「過払い金 請求」の検索結果

過払い

過払い金請求でかかる費用とは?相場や手数料を安く抑えるコツを解説

過払い金請求でかかる費用とは?相場や手数料を安く抑えるコツを解説
過払い金を請求したいけれど、費用が気になって一歩踏み出せないこともあるでしょう。過払い金は本人が返還請求することもできますが、専門家に依頼したほうが費用を安く抑えることができます。そこで、過払い金請求の費用相場や手数料を安く抑えるコツについて説明していきます。
過払い

過払い金返還の請求件数と推移を解説!時効と適用されるポイント

過払い金返還の請求件数と推移を解説!時効と適用されるポイント
以前の借金で余分に支払った利息が戻ってくる可能性がある過払い金。この記事では、過払金の請求件数と推移について解説いたします。また、過払い金の時効と回収のためのポイントについても解説するので、これから過払い金の請求を考えている方はチェックしましょう。
過払い

過払い金が戻ってこない8つのケース|請求できる条件とは?

過払い金が戻ってこない8つのケース|請求できる条件とは?
利息制限法を超える利息を支払い続けていた場合、払いすぎた利息を「過払い金」として請求することができます。しかし、借入先や状況によっては過払い金を請求できなくなるケースもあります。この記事では過払い金が戻ってこないケースについて解説いたします。
過払い

過払い金請求の成功報酬とは?相場はいくら?

過払い金請求の成功報酬とは?相場はいくら?
過払い金請求の依頼費用として成功報酬の形態を取っている事務所が多くあります。成功報酬とは、過払い金を請求し返還されたときに発生する報酬で、返還額の数割と設定しているのが一般的です。この記事では、過払い金請求における成功報酬とはなにかなどについて解説します
過払い

リボ払いで過払い金の請求が可能!発生条件と請求の手続きを解説

リボ払いで過払い金の請求が可能!発生条件と請求の手続きを解説
リボ払いは支払いが長期化すると手数料が増えていく仕組みです。手数料を払い続けているうちに「過払い金が発生しているのでは?」と思う方も少なくないはず。この記事では、リボ払いで過払い金が請求できるかどうかを解説します。過払い金が請求できる条件や請求の手続きもご紹介します。
過払い

委任状があれば家族が過払い金請求できる!書き方や請求時の注意点

委任状があれば家族が過払い金請求できる!書き方や請求時の注意点
過払い金請求は委任状があれば、家族や親族が代理で行えます。ただし、過払い金請求は専門的な知識が必要なので成功率を上げるためにも専門家への依頼をおすすめします。本記事では、過払い金請求を委任状によって代理で行う際の注意点をわかりやすく解説していきます。
過払い

過払い金返還請求は司法書士と弁護士のどちらがお得?依頼できる業務の違いとは

過払い金返還請求は司法書士と弁護士のどちらがお得?依頼できる業務の違いとは
本来であれば払う必要のなかった過払い金返還請求をするとき、司法書士と弁護士のどちらに相談するべきか悩む方は少なくありません。そこで、過払い金返還請求は司法書士と弁護士のどちらに相談すればお得なのか、依頼できる業務の違いについて次の章に分けて解説していきます。
過払い

過払い金には5%の利息を付けて返してもらえる!請求方法とは?

過払い金は払いすぎた利息|5%利息を付けて返還してもらう方法とは
過払い金とは、「払いすぎた利息」あり、債権者に対して返還を請求することが可能です。実は、この過払い金には「5%の利息を付けて返還を求める」ことができます。請求したい場合には、専門的な知識や債権者との交渉が必要なため、司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。
過払い

過払い金の返還請求でブラックリストに登録されるケースとは?

ブラックリスト 過払い金
「過払い金」とは、払い過ぎていた利息を取り戻すための手続ですが、手続き内容によってはブラックリストに登録されるなどデメリットもあります。過払い金返還請求でブラックリストに登録されるケースとされないケース、登録される期間についてご説明します。
過払い

過払い金を請求することの3つのデメリットと確認しておきたい注意点

過払い金を請求することの3つのデメリットと確認しておきたい注意点
過払い金の返還を請求には特にデメリットはないと考えられますが、返済中に過払い金を請求してしまう等の場合にはデメリットにつながる可能性もあります。この記事では過払い金請求によって生じるデメリットについて、メリットとともに具体的に解説します。是非ご判断に役立ててください
過払い

過払い金請求の時効は5年?10年?時効を過ぎても請求する方法

過払い金請求、払い過ぎた利息が返ってくる
過払い金の請求には消滅時効があり、原則完済してから10年を経過すると過払い金は消滅時効を迎え、請求できなくなってしまいます。もし時効期限が迫っているようであれば、できるだけ早く専門家へ相談することをおすすめします。過払い金請求の時効が迫っているときの対処法も紹介します。
過払い

過払い金とは?発生しやすい借金や請求するメリット・デメリット

過払い金が発生する仕組みとは?請求できる借金を徹底解説
「過払い金」とは、本来であれば支払う必要がなかったのにもかかわらず、貸金業者に余分に支払ったお金のです。「利息制限法」と「出資法」の2種類の法律の上限金利が異なっていたので、グレーゾーン金利が発生し過払い金が発生していました。過払い金とは何か、請求方法を紹介します。
過払い

過払い金の返還を受けたら確定申告は必要?必要なケースと申告方法

過払い金の返還を受けたら確定申告は必要?必要なケースと申告方法
返還された過払い金には税金がかからないため、確定申告は必要ありません。一方、過払い金返還時に利息も受け取り、それが20万円を超える場合には確定申告が必要です。この記事では、過払い金に対する利息の確定申告方法や注意点などについて解説しています。
過払い

過払い金の裁判の期間は長いって本当?手続きから入金の流れを解説

過払い金の裁判の期間は長いって本当?手続きから入金の流れを解説
2023年現在でも、まだまだ続いている過払い金の返還。この記事では、裁判で過払い金を返還してもらえるケースについて詳しく解説いたします。また、期間の長さや手続きから入金の流れも解説するので、これから過払い金の相談を考えている方はご参考ください。
過払い

奨学金に過払い金は発生する?支払えないときの救済制度と対処法

奨学金に過払い金は発生する?支払えないときの救済制度と対処法
「過払い金を請求して借金を大幅に減額」という広告をよく見ますが、奨学金も借金の一種ですので、過払い金を請求できるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。奨学金に対して過払い金を請求することはできません。支払いが難しい場合には、救済制度を利用しましょう。
借金返済の知識

CICの信用情報開示はどこまでわかる?請求の方法と共に解説

CICの信用情報開示はどこまでわかる?請求の方法と共に解説
CICに信用情報開示請求をすればどこまでわかるのか知りたい人はいませんか。CICでは、クレジットカードの利用実績や申し込み記録、ローンの返済状況がわかります。本記事では、CICの信用情報開示でどこまでわかるのか、開示請求の方法をわかりやすく解説します。
時効の援用

求償権の時効は5年!請求を無視されるときの対処法

求償権の時効は5年!請求を無視されるときの対処法
求償権には時効があり、代理で返済した時点から5年が経過すると権利が消滅します。求償権とは、ある人が法律上の理由で財産が減少した場合に、その人に対して、減った分の財産の返還を求める権利です。時効については、完成が猶予されたり、更新されたりするケースが存在するので注意しましょう。
任意整理

任意整理中に過払い金が発生するケースを司法書士がわかりやすく解説

典型的な過払い金請求と任意整理中に過払い金が発生するケースの違い
任意整理中に過払い金が出た場合は、希望すれば本人へ返金するのが原則です。しかし、任意整理で発生した過払い金を残った債務の返済に充てれば、より早期の完済を目指しやすくなります。より良い条件で債権者との交渉をまとめるために、有効活用できる返済計画を立てましょう。
過払い

過払い金は自分で計算できる?過払い金が発生するケースと計算方法

過払い金は自分で計算できる?過払い金が発生するケースと計算方法
過払い金請求をすれば、借入額や時期、金利によっては、多額の過払い金が返ってくる可能性があります。では、この過払い金はどのように計算するのでしょうか。この記事では、過払い金が発生するケースや計算方法について解説しますのでぜひ参考にしてください。
借金返済の知識

仮執行宣言とは?|支払督促による強制執行までの期間と流れ

仮執行宣言とは?|支払督促による強制執行までの期間と流れ
仮執行宣言とは裁判所は判決が確定する前に強制執行を認める制度です。仮執行宣言付支払督促が届いたら、最短2週間で強制執行される可能性があります。そのため無視せず、異議申立てをしたり、債務整理をしたりと、迅速に適切な対処をしなければいけません。
過払い

弁護士に着手金が払えない時の対処法とは?後払いや立替制度の活用法

弁護士に着手金が払えない時の対処法とは?後払いや立替制度の活用法
弁護士の協力が必要でも、着手金を払えないため相談できなければ問題を解決できません。ただ、弁護士の着手金や費用が払えない場合でも、後払いや分割払いが認められることもあります。そこで、弁護士に着手金が払えない場合の対処法や後払いや立替制度について説明していきます。
自己破産

自己破産とは?メリット・デメリットや手続きの流れを徹底解説

自己破産とは?メリット・デメリットや手続きの流れを徹底解説
自己破産とは、裁判所に申立てることで、税金などの公金を除き、すべての借金の返済が免除される手続きです。債務整理の中で最も効力がある方法ですが、財産を失い、手続中に制限がかかる場合があります。この記事では、自己破産のメリットやデメリット、手続きの流れについて解説します。
過払い

引き直し計算とは?行う目的や計算方法について解説

引き直し計算とは?行う目的や計算方法について解説
引き直し計算とは、過去の取引履歴を利息制限法に基づいて計算し直すことで、過払い金の計算などに用います。引き直し計算は、取引履歴を確認しながらツールを利用すれば誰でも計算することができますが、正確な計算をするためには、専門家に依頼をすることをおすすめします。
借金返済の知識

400万円の借金はやばい?完済までの期間や借金の減額方法を解説

400万円の借金はやばい?完済までの期間や借金の減額方法を解説
400万円の借金の場合、年利15%で計算すると、月に換算すると4万円の利息が付きます。元金を減らすためには、この利息に加えて返済しなければいけません。この記事では、400万円を完済するまでのシミュレーションやおすすめの債務整理方法を解説します。
借金返済の知識

「借金を減額!」は嘘?本当?借金減額の仕組みを専門家が解説!

「借金を減額!」は嘘?本当?借金減額の仕組みを専門家が解説!
「国が認めた借金の減額方法」「無料で借金を0に」といった内容の広告を目にすることがありますが、これは本当なのでしょうか?債務整理や過払い金請求などで法的に借金を減額することは可能です。借金減額に関する相談は、司法書士や弁護士に相談するようにしましょう。
借金返済の知識

借金相談は市役所でできる!相談するメリットと借金相談の流れは?

借金相談は市役所でできる!相談するメリットと借金相談の流れは?
借金の苦しみは、一人で抱え込んでしまいがちな問題です。周りに相談したくても「誰に相談したら良いのか分からない」という方は、市役所での相談をおすすめします。ただし、市役所の相談は時間制限や回数制限があります。この記事では、市役所でできる借金相談について詳しく解説します。
借金返済の知識

借金の利子を計算する方法とは?上限金利と借金を減額する方法を解説

借金の利子を計算する方法とは?上限金利と借金を減額する方法を解説
借金の利子負担が重いと終わりが見えず不安になります。金利の高い借金は、利子ばかり返すことになり元金がなかなか減りません。そこで、借金完済を目指す上でどのくらい利子が発生するのか知るためにも、借金利子の計算方法や法律による上限金利・借金減額方法について解説していきます。
借金返済の知識

リボ払いの返済のコツはスピード勝負!返済地獄にならないための解決策は?

リボ払いの返済のコツはスピード勝負!返済地獄にならないための解決策は?
リボ払いを返済するコツはとにかく返済期間をできるだけ短くすることです。具体的には、毎月の返済額を増やす、繰り上げ返済や一括返済をする、金利が低いカードローンに乗り換えるなどがあげられます。本記事では、リボ払いを返済していくコツをわかりやすく解説します。
借金返済の知識

債務返済の正しい優先順位とは?借金を返す順番の決め方をわかりやすく解説

債務返済の正しい優先順位とは?借金を返す順番の決め方をわかりやすく解説
複数社から借入れしている多重債務の場合、正しい返済の優先順位を知ることで多重債務から抜け出しやすくなります。しかし債務のいずれかを優先返済したくても、どれを先に返すべきか判断しにくいものです。そこで、債務返済の正しい優先順位と順番の決め方について解説していきます。
借金返済の知識

借金を元金のみ返済する方法5つ!それでも返せない時の対処法とは?

借金を元金のみ返済する方法5つ!それでも返せない時の対処法とは?
借金を元金のみ返済する方法は①任意整理②個人再生③特定調停④おまとめローン⑤過払い金請求の5つがあります。どの方法にもメリットとデメリットがあるので自分の収入や借金の状況に合わせて選択するのが重要です。本記事では借金を元金のみ返済にする方法をわかりやすく解説します。
時効の援用

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは

時効援用のメリット6つ!デメリットや司法書士に依頼すべき理由とは
時効援用の最大のメリットは、時効を迎えた借金の返済義務がなくなることです。他にも手続きにかかる費用や手間が少ないことも時効援用のメリットといえるでしょう。一方で、時効援用は失敗するリスクがあるなどのデメリットもあります。時効援用のメリット・デメリットを解説します。
借金返済の知識

借金利息の計算方法とは?借金の利息負担を減らす4つの方法を解説

借金利息の計算方法とは?借金の利息負担を減らす4つの方法を解説
借金の利息は金利に基づいて発生するため、金利を高く設定する金融会社でお金を借りると負担は大きくなります。借金を増やさないためには利息はどのように計算するのか、その仕組みなど理解しておくと安心です。そこで、借金利息の計算方法や負担を減らす方法について解説していきます。
自己破産

管財事件とは?同時廃止との違いや手続きの流れ・費用について解説

管財事件とは?同時廃止との違いや手続きの流れ・費用について解説
自己破産は管財事件と同時廃止の2種類に分けられます。自己破産時には破産管財人が選任される管財事件の手続きが原則です。一方で、個人の自己破産の場合や書類審査で財産がないと判明した場合には同時廃止になる場合もあります。管財事件の流れを詳しく確認していきましょう。
借金返済の知識

親の借金は返済義務なし!肩代わりしない方法と相続した場合の対処法

親の借金は返済義務なし!肩代わりしない方法と相続した場合の対処法
親の借金の返済義務は原則として子供にありません。法律で返済義務はないとされている以上、親の借金を返済しなくても問題ありません。しかし、例外的に返済義務が発生することもあり、連帯保証人になっている、子の名義で借金、親の借金を相続などのケースがあるので気を付けましょう。
借金返済の知識

借金を調べる方法は?家族や恋人の借金は調べられる?

借金を調べる方法は?家族や恋人の借金は調べられる?
借金の額や借入先について調べる方法は、領収書や取引履歴を確認する・金融機関に取引履歴の開示請求をする・信用情報機関に問い合わせる・専門家に依頼するなどがあります。もし、借金の額や借入先について調べる方法がわからない場合でも、債務整理の手続きをすることは可能です。
借金返済の知識

借金を減らしたいとき誰にも知られず問題を解決する方法とは?

借金を減らしたいとき誰にも知られず問題を解決する方法とは?
借金を減らしたいと考えるのなら、自力で解決できるのかそうでないかまずはシミュレーションしてみましょう。自力による解決が厳しいと判断できるときには、債務整理による手続も検討が必要です。どの方法を選ぶか見極めも重要となるため、まずはお気軽に相談してみてください。
借金返済の知識

ブラックリストとは事故・延滞情報のこと!載ったらデメリットはある?

ブラックリストとは事故・延滞情報のこと!載ったらデメリットはある?
ブラックリストとは、信用情報機関に掲載された事故・延滞情報です。登録されると、約5年〜10年の間消えることはなく、登録期間中はクレジットカードの作成などができません。ブラックリストとは何か、載った場合のデメリットがあるかを解説していきます。
任意整理

借金をなくせる任意整理とは?メリット・デメリットや向いている人

任意整理とは?メリット・デメリットや任意整理が向いている人を解説
任意整理とは、将来の利息をカットし、返済額を減額する手続きです。任意整理は個人再生や自己破産のように裁判所を通すことなく返済額の減額ができる、手軽でリスクが少ない債務整理です。この記事では、任意整理とは何か、条件やメリット・デメリットについても解説していきます。
自己破産

自己破産における同時廃止とは|要件や管財事件との違いについて解説

自己破産における同時廃止とは|要件や管財事件との違いについて解説
自己破産には同時廃止と管財事件があり、個人で自己破産をする場合には、「同時廃止」となるのが一般的です。同時廃止は管財事件よりも手続きが簡単というメリットがあります。同時廃止になるための要件や手続きの流れ、費用をわかりやすく解説していきます。
自己破産

自己破産は無料相談がおすすめ!無料相談ができる4つの相談先

自己破産は無料相談がおすすめ!無料相談ができる4つの相談先
自己破産について無料相談できることろはたくさんあります。自己破産は無料相談をうけつけている機関には、司法書士事務所・弁護士事務所・法テラス・市の法律相談などがあります。この記事では、それぞれの相談先のメリット・デメリット、その他の債務整理の向き不向きについて解説します。
借金返済の知識

債務超過の意味とは?個人が債務超過になったときの3つの解消方法

債務超過の意味とは?個人が債務超過になったときの3つの解消方法
「債務超過」の意味は資産よりも負債が上回る状態のことであり、今所有しているすべての資産を換金して借金返済に充てても、完済できない状態を意味します。債務超過の場合には、債務整理で借金を減額もしくはなくすことも可能です。債務超過のデメリットや対処法を解説します。
借金返済の知識

借金200万円の返済方法|返済シミュレーションと借金の減額方法

借金200万円の返済方法
借金200万円の返済方法には、債務整理がオススメです。借金200万円あると、返済額以外に利息だけでも、年利15%(下記の表参考)で年間30万円、月々が2万5,000円つきます。200万円の返済方法について、減額できるケースや債務整理の種類について解説します。
借金返済の知識

借金300万円の返済方法|返済シミュレーションと借金の減額方法

借金300万円の返済方法
借金300万円の返済方法にお悩みなら、債務整理をすることをおすすめします。借金300万円がある場合は、返済額のほかに、利息だけでも、一般的な利率である年利15%で年間45万円、月々に利息だけでも3万7500円つきます。返済方法である債務整理について解説しています。
自己破産

自己破産が失敗する確率は約2%!失敗したときの対処法とは

自己破産が失敗する確率は3〜4%!失敗したときの対処法とは
自己破産が失敗する可能性は3〜4%にすぎませんが、万が一自己破産が失敗した場合、再度申し立てをする際にはハードルが高くなります。また、自己破産に失敗すると借金は残るので、一括請求されてしまう可能性もあります。自己破産が失敗するケースや失敗時の対処法を解説します。
任意整理

3つの任意整理体験談から学ぶ、借金減額方法とは?具体的な数字で実証

任意整理の体験談
実際に任意整理をしたらどうなるのか、メリットがあったのか、体験談を聞く機会はなかなかないので不安ですよね。グリーン司法書士法人は、これまで債務整理に関する相談を​1万件以上​受けてきました。今回は、そのご相談者様の体験談をいくつか紹介いたします。
任意整理

任意整理の無料相談窓口6つ|司法書士に相談するメリットとは?

任意整理の無料相談をする方法
任意整理など、借金に関する法律相談は司法書士事務所などで無料で受け付けています。司法書士をはじめとする専門家に依頼することで成功率が格段に上がりますし、そもそも専門家がついていなければ債権者が任意整理に応じてくれないこともあります。是非無料相談をしてみましょう。
任意整理

任意整理でカットされる利息|カットされないケースやカットするコツ

任意整理でカットされる利息
任意整理では、自己破産や個人再生のような裁判所で手続きする債務整理とは異なり、借金の元金が減額されることはありません。この記事では、任意整理でカットされる利息・任意整理で利息がカットされた事例・任意整理で利息がカットされないケースなどについて解説します。
自己破産

自己破産の手続きと流れについて司法書士が解説!

自己破産の流れと手続き期間
自己破産の手続きは非常に複雑です。多くの場合は専門家に依頼することになりますが、ご自身でも手続きの内容を理解しておけば、全く知らないよりは先の見通しが立てやすく、またスムーズに進められるのではないでしょうか。自己破産手続きの全体像を見てみましょう。
自己破産

ギャンブルの借金は自己破産できない?自己破産が認められるケース

ギャンブルの借金も自己破産できる?
自己破産の免責不許可事由にはギャンブルも含まれます。しかし、ギャンブルが原因の借金でも自己破産ができるケースはあります。ただし、免責不許可事由に当てはまる自己破産の場合、ほとんどが「管財事件」になります。費用もハードルも高くなりますので注意が必要です。
自己破産

債務整理=自己破産ではない!自己破産が向いているケースとは?

債務整理=自己破産ではない!自己破産が向いているケースとは?
債務整理には自己破産のほかに、任意整理、個人再生、過払い金請求などがあります。それぞれの債務整理は手続きや性質が異なりますので自身の債務状況に合わせて検討しましょう。自己破産は借金の返済義務が免除されますが、デメリットもありますので、専門家への相談がオススメです。
借金返済の知識

借金500万円の返済方法|返済シミュレーションと借金の減額方法

借金500万の返済方法
500万円の返済方法を考えたとき、一般的な利率である年利15%で計算しても、年間で75万円がつくため、かなり大変なやりくりが必要です。500万円の借金でお悩みの人は、債務整理で利息のカットや借金の減額もご検討ください。借金500万円の返済方法や債務整理を解説します。
借金返済の知識

借金の踏み倒しはできる?知っておくべきリスクと対処法

借金の踏み倒しはできる? 知っておくべき踏み倒すと 生じるリスク
借金の踏み倒しは現実的ではなく、突然財産を差押えられる、保証人が借金を負うなどと大きなリスクがあります。本記事では、借金を踏み倒すと犯罪になるのか踏み倒した場合のリスクを解説していきます。合わせて借金を返せないときの対処法も紹介していきます。
借金返済の知識

借金返済の計算方法|計算の仕組みと返済シミュレーション

借金返済の計算方法|計算の仕組みと返済シミュレーション
借金は元金だけでなく利息も支払っているので、中々完済できないとお悩みになるかもしれません。本記事では、借金の利息の計算方法や完済までのシミュレーション方法をわかりやすく解説しています。借金が返せないときの債務整理についても合わせて紹介していきます。
借金返済の知識

債務整理の種類は4つ!どの方法なら生活に影響が少ないのか

債務整理の種類は4つ!どの方法なら生活に影響が少ないのか
ひとくちに債務整理といっても、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類があります。それぞれ一長一短があり、どの種類の手続きがベストなのかは個々人の状況によります。ここでは、債務整理の種類についての特徴と、どんな類型の方にお勧めなのかを説明します。
借金返済の知識

債務整理や借金は司法書士に相談すべき?弁護士との違いとは?

司法書士の業務範囲
債務整理を弁護士と司法書士どちらに依頼すべきかは、ケースによって異なります。債務整理を司法書士に依頼する場合、対応できるのは1社あたりの債務が元金140万円以下の場合だけですが、費用は弁護士に比べ安価なことが多いです。依頼先に迷ったら、まずは無料相談してみましょう。
時効の援用

消滅時効とは?消滅時効を迎えた時の対応や延長されるケースを解説

消滅時効とは?消滅時効を迎えた時の対応や延長されるケースを解説
消滅時効とは、一定期間権利が行使されない場合に権利を消滅させる制度です。消滅時効に関する法律は、令和2年4月に改正されました。本記事では、消滅時効に関する最新の法律の内容や消滅時効が中断・停止してしまうケースをわかりやすく解説していきます。
任意整理

任意整理のデメリット・メリットについて|向いている人の特徴は?

任意整理のデメリットや影響とは?
任意整理をしたいけれど、どんなデメリットがあるのか、メリットと比べてどうなのかと気になる方も多いでしょう。任意整理は自己破産よりもデメリットが少ない手続であり、これで解決する場合も多いです。この記事が、任意整理を開始する判断の手助けになることを願います。
任意整理

無職でも任意整理は可能?収入がなくてもできる方法を徹底解説

無職でも任意整理は可能?収入がなくてもできる方法を徹底解説
無職でも、今後は就職する予定があるなど安定した収入の見込みがあれば、任意整理により借金の整理が可能です。ただしすべての無職の方ができる手続ではなく、状況によっては任意整理ではない他の方法を選んだほうが良い場合もありますので、専門家へご相談ください。
任意整理

任意整理の流れと注意点の全てが一目で分かる詳細かつ簡単な解説

任意整理の流れと注意点
任意整理は債権者と交渉することで将来の利息をカットしてもらい、返済額を減額する手続きです。任意整理を成功させるには、自分が主体となって手続きを進めていく意識が大切です。本記事では、任意整理の流れと注意点のすべてをわかりやすく解説していきます。
任意整理

任意整理するとクレジットカードはどうなるのか?専門家が徹底解説!

任意整理するとクレジットカードはどうなる?
任意整理するとクレジットカードはどうなるのか?専門家が徹底解説します!任意整理すると、クレジットカードは利用できなくなりますが、毎月かかっている利息をカットもしくは減額し、3年から5年程度の長期の分割払いで支払う内容にリスケジュールされます。
借金に関する年間相談件数4720件超!土日祝日対応!
借金問題でお悩みの方へ
TOPへ