「時効援用 費用」の検索結果

時効の援用

借金の時効援用にかかる費用の内訳・相場|費用を安くする方法とは?

借金の時効援用にかかる費用の内訳・相場|費用を安くする方法とは?
借金の時効援用にかかる費用は、自分で手続きする場合は1,279円、専門家に依頼すると報酬として追加で1万~8万円程度かかります。ただし、費用を抑えようとして自分で時効援用をすると失敗するリスクもあるのでご注意ください。借金の時効援用にかかる費用の内訳や相場を紹介します。
解決事例

【消滅時効】NHK受信料債権に対する時効援用のケース

【消滅時効】NHK受信料債権に対する時効援用のケース
60代、男性、NHKの受信料未払いにより借金総額50万円の方の債務整理のケースを紹介しております。NHKの受信料が未払いになっており、最近になり請求書が届いた方が払わなければならないのか?と相談にこられました。聞き取りの結果、少なくとも一部は時効援用が出来そうだった。
時効の援用

NHK受信料の時効援用はできる?時効成立の要件や手続きの流れとは

NHK受信料の時効援用はできる?時効成立の要件や手続きの流れとは
NHKの受信料は時効援用可能です。滞納日から5年以上経過しているNHKの受信料は時効援用の手続きにより返済義務をなくせる可能性があります。ただし、受信料の時効は中断、更新される場合もあるので注意が必要です。NHKの受信料を時効援用するための条件を解説します。
時効の援用

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは
時効援用の最大のメリットは、時効を迎えた借金の返済義務がなくなることです。他にも手続きにかかる費用や手間が少ないことも時効援用のメリットといえるでしょう。一方で、時効援用は失敗するリスクがあるなどのデメリットもあります。時効援用のメリット・デメリットを解説します。
借金返済の知識

20年放置している借金はどうなる?時効援用の方法と注意点

20年放置している借金はどうなる?時効援用の方法と注意点
20年以上前に返済したきり放置している借金は時効を迎えているかもしれません。借金の消滅時効は原則5年だからです。しかし、消滅時効は自動で完成するのではなく時効の援用をしなければ完成しないのでご注意ください。20年放置している借金がどうなっているのかまとめました。
時効の援用

時効の援用は司法書士に依頼するべき!その理由と依頼費用を解説

時効援用 司法書士
借金は、借り入れから一定期間が経過すると消滅時効を迎え、債権者に対して時効の援用を行うことで、返済をしなくてよくなります。時効が成立するには、必ず時効の援用をする必要があります。自身で行うのは難しいため、司法書士などの専門家に依頼することを強くおすすめします。
時効の援用

借金の時効援用通知が失敗するケースと失敗しないための3つのポイント

時効援用をしないための3つのポイント
時効が完成していれば、時効の援用をすることで時効は成立します。しかし、やり方を間違える、何らかの理由で時効が停止・延長されていると援用ができず失敗してしまう恐れがあります。時効の援用が失敗するケース、時効の援用が失敗した際の対処法を解説します。
時効の援用

特定調停の時効は10年|時効の成立を待つことはできるのか?

特定調停の時効は10年|事項の成立を待つことはできるのか?
特定調停を申し立てた場合には、その時効がいくら迫っていても10年にリセットされることになります。特定調停を行うことで、支払いの負担を軽減することが見込めますが、時効が大幅に延びることになるため、一定期間経過している借金は特定調停をするか否か慎重に検討する必要があります。
借金返済の知識

クレジットカードが更新されない理由は6つ!更新時の注意点を解説

クレジットカードが更新されない理由は6つ!更新時の注意点を解説
「今まで使えていたクレジットカードが更新されなくなった!」クレジットカードは原則自動更新のため、更新されない場合は何かしらの理由があると考えられます。この記事では、クレジットカードが更新されない理由と更新時の注意点を解説します。お困りの方はご参考ください。
借金返済の知識

個人が信用情報機関に情報開示請求を行うメリット・デメリット

個人が信用情報機関に情報開示請求を行うメリット・デメリット
信用情報機関にて個人が情報開示請求をした場合のデメリットはほぼありません。照会履歴は残るものの審査にほぼ影響はないのでご安心ください。ただし、情報開示請求には費用がかかります。本記事では、個人が信用情報機関に情報開示請求を行うメリット・デメリットを紹介します。
時効の援用

10年放置した借金は返済すべき?時効は成立する?

10年放置した借金は返済すべき?時効は成立する?
借金の時効は、最後の返済(一度も返済していない場合には返済期日)から5年または10年ですが、債権者から裁判上の請求などを受けていると時効がリセットされている可能性があります。そのため、10年放置しているからといって、必ず時効が成立しているとはかぎりません。
時効の援用

借金を10年以上放置すれば時効で踏み倒しは可能?返済義務と解決方法を解説

借金を10年以上放置すれば時効で踏み倒しは可能?返済義務と解決方法を解説
借金を返さずに10年以上放置すれば、時効により踏み倒したくなるものです。ただ、借金を10年以上放置しても、自動的に時効で消滅し返済が免除されるわけではありません。そこで、借金を10年以上放置すれば時効で踏み倒しできるのか、返済義務と問題解決の方法について解説します。
時効の援用

家賃滞納の消滅時効は5年?成立する条件と何年未払いなら踏み倒し可能か解説

家賃滞納の消滅時効は5年?成立する条件と何年未払いなら踏み倒し可能か解説
家賃滞納の消滅時効は5年であり、未払いのままいれば支払い義務はなくなると考えられます。ただし家賃の消滅時効は5年待てばよいだけでなく、一定要件を満たすことが必要です。そこで、家賃滞納のまま5年経てば本当に踏み倒しできるのか、時効成立の要件などについて解説していきます。
時効の援用

消費者金融の借金の時効|時効が成立する日と中断・延期される要件

消費者金融の借金の時効
消費者金融からの借金の時効は、ほとんどの場合「最後の返済から5年」です。しかし、消費者金融からの借金の時効が中断・停止されるケースがあるため、消滅時効が成立するのは難しいのが現実です。借金の消滅時効についてや、時効が中断・停止されるケース、時効の援用を解説します。
借金返済の知識

騙されて負った借金も返済しなければいけない?借金の対処方法とは

騙されて負った借金も 返済しなければいけない? 借金の対処方法とは
騙されて借金をしてしまった場合、騙した張本人に返済してもらうことは法律上は可能ですが現実的ではありません。騙されて負った借金の返済義務は原則として借りた本人(あなた)にあります。この記事では、騙されて負った借金の解決方法を解説していきます。
借金問題でお悩みの方へ
TOPへ