「時効 何年」の検索結果

時効の援用

個人間の借金の時効は何年?成立要件や時効が中断するケースを解説

個人間の借金の時効は何年?成立要件や時効が中断するケースを解説
個人間の借金の時効は、2020年3月31日以前のものは原則10年、2020年4月1日以降のものは原則5年です。借用書がなくても時効は成立しますが、お金を借りた日や返済した日などが分からず、時効の起算点が明確でなくなってしまいます。過去のやり取りを遡ってみましょう!
時効の援用

期限の定めのない債務とは?債務の弁済期限と何年で時効により消滅するのか解説

期限の定めのない債務とは?債務の弁済期限と何年で時効により消滅するのか解説
期限の定めのない債務とは、金銭の貸し借りにおいて返済期日を決めていない場合の借金ですが、いつを弁済期限として返せばよいのか判断が難しいと考えられます。そこで、期限の定めのない債務に関する弁済期限やいつまで返済しなければ消滅時効で消えるのかについて説明してきます。
時効の援用

家賃滞納の消滅時効は5年?成立する条件と何年未払いなら踏み倒し可能か解説

家賃滞納の消滅時効は5年?成立する条件と何年未払いなら踏み倒し可能か解説
家賃滞納の消滅時効は5年であり、未払いのままいれば支払い義務はなくなると考えられます。ただし家賃の消滅時効は5年待てばよいだけでなく、一定要件を満たすことが必要です。そこで、家賃滞納のまま5年経てば本当に踏み倒しできるのか、時効成立の要件などについて解説していきます。
時効の援用

消滅時効の期間は何年?請求を免れるために必要な年数とは

消滅時効の期間
民法では消滅時効を規定し、原則5年を経過した後に消滅時効を援用すれば債権は消滅し、債務を支払う必要はなります。この点については最近、大きな法律改正がありました。消滅時効の期間に関する法律改正の詳細から、消滅時効の期間経過の計算方法や必要な対処法まで解説します。
借金返済の知識

養育費の時効は5年または10年|時効をストップする方法は?

養育費の時効は5年または10年|時効をストップする方法は?
養育費の支払いには時効があります。時効の期間は取り決め方によって異なり、話し合いで決定した場合には5年、調停や裁判で決定した場合には10年です。また、相手に養育費の支払い義務を認めさせたり、裁判を通して請求したりすることで時効をリセットすることができます。
時効の援用

時効完成後の債務の承認とは?該当するケースや問題点について解説

時効完成後の債務の承認とは?該当するケースや問題点について解説
消滅時効期間後でも「時効の援用」せず「時効完成後の債務の承認」があれば消滅時効は完成しません。「時効完成後の債務の承認」前に「時効の援用」が必要です。「時効完成後の債務の承認」があれば取り消しできなくなるため、該当するケースや問題点を詳しく説明していきます。
時効の援用

時効の完成猶予とは?時効の更新との違いと該当する事由について解説

時効の完成猶予とは?時効の更新との違いと該当する事由について解説
時効の完成猶予とは一定の事由で時効の完成が猶予される制度で、その事由が終了するまでは時効は完成しません。そのため時効が完成していたはずが、猶予されている場合もあると考えられます。ミスしないためにも時効の完成猶予に該当する事由や時効の更新との違いについて説明します。
時効の援用

10年放置した借金は返済すべき?時効は成立する?

10年放置した借金は返済すべき?時効は成立する?
借金の時効は、最後の返済(一度も返済していない場合には返済期日)から5年または10年ですが、債権者から裁判上の請求などを受けていると時効がリセットされている可能性があります。そのため、10年放置しているからといって、必ず時効が成立しているとはかぎりません。
時効の援用

借金を10年以上放置すれば時効で踏み倒しは可能?返済義務と解決方法を解説

借金を10年以上放置すれば時効で踏み倒しは可能?返済義務と解決方法を解説
借金を返さずに10年以上放置すれば、時効により踏み倒したくなるものです。ただ、借金を10年以上放置しても、自動的に時効で消滅し返済が免除されるわけではありません。そこで、借金を10年以上放置すれば時効で踏み倒しできるのか、返済義務と問題解決の方法について解説します。
借金返済の知識

消費者金融の借金は踏み倒しできる?時効成立の条件と未払いリスク・解決法を解説

消費者金融の借金は踏み倒しできる?時効成立の条件と未払いリスク・解決法を解説
消費者金融の借金を踏み倒したいと考えても、簡単に見逃してはくれないでしょう。ただ、時効が成立すれば可能性はゼロではないといえます。そこで、消費者金融の借金は踏み倒しできるのか、時効成立の条件と未払いリスク・解決法について詳しく説明していきます。
時効の援用

友人からの借金の時効はいつ?時効がストップするケースも解説

友人からの借金の時効はいつ?時効がストップするケースも解説
友人からの借金でも時効はあります。友人からの借金のように個人間の借金の消滅時効は、2020年3月31日までに借りたものは原則10年、2020年4月1日以降に借りたものは原則5年です。しかし、お金を貸している側が何らかのアクションを起こすことで中断する可能性があります。
時効の援用

借金の踏み倒しの時効は5年もしくは10年!難しい理由とは?

借金の踏み倒しの時効は5年もしくは10年!難しい理由とは?
借金を踏み倒した場合の時効は、5~10年です。理論上は、時効を迎えれば借金を踏み倒せますが、現実的には取立てが行われるので難しいです。借金の返済が難しい場合には債務整理もご検討ください。本記事では、借金を踏み倒した場合の時効はいつか、踏み倒しが難しい理由を解説します。
時効の援用

消費者金融の借金の時効|時効が成立する日と中断・延期される要件

消費者金融の借金の時効
消費者金融からの借金の時効は、ほとんどの場合「最後の返済から5年」です。しかし、消費者金融からの借金の時効が中断・停止されるケースがあるため、消滅時効が成立するのは難しいのが現実です。借金の消滅時効についてや、時効が中断・停止されるケース、時効の援用を解説します。
時効の援用

借金の時効援用通知が失敗するケースと失敗しないための3つのポイント

時効援用をしないための3つのポイント
時効が完成していれば、時効の援用をすることで時効は成立します。しかし、やり方を間違える、何らかの理由で時効が停止・延長されていると援用ができず失敗してしまう恐れがあります。時効の援用が失敗するケース、時効の援用が失敗した際の対処法を解説します。
借金返済の知識

債務整理は自分でできるがリスクも大きい!手順とポイントを解説

債務整理は自分でできるがリスクも大きい!手順とポイントを解説
債務整理の手続きを行うには、裁判所や専門家への費用がかかります。自分で債務整理の手続きをしたほうが得するのではと考えるかもしれませんが、実際には損するケースが多くおすすめしません。この記事では、債務整理を自分で行う場合のデメリットと気になる費用について解説いたします。
借金返済の知識

債権回収会社(サービサー)一覧|一覧にない会社からの請求は?

債権回収会社(サービサー)一覧|一覧にない会社からの請求は?
債権回収会社は、借金の取り立てを行う業者です。この記事では、債権回収会社を一覧でご紹介します。この中に含まれている債権回収会社から連絡が来た場合はすぐに対応するようにしましょう。また、一覧にない会社から請求が来た場合の対処法も解説するので、お困りの方はご参考ください。
過払い

過払い金が戻ってこない8つのケース|請求できる条件とは?

過払い金が戻ってこない8つのケース|請求できる条件とは?
利息制限法を超える利息を支払い続けていた場合、払いすぎた利息を「過払い金」として請求することができます。しかし、借入先や状況によっては過払い金を請求できなくなるケースもあります。この記事では過払い金が戻ってこないケースについて解説いたします。
借金返済の知識

400万円の借金はやばい?完済までの期間や借金の減額方法を解説

400万円の借金はやばい?完済までの期間や借金の減額方法を解説
400万円の借金の場合、年利15%で計算すると、月に換算すると4万円の利息が付きます。元金を減らすためには、この利息に加えて返済しなければいけません。この記事では、400万円を完済するまでのシミュレーションやおすすめの債務整理方法を解説します。
借金返済の知識

督促状とは|督促状の読み方や届いたときの対処法について解説

督促状とは|督促状の読み方や届いたときの対処法について解説
督促状とは、債権者が債務者に対して返済を催促するために送付する書面です。督促状を無視すると、最終的には給与や財産を差し押さえられてしまう可能性があります。本記事では、督促状とは何か、無視するとどうなるのか、催告書や支払督促との違いを解説します。
借金返済の知識

ブラックリストの消し方はない!載った後の対処法といつ消えるのかを解説

ブラックリストの消し方はない!載った後の対処法といつ消えるのかを解説
借金の滞納や債務整理などによりブラックリストに登録された場合の消し方はありません。「ブラックリストを消す」などと宣伝している業者は詐欺の恐れがあります。本記事では、ブラックリストの消し方がない理由や早く消す方法、登録された後の対処法を紹介します。
借金返済の知識

CICの異動を司法書士や弁護士に依頼し消す方法!条件とは?

CICの異動を司法書士や弁護士に依頼し消す方法!条件とは?
CICの異動は自分では消せませんが条件に当てはまる場合、司法書士や弁護士に依頼して削除を主張してもらえます。CICに異動が登録されているかどんな理由で登録されているかを確認し、司法書士や弁護士に依頼するか決めるのが良いでしょう。異動削除を依頼できる場合を紹介します。
借金返済の知識

ローンが組めないときに考えられる4つの理由と6つの対処法を徹底解説

ローンが組めないときに考えられる4つの理由と6つの対処法を徹底解説
金融機関や保証会社の審査に通らないとローンを組むことはできません。審査に通らない理由としては安定収入がないなどの理由が考えられます。本記事では、審査を通過するための基準は公開されていませんが、審査を通しやすくするコツや対処法を解説していきます。
借金返済の知識

借金300万円の返済方法|返済シミュレーションと借金の減額方法

借金300万円の返済方法
借金300万円の返済方法にお悩みなら、債務整理をすることをおすすめします。借金300万円がある場合は、返済額のほかに、利息だけでも、一般的な利率である年利15%で年間45万円、月々に利息だけでも3万7500円つきます。返済方法である債務整理について解説しています。
借金返済の知識

奨学金を踏み倒すことは難しい!リスクと支払えないときの対処法

奨学金踏み倒す
奨学金を踏み倒すことは他の債務と比べても難しいです。というのも、ほとんどの奨学金では親や親族が連帯保証人となっており、踏み倒すと親や親族に影響が出るからです。本記事では、奨学金を踏み倒した際に起きることや返済が難しいときの救済措置、債務整理方法を解説します。
借金返済の知識

借金500万円の返済方法|返済シミュレーションと借金の減額方法

借金500万の返済方法
500万円の返済方法を考えたとき、一般的な利率である年利15%で計算しても、年間で75万円がつくため、かなり大変なやりくりが必要です。500万円の借金でお悩みの人は、債務整理で利息のカットや借金の減額もご検討ください。借金500万円の返済方法や債務整理を解説します。
借金返済の知識

借金の踏み倒しはできる?知っておくべきリスクと対処法

借金の踏み倒しはできる? 知っておくべき踏み倒すと 生じるリスク
借金の踏み倒しは現実的ではなく、突然財産を差押えられる、保証人が借金を負うなどと大きなリスクがあります。本記事では、借金を踏み倒すと犯罪になるのか踏み倒した場合のリスクを解説していきます。合わせて借金を返せないときの対処法も紹介していきます。
借金返済の知識

【相談無料】グリーン司法書士法人のオンライン相談なら全国対応で債務整理の相談が可能!

債務整理のオンライン相談
グリーン司法書士法人のオンライン相談は、自宅から相談することができ、相談料も無料です。全国からオンライン相談を受け付けているので、どこからでも相談可能です!この記事では、オンライン相談のメリットや相談の流れについて紹介しますので、参考にしてください。
借金返済の知識

騙されて負った借金も返済しなければいけない?借金の対処方法とは

騙されて負った借金も 返済しなければいけない? 借金の対処方法とは
騙されて借金をしてしまった場合、騙した張本人に返済してもらうことは法律上は可能ですが現実的ではありません。騙されて負った借金の返済義務は原則として借りた本人(あなた)にあります。この記事では、騙されて負った借金の解決方法を解説していきます。
借金返済の知識

督促状を無視するのは危険!差し押さえされる前に知ってほしい対処法

督促状を無視するのは、危険!
督促状が届いたら、何となくまずいことは理解できても、正しい対処方法を知っている人は少ないように思います。督促状を無視すると、訴訟や差押えのリスクなど様々な悪影響が出ます。督促状を無視してはいけません。この記事では、督促状の正しい対処法をお伝えします。
任意整理

任意整理は賃貸契約に影響ある?任意整理前に知っておきたい注意点

任意整理は賃貸住宅に影響ある?
任意整理をしたことで、賃貸契約ができなくなったり、現在の賃貸契約を解除されたりすることはありません。しかし、全く影響がないわけではなく、注意すべきことなどはいくつかあります。そこで、任意整理が賃貸契約に与える影響と注意点について解説していきます。
任意整理

任意整理手続にかかる期間の解説とその短縮のための段階ごとの注意点

任意整理手続にかかる期間の解説
任意整理にかかる期間は、最短3か月です。債権者と和解をまとめて、それに従って返済をしていくという手続です。この記事では、任意整理の相談から完済まで、各段階にどの程度の時間がかかるのかを解説します。その期間が長引く原因と対処法についても、段階ごとに詳しく説明します。
借金問題でお悩みの方へ
TOPへ