきます。
借金返済の知識

偏頗弁済とは?絶対にしてはいけない理由といえる4つのデメリット

偏頗弁済とは?絶対にしてはいけない理由といえる4つのデメリット
返済するにあたり偏頗弁済には注意してください。偏頗弁済とは、すでに借金の返済ができない状態なのに、特定の債権者だけに返済することです。一部の債権者だけに手続外で返済してしまうことは不平等であるため、借金免除を認めてもらえない可能性もでてきます。
自己破産

自己破産したら持ち家はどうなる?手放したくない人のための3つの解決方法

自己破産したら持ち家はどうなる?手放したくない人のための3つの解決方法
自己破産すると、「持ち家」も財産処分の対象になるため、せっかく手に入れたマイホームも手放すことになってしまいます。自己破産しても持ち家に住み続けることのできる方法も一応はあり、住宅ローンが残っている方なら任意整理や個人再生を選ぶことでマイホームを守ることもできます。
借金返済の知識

ブラックリストとは事故・延滞情報のこと!載ったらデメリットはある?

ブラックリストとは事故・延滞情報のこと!載ったらデメリットはある?
ブラックリストとは、信用情報機関に掲載された事故・延滞情報です。登録されると、約5年〜10年の間消えることはなく、登録期間中はクレジットカードの作成などができません。ブラックリストとは何か、載った場合のデメリットがあるかを解説していきます。
任意整理

借金をなくせる任意整理とは?メリット・デメリットや向いている人

任意整理とは?メリット・デメリットや任意整理が向いている人を解説
任意整理とは、将来の利息をカットし、返済額を減額する手続きです。任意整理は個人再生や自己破産のように裁判所を通すことなく返済額の減額ができる、手軽でリスクが少ない債務整理です。この記事では、任意整理とは何か、条件やメリット・デメリットについても解説していきます。
自己破産

自己破産は無料相談がおすすめ!無料相談ができる4つの相談先

自己破産は無料相談がおすすめ!無料相談ができる4つの相談先
自己破産について無料相談できることろはたくさんあります。自己破産は無料相談をうけつけている機関には、司法書士事務所・弁護士事務所・法テラス・市の法律相談などがあります。この記事では、それぞれの相談先のメリット・デメリット、その他の債務整理の向き不向きについて解説します。
自己破産

自己破産申請中の生活で制限されることと守るべき6つのこと

自己破産申請中の生活で 制限されることと 守るべき6つのこと
自己破産申請中の生活では一定の制限が設けられています。ただし、同時廃止事件であれば、生活で制限されることは一切ありません。管財事件では、居住地の制限や通信の秘密がなくなるなどがの制限があります。この記事では、自己破産申請中の生活で制限されることについて解説します!
自己破産

自己破産できない確率は約2%以下!失敗する7つの理由と対処法とは

自己破産できない確率は1.7%以下!失敗する7つの理由と対処法とは
自己破産できない確率はたったの0.14%程度であり、高く見積もっても1.7%程度です。自己破産できない確率はごくわずかですが、手続きするなら成功させて借金問題を解決したいですよね。そこで、この記事では失敗する7つの理由と成功させるための対処法について解説します!
自己破産

厳しい破産管財人がついたらどうなる?自己破産を成功させる2つの対応

厳しい破産管財人がついたらどうなる?
管財事件による自己破産では、借金が免除されるまでの道のりが同時廃止よりも厳しいと考えておくべきです。破産管財人の雰囲気に圧倒されてしまい、本当のことを伝えてしまうと怒られるのでは、と不安になってしまうものですが、質問に正直にこたえて反省の姿勢を見せることが大切です。
自己破産

親が自己破産したときに子が受ける6つの影響を専門家が簡単解説!

親が自己破産したときの子への影響
親が自己破産した場合でも、原則としては子がその責任を負い変わりに借金を返済する必要はありません。ただし子に何の影響もないともいいきれず、不利益を受けてしまうケースも存在します。親が自己破産すると子どもに影響する6つのケースについて解説します!
自己破産

自己破産とは?破産後に借金発覚したときの対処法もご紹介!

自己破産とは? 破産後に借金発覚したときの 対処法もご紹介!
自己破産後に借金が発覚すると、発覚した借金は免責されずに残ります。自己破産後に借金が発覚しないようにミスのない手続きをすることが大切です。本記事では、自己破産後に借金が発覚してしまう原因や発覚したときの対処法をわかりやすく解説していきます。
自己破産

自己破産後5年以内はクレジットカードを作れない?新しくカードを作るための4つのコツ

自己破産後5年以内は クレジットカードを作れない? 新しくカードを作るための4つのコツ
自己破産で借金がなくなっても、まだ手続後5年以内ではクレジットカードを作ることはできません。自己破産後は信用情報に事故情報が登録されるからです。自己破産から5年以内でもクレジットカードがつくれる可能性があるケース、そのコツなどについて詳しく解説していきます。
個人再生

小規模個人再生とは|給与所得者再生との違いやメリット・デメリット

小規模個人再生とは 給与所得者再生との違いや メリット・デメリット
個人再生には給与所得者再生と小規模個人再生の2種類がありますが、よく利用されるのは後者です。そこで、この記事では小規模個人再生の具体的な内容や給与所得者再生との違いを詳しく説明します。個人再生を検討されている方は是非参考にしていただければと思います。
個人再生

個人再生するための条件を徹底解説!自己破産や任意整理との比較も紹介

個人再生するための条件を徹底解説!
個人再生は、誰でも必ずできるものではありません。4つの類型それぞれに条件があり、それらに当てはまっていなければなりません。本記事では、個人再生をするための条件を詳しく解説します。条件に当てはまるか事前にしっかりチェックし、自己破産や任意整理との比較にも役立ててください。
個人再生

個人再生のメリット・デメリット|向いている人の特徴とは?

個人再生する場合の デメリットとは? メリットも含めて詳しく解説!
個人再生を検討するならデメリットを把握して手続きを進めましょう。個人再生をすると借金問題が大きく解消に向かう一方で、9つのデメリットがあります。リスクもありますが、借金の元本を大幅に減らすことができ、財産を残せる、借金の理由は問われないなどのメリットがある債務整理です。
自己破産

自己破産が認められる条件は3つ!できない場合の対処法も解説

自己破産が認められる3つの条件
自己破産は借金の返済が免除される制度ですが、借金をしている人すべてが利用できるわけではなく、裁判所に「返済が難しい」と判断されると利用できます。本記事では、自己破産を認められるための条件や自己破産を利用できなかったときの対処法をわかりやすく解説していきます。
自己破産

自己破産の免責不許可事由に該当する11の要件と該当した時の対処法

自己破産の免責不許可事由に該当する11の要件と該当した時の対処法
自己破産において、一定の事情があると免責されません。これを免責不許可事由と言います。しかし、免責不許可事由があると即アウトというわけではありません。適切に対処すれば免責を得ることは十分に可能です。免責不許可事由の内容と対処方法を詳しく説明します。
自己破産

自営業者の自己破産|事業への影響や事業継続のための対策方法を解説

自営業者の自己破産
自営業者の自己破産は事業の継続に関わるため、慎重にならなければなりません。自営業者が自己破産する場合、基本的には「管財事件」となりますが、同時廃止となる場合もあります。自営業者が自己破産する際の注意点や影響、事業継続する方法を紹介していきます。
自己破産

自己破産をすると郵便物が見られる?転送されるケースと対象の郵便物

自己破産をすると郵便物が見られる?
自己破産をすると、郵便物が破産管財人に転送されるケースがあります。ただし、破産管財人へ転送されるのは手紙やハガキなどの郵便局から送られてくるものだけであり、原則として宅配便などで送られてくるものに影響はありません。「誰に」「何が」転送されるのか詳しく解説していきます。
自己破産

自己破産をしても住宅ローンは組める?今の家に住み続ける方法とは?

自己破産しても住宅ローンは組める?
自己破産をするとブラックリストに情報が登録されるため、10年程度は住宅ローンを組めなくなるので注意が必要です。この記事では、自己破産後に住宅ローンの審査に通りやすくなる方法、家を手放さずに借金を整理する方法などについてわかりやすく解説していきます。
自己破産

自己破産したら退職金が没収される?没収されるケースと金額について解説

自己破産したら退職金が没収される?没収されるケースと金額について
自己破産をすると、20万円以上の資産を持つ場合は管財となり、99万円を超える現金は処分され、債権者への返済に充てられます。さらに、管財には退職金も含まれてしまいます。本記事では、自己破産をした際の退職金の取り扱いについて詳しく解説していきます。
自己破産

ギャンブルの借金は自己破産できない?自己破産が認められるケース

ギャンブルの借金も自己破産できる?
自己破産の免責不許可事由にはギャンブルも含まれます。しかし、ギャンブルが原因の借金でも自己破産ができるケースはあります。ただし、免責不許可事由に当てはまる自己破産の場合、ほとんどが「管財事件」になります。費用もハードルも高くなりますので注意が必要です。
自己破産

自己破産で奨学金の返済負担を減らせるか|保証人への影響はある?

自己破産で奨学金の負担を減らせるか?
奨学金の返済が苦しくて自己破産に至る人は増えています。もっとも、自己破産の影響は非常に大きなものがあります。すぐに自己破産とせず、まずは奨学金の諸制度を利用することを検討しましょう。この記事では、奨学金と自己破産の関係や、日本学生支援機構が準備している諸制度を解説します。
自己破産

自己破産にかかる期間は?借金ゼロまでどれくらい待てばよいか

自己破産にかかる期間は?
自己破産にかかる期間は、内容の複雑さなどで変わりますが、おおよそ同時廃止事件:6ヶ月~1年程度、管財事件:1年~となっています。できるだけ手続にかかる期間を短くするためには、専門家の指示に従い、必要な書類を素早く準備することを心がけましょう。
自己破産

自己破産すると家族はどうなる?影響するものとしないものを解説

自己破産すると家族に迷惑がかかる?
自己破産による家族への影響は、持ち家や車、現金がなくなるなどです。自己破産しても影響がないこととしては、結婚や就職、信用情報(ブラックリスト)への登録などです。破産宣告したら家族に迷惑をかけてしまうと不安な方は、他の債務整理方法もあるので、専門家に相談してみましょう。
自己破産

自己破産しても携帯は使い続けられる?新規契約できるか分割払いできるかについても解説!

自己破産しても携帯は使い続けられる?
自己破産しても、ケースによっては現在所有している携帯を使い続けられます自己破産を検討されている場合、携帯電話を手元に残し、引き続き使えるようにするため事前に準備をしておきましょう。ただし、利用料金に未納や滞納があるケースなどでは携帯を使用できなくなる可能性が高いです。
自己破産

債務整理=自己破産ではない!自己破産が向いているケースとは?

債務整理=自己破産ではない!自己破産が向いているケースとは?
債務整理には自己破産のほかに、任意整理、個人再生、過払い金請求などがあります。それぞれの債務整理は手続きや性質が異なりますので自身の債務状況に合わせて検討しましょう。自己破産は借金の返済義務が免除されますが、デメリットもありますので、専門家への相談がオススメです。
住宅ローン問題

任意売却とは?通常売却との違いからメリットデメリットまで徹底解説

任意売却とは
任意売却とは「住宅ローンを滞納している場合」や「住宅ローンを完済できない場合」に借入先の金融機関の同意を得て売却する方法です。任意売却には、通常に近い方法で売却できるなど大きく分けて5つのメリットがあります。任意売却のメリット・デメリットや通常売却との違いを解説します。
過払い

過払い金とは?発生しやすい借金や請求するメリット・デメリット

過払い金が発生する仕組みとは?請求できる借金を徹底解説
「過払い金」とは、本来であれば支払う必要がなかったのにもかかわらず、貸金業者に余分に支払ったお金のです。「利息制限法」と「出資法」の2種類の法律の上限金利が異なっていたので、グレーゾーン金利が発生し過払い金が発生していました。過払い金とは何か、請求方法を紹介します。
任意整理

任意整理後に一括返済は可能|一括返済のメリットデメリットと注意点

任意整理後に一括返済は可能|一括返済のメリットデメリットと注意点
任意整理をした後に一括返済することは可能です。ただし、一括返済によって他社への返済が滞ったり、家計が苦しくなっては意味がありません。借金から早く解放されたい気持ちは分かりますが、一括返済は慎重に行いましょう。この記事では一括返済の注意点を詳しく解説しています。
任意整理

任意整理のデメリット・メリットについて|向いている人の特徴は?

任意整理のデメリットや影響とは?
任意整理をしたいけれど、どんなデメリットがあるのか、メリットと比べてどうなのかと気になる方も多いでしょう。任意整理は自己破産よりもデメリットが少ない手続であり、これで解決する場合も多いです。この記事が、任意整理を開始する判断の手助けになることを願います。
借金返済の知識

消費者金融でお金を借りれないときの対処法11選|NG行動も紹介

消費者金融でお金を借りれないときの対処法11選|NG行動も紹介
消費者金融からお金を借りることができないケースには、借入金額が既存の限度額を超えている、総量規制に抵触している、信用情報に問題がある、短期間内の多重申し込みなどがあります。今回は消費者金融で借りれない場合の11の対処法と、避けるべきNG行動を解説します。
借金返済の知識

会社が社員の借金を調べることはできる?借金がバレるケースとは

会社が社員の借金を調べることはできる?借金がバレるケースとは
会社が社員の借金について調べることはできるのかが気になる人も多いでしょう。借金は、場合によっては職場での立場に影響を及ぼすことがありえるからです。今回の記事では会社が社員の借金を調べることが可能か、借金が職場でバレるケースとは、そして借金問題の解法について解説します。
借金返済の知識

学生でクレジットカードが払えない場合は?使いすぎたときの対処法

学生でクレジットカードが払えない場合は?使いすぎたときの対処法
クレジットカードは、成人年齢が引き下げられたことから学生でもクレジットカードを持つ方が増えています。クレジットカードが払えない場合、そのまま放っておくと財産が差押えになるので注意が必要です。この記事では、学生でクレジットカードが払えない場合の対処法について解説します。
借金返済の知識

代位弁済とは保証会社が返済すること!対処法などをわかりやすく解説

代位弁済とは保証会社が返済すること!対処法などをわかりやすく解説
代位弁済とは、わかりやすく言うと保証会社が債務者の代わりに債権者へ借金の残金を支払うことです。救済措置のようですが、その後も延滞を放置していると取り返しの付かないリスクを負います。この記事では代位弁済についてわかりやすく解説するとともに、対処方法についても説明します。
借金返済の知識

借金延滞での裁判を取り下げる方法はある?訴状・支払督促の対処法も

借金延滞での裁判を取り下げる方法はある?訴状・支払督促の対処法も
借金延滞による裁判を起こされた場合、取り下げてもらうには残金をすぐ一括で支払うのが最も可能性の高い方法です。しかし、この方法は借金を延滞している状況では難しい場合がほとんどでしょう。この記事では、借金延滞による裁判を取り下げてもらう方法をさらに掘り下げて解説します。
借金返済の知識

キャッシングはやばい?理由や返済が難しいときの対処法

キャッシングはやばい?理由や返済が難しいときの対処法
キャッシングは急な出費に対応するために、現金が借りられる便利な手段です。しかしその利便性には、リスクも伴うので注意が必要です。今回の記事では、キャッシングがなぜリスキーなのか、そのデメリット、そして安全な利用方法と返済が難しくなった際の対処法について解説します。
住宅ローン問題

住宅ローンの審査には過去の延滞は影響する?信用情報の確認方法とは

住宅ローンの審査には過去の延滞は影響する?信用情報の確認方法とは
住宅ローンの審査過程では、過去の延滞や滞納履歴が重要な審査材料です。信用情報機関の事故情報は審査に大きく影響し、審査通過が難しくなる場合があります。住宅ローンを申し込むなら信用情報の把握が重要です。今回は住宅ローンの審査への信用情報の影響と、確認方法について解説します。
借金返済の知識

リボ払いとは?仕組みや手数料の計算方法・早く返済するコツを解説

リボ払いとは?仕組みや手数料の計算方法・早く返済するコツを解説
リボ払いとは、利用残高に応じて計算した手数料と元金を返済する決済方法です。長くリボ払いを返済し続けているのに完済できず、手数料などの計算方法を知りたい方もいることでしょう。そこで、リボ払いの仕組みや手数料の計算方法、早期完済に向けたコツについて解説していきます。
借金返済の知識

他社からの借入状況はバレる!嘘をつくリスクとバレる理由を解説

他社からの借入状況はバレる!嘘をつくリスクとバレる理由を解説
他社からの借入状況は、借入審査の際に信用情報で照会することができるため、バレてしまいます。この記事では、借入状況について嘘がバレたらどうなるのかを解説します。また、他社からの借入をしていても審査に通るケースも紹介するので、お金にお困りの方はぜひご参考にしてください。
借金返済の知識

クレジットカードの審査の嘘はほぼバレる!虚偽申告のリスクとは?

クレジットカードの審査の嘘はほぼバレる!虚偽申告のリスクとは?
クレジットカードを申し込む際、クレジットカードの審査に通過したいからといって、嘘をついてもほとんどバレてしまいます。この記事では、クレジットカードの審査で嘘をついてもバレる理由をケース別に解説します。また、嘘がバレたときに何が起こるかも紹介するのでご参考にしてください。
借金返済の知識

強制競売とは|通常の競売との違いや流れについて解説

強制競売とは|通常の競売との違いや流れについて解説
抵当権を持たない債権者、例えば消費者金融やクレジットカード会社などが、債権回収を目的に不動産を競売にかけるのが「強制競売」です。強制競売では債権者に抵当権がないため、確定判決や支払督促、公正証書、和解調書といった「債務名義」を用いて競売を行います。
借金返済の知識

債務整理は自分でできるがリスクも大きい!手順とポイントを解説

債務整理は自分でできるがリスクも大きい!手順とポイントを解説
債務整理の手続きを行うには、裁判所や専門家への費用がかかります。自分で債務整理の手続きをしたほうが得するのではと考えるかもしれませんが、実際には損するケースが多くおすすめしません。この記事では、債務整理を自分で行う場合のデメリットと気になる費用について解説いたします。
借金返済の知識

経営者が借金のストレスを抱えたときにすべきこと|今後に備えた対処法

経営者が借金のストレスを抱えたときにすべきこと|今後に備えた対処法
経営が上手くいかずに借金をする状況は、経営者にとって多大なストレスに感じることだと思います。この記事では、経営者が借金のストレスが発生してしまう原因と、借金でのストレスを抱えたときにすべきことを解説いたします。借金で苦しんでいる経営者の方は、ぜひご参考にしてください。
借金返済の知識

収入の波が大きいため返済計画が立てにくい人必見!資金計画の立て方

収入の波が大きいため返済計画が立てにくい人必見!資金計画の立て方
フリーランスが生活を安定させるには収支バランスを整え、不測の事態に対応できるだけの貯金を用意しましょう。半年から1年分の生活費を貯金として積み立てておけば、ケガや病気などのリスクにも対処できます。本記事では、フリーランスの資金計画や返済計画の立て方を解説します。
借金返済の知識

シングルマザーの返済計画の立て方|借金問題の相談先はどこ?

シングルマザーの返済計画の立て方|借金問題の相談先はどこ?
シングルマザーの生活費の平均は約20万円であり、余裕のある生活とはいえないでしょう。ひとり親世帯が借金をした場合には、確実に返済できる余裕を持った返済計画を立てることが大切です。本記事では、シングルマザーが行うべき資産管理や返済計画について解説します。
借金返済の知識

金銭トラブルで社会的な信用を失う・将来への不安の解決方法

金銭トラブルで社会的な信用を失う・将来への不安の解決方法
クレジットカードは、お金を工面できる便利な手段ではありますが、使い方には注意が必要です。使い方によっては、金銭トラブルによる社会的な信用の失墜や将来への不安が発生する恐れがあります。本記事では、クレジットカード使い方、返済困難時の対処法を解説します。
住宅ローン問題

連帯保証人になると住宅ローンを組めない?理由と対処法を解説

連帯保証人になると住宅ローンを組めない?理由と対処法を解説
自身が連帯保証人になっていると、住宅ローンの審査に落ちるではないかと不安になりますよね。連帯保証人になっているからといって必ず住宅ローンの審査に落ちるわけではなく、返済能力が高いというプラス要素があれば審査に通る可能性はあるので、諦める必要はありません。
借金返済の知識

30代の借金の平均額はどのくらい?|借金の内訳とボーダーライン

30代の借金の平均額はどのくらい?|借金の内訳とボーダーライン
30代の借金額の平均は単身世帯で629万円、二人以上の世帯で1,852万円とされています。これは住宅ローンが含まれることが要因であると考えられます。30代は様々なライフイベントが生じる時期ですので、返済が厳しい借金がある場合早めに対策しておくべきでしょう。
借金返済の知識

家賃保証会社の厳しい取り立ては違法?家賃が払えない時の対処法は?

家賃保証会社の厳しい取り立ては違法?家賃が払えない時の対処法は?
家賃保証会社は、貸金業者のように取り立てに関する規制が法律で定められていないため、悪質な取り立てを行うことがあります。そのような取り立ても、直ちに違法性があるとは言えません。あまりにも取り立てが悪質な場合は業界団体や弁護士などに相談してみましょう。
自己破産

法人破産とは会社を清算する手続き!破産申請の方法と費用を解説

法人破産とは会社を清算する手続き!破産申請の方法と費用を解説
法人破産は、会社の債務が消滅して債務がなくなるため非常に効力が強い手続きになります。そのため、破産後の会社や手続きの費用などの心配事も多いかと思います。この記事では、法人破産の流れや費用について解説いたします。今後法人破産をするか悩んでいる方は、ぜひご参考にしてください。
借金返済の知識

支払いを待ってもらう方法はある?滞納するリスクは?

支払いを待ってもらう方法はある?滞納するリスクは?
借金の返済になどの支払いが難しいとき、支払いを待ってもらえるのでしょうか。結論から言いますと、借入先に相談することで1〜2ヶ月程度であれば待ってもらえる可能性がありますが、それ以上は一括請求を受けたり、財産を差し押さえられたりするリスクがあります。
借金返済の知識

携帯を止められたらどうなる?支払えない場合の対処法を解説

携帯を止められたらどうなる?支払えない場合の対処法を解説
今やライフラインといっても過言ではない携帯電話ですが、携帯料金が支払えないと、携帯が止められる可能性があります。この記事では、携帯を止められたらどうなるのかを解説いたします。また、携帯料金を支払えない場合の対処法も紹介するので、支払いにお困りの方はご参考にしてください。
借金返済の知識

携帯電話が契約できない原因はブラックリスト入り!対処法を解説

携帯電話が契約できない原因はブラックリスト入り!対処法を解説
携帯電話が契約できない原因は、社内や信用情報機関のブラックリスト入りしている可能性が考えられます。この記事では、携帯電話が契約できない原因とブラックリストに載ってしまった場合の対処法についてご紹介します。契約ができない場合は、審査落ちした原因を探って解決しましょう。
借金返済の知識

奨学金を減額したい!減額できる条件と申請手続きの方法を解説

奨学金を減額したい!減額できる条件と申請手続きの方法を解説
生活が厳しい状況の中で奨学金を返済するのは厳しく「奨学金の毎月の返済を減額したい」と考えている方もいるのではないでしょうか。奨学金は「減額返還制度」という制度を利用すれば減額することが可能です。この記事では、奨学金を減額できる条件と申請手続きについて解説いたします。
住宅ローン問題

住宅ローンが払えないと競売にかけられる!売却の流れと回避方法

住宅ローンが払えないと競売にかけられる!売却の流れと回避方法
住宅ローンを滞納してしまい、払えない状態が続くと、やがて家が競売にかけられてしまいます。この記事では、住宅ローンが競売にかけられてしまう理由と、競売にかけられるまでの流れを解説いたします。また、住宅ローンの支払いにお困りの方に向けて、対処法も紹介するのでご参考にしてください。
借金返済の知識

連帯保証人になるメリットはない?必要なケースや回避する方法

連帯保証人になるメリットはない?必要なケースや回避する方法
連帯保証人になることにメリットはありません。連帯保証人になるということは主債務者(お金を借りた人)と同じ責任を負うということであり、万が一主債務者が返済不能になったり債務整理をしたりした場合に、代わりに借金を背負うことになるため、むしろリスクが大きいと言えます
借金返済の知識

結婚前の借金でも配偶者に支払義務はある?返済できない場合の対処法

結婚前の借金でも配偶者に支払義務はある?返済できない場合の対処法
夫や妻に結婚前の借金があったことが発覚しても、個人の借入れでああれば結婚前後に関係なく配偶者が返済義務を負う必要はありません。しかし結婚生活を続けるためにも借金問題を解決することが必要であるため、結婚前の借金の支払義務と返済できない場合の対処法を解説していきます。
借金返済の知識

リボ払いも時効で消滅する?払えないときの解決方法について解説

リボ払いも時効で消滅する?払えないときの解決方法について解説
リボ払いは利用総額が大きくなりやすいため、時効で消滅させて支払いから逃れたいと考えることもあるでしょう。確かにリボ払いにも時効はあるものの、現実的には時効成立まで放置し続けることは困難です。その理由や、リボ払いなど払えないときの解決方法について詳しく説明していきます。
借金返済の知識

税金が払えない状態でも黙っているのはNG!分割の相談をしよう

税金が払えない状態でも黙っているのはNG!分割の相談をしよう
税金が払えない状況に陥ってしまった場合、税金を滞納したまま放置をすると差押えに発展してしまうので注意が必要です。まずは支払いが難しいことを報告し、分割払いの相談をしましょう。この記事では、税金が払えない場合の対処法を解説いたします。困っている方はぜひご参考にしてください。
借金返済の知識

離婚した夫が死亡した場合に借金が相続されるケース|回避方法は?

離婚した夫が死亡した場合に借金が相続されるケース|回避方法は?
「離婚した夫が死亡したと知らせを聞いたが、どうやら借金があったようでどうすれば良いのだろう…」結論から言うと、元夫に借金があったとしても離婚をしていれば原則相続することにはならないのでご安心ください。この記事では、離婚した夫の死亡後の借金の対処法について解説いたします。
借金返済の知識

税金を滞納すると給料は差し押さえられる?差し押さえの範囲は?

税金を滞納すると給料は差し押さえられる?差し押さえの範囲は?
税金を滞納したことで優先して差し押さえられやすいのが給料です。税金は債務整理などで解決することができないため、差押えを避けるためにはどうにかして税金を支払わなければいけません。どうしても支払えないときには、税務署や自治体に相談してみましょう。
借金返済の知識

リボ払いの元金が減らないのはなぜ?3つの原因と完済するコツ

リボ払いの元金が減らないのはなぜ?3つの原因と完済するコツ
リボ払いを返済しても元金が減らないとお困りではありませんか?リボ払いは分割払いなどよりも仕組みが複雑ですし、金利も高い傾向にあるため、一度利用すると完済が難しくなってしまうリスクがあります。この記事では元金が減らない原因や完済するコツについて解説しています。
借金返済の知識

クレジットカードが更新されない理由は6つ!更新時の注意点を解説

クレジットカードが更新されない理由は6つ!更新時の注意点を解説
「今まで使えていたクレジットカードが更新されなくなった!」クレジットカードは原則自動更新のため、更新されない場合は何かしらの理由があると考えられます。この記事では、クレジットカードが更新されない理由と更新時の注意点を解説します。お困りの方はご参考にしてください。
借金返済の知識

借り入れできない原因と対処法|審査落ちする場合の最終手段とは?

借り入れできない原因と対処法|審査落ちする場合の最終手段とは?
お金が必要なのにもかか関わらず、借り入れできないとなるととても困ってしまいますよね。やむを得ず借り入れしたい場合は、原因に心当たりがないか探り、可能な限り対処することが大切です。この記事では、借り入れできない6つの原因と対処法について解説いたします。
任意整理

任意整理して後悔する人の失敗例を紹介!しない方が良いって本当?

任意整理して後悔する人の失敗例を紹介!しない方が良いって本当?
任意整理は債務整理の中でも最も手軽にできる方法ですが、中には「任意整理をして後悔した」という声もあります。この記事では、任意整理して後悔した人の失敗例を紹介します。また、任意整理がおすすめなケースも紹介するので、任意整理をするか悩んでいる方はご参考にしてください。
任意整理

任意整理で辞任された場合の対処法は?原因ともう一度依頼する方法

任意整理で辞任された場合の対処法は?原因ともう一度依頼する方法
任意整理の手続きをしても、担当の弁護士や司法書士から辞任を受けると、任意整理の手続きができなくなるため注意が必要です。この記事では、任意整理で辞任された場合の対処法を解説いたします。また、辞任された原因ともう一度依頼する方法も解説するので併せてご確認ください。
借金返済の知識

クレジットカードの強制解約時点で信用情報に事故情報は載っている?

クレジットカードの強制解約時点で信用情報に事故情報は載っている?
クレジットカードの滞納を続けると、強制解約される可能性があり、この時点で信用情報に事故情報として登録されます。事故情報が登録されると、借金を完済してから5〜10年程度、クレジットカードの利用・作成や、新たな借り入れなどがなくなるので注意が必要です。
解決事例

【個人再生】不同意リスクがあるため給与所得者再生を申し立てたケース

【個人再生】不同意リスクがあるため給与所得者再生を申し立てたケース
40代、男性、借金総額320万円の方の債務整理のケースを紹介しております。今回紹介しているのは、アニメグッズ等の購入による浪費で個人再生になったケースです。一度、自己破産を経験していたが、クレジットカードが使えるようになってから借入を繰り返してしまった
借金返済の知識

財産を差し押さえられるとどうなる?差し押さえまでの期間も解説

財産を差し押さえられるとどうなる?差し押さえまでの期間も解説
財産が差し押さえになると、預貯金や車など差し押さえ対象の財産が回収されるのはもちろんですが、給料が差し押さえになった場合は勤務先に借金滞納の事実がバレるなどのデメリットもあるのでご注意ください。本記事では、財産を差し押さえられるとどうなるのかを紹介します。
借金返済の知識

弁護士費用が払えない時の対処法|費用をかけても依頼すべきケース

弁護士費用が払えない時の対処法|費用をかけても依頼すべきケース
弁護士に依頼したいけど費用を払えず、依頼できない方もいらっしゃるでしょう。そのような場合でも法テラスや日弁連委託援助業務の利用することで費用の立替などの援助を受けることが可能です。この記事では弁護士費用が払えない時の対処法などについて解説しています。
借金返済の知識

給料の差し押さえが原因で会社をクビは違法!不当解雇時の対処法

給料の差し押さえが原因で会社をクビは違法!不当解雇時の対処法
給料が差し押さえられたことを原因として、会社が労働者をクビにすることは違法です。万が一、給料の差し押さえが原因で会社をクビになった場合は、解雇理由証明書の請求などを行いましょう。本記事では、給料の差し押さえが原因で会社をクビになったときの対処法を解説します。
借金返済の知識

リボ払いが払えないとどうなる?払えなくなる原因・対処法まとめ

リボ払いが払えないとどうなる?払えなくなる原因・対処法まとめ
クレジットカードのリボ払いは、気付いたときには払えない状態になってしまうケースも珍しくありません。リボ払いが払えなくなると、クレジットカードの利用が停止されてしまいます。本記事では、リボ払いが払えないとどうなるのか、払えないときの対処法を解説します。
借金返済の知識

借金滞納で差し押さえられる財産とは?差し押さえまでの流れも解説

借金滞納で差し押さえられる財産とは?差し押さえまでの流れも解説
差し押さえとは、債務者の財産を債権者が回収し、残債の支払いに充てることです。財産の差し押さえは債権者が勝手に行えるわけではなく、裁判所への申立て手続きが必要です。本記事では、借金の滞納から差し押さえが行われるまでの流れや差し押さえの対象になる財産を紹介します。
借金返済の知識

強制執行とは?申立てから差し押さえまでの流れをわかりやすく解説

強制執行とは?申立てから差し押さえまでの流れをわかりやすく解説
強制執行とは、債務者が借金を滞納し続けたときに、裁判所が強制的に債務者の財産を回収し滞納分の返済に充てることを決定する手続きです。強制執行を行う前には債権者が訴訟を起こし債務名義の取得などを行う必要があります。本記事では、強制執行とは何かわかりやすく解説します。
借金問題でお悩みの方へ
TOPへ