「個人再生 必要書類」の検索結果

個人再生

【保存版】個人再生申立ての必要書類一覧!書類の不備をなくすには?

個人再生に必要な書類はこれ
個人再生の必要書類一覧についてご説明します。個人再生の申立てるための必要書類は、①ひな形がある書類②自分で集める書類、申立て後には、①再生計画案、②弁済計画表、③積立状況等報告書を提出します。個人再生に必要な書類や収集方法を紹介していきます。
個人再生

個人再生と自己破産の違いとは?選び方やメリット・デメリットを解説

個人再生と自己破産の違いとは?選び方やメリット・デメリットを解説
個人再生と自己破産はどちらも債務整理の方法ですが、借金額や財産・収入の状況などで手続を選ぶことになります。しかし個人再生と自己破産の選択により、その後の結果は大きく異なるため、間違った選び方をしないためにもそれぞれの違いやメリット・デメリットを解説していきます。
借金返済の知識

支払督促の流れ|手続方法や必要書類・手続きにかかる費用を解説

支払督促の流れ|手続方法や必要書類・手続きにかかる費用を解説
支払督促とは、簡易裁判所を通して債務者などに支払いを命じる手続きです。裁判所にいかずとも手続きできる、費用も安価などが理由で、債権者が債務者に支払いを命じる場合の手段として多く使われます。債務者が支払督促を無視すると、債権者は債務者に対して強制執行を行えます。
個人再生

個人再生で反対する業者の割合は?反対する業者の3つの理由と対処法

個人再生で反対する業者の割合は?反対する業者の3つの理由と対処法
個人再生において業者(債権者)が反対する可能性があるのは「再生計画案」です。個人再生は利息だけでなく、元金も大きく減額する手続きであるため、反対する業者がいてもおかしくありません。そのため経験豊富な専門家と一緒にしっかり対策して手続きを行うことをおすすめします。
個人再生

個人再生はどんな流れで進む?相談から返済完了までの手続きを解説

個人再生はどんな流れで進む? 相談から返済完了までの 手続きを解説
個人再生の相談から返済完了までの手続きを解説します。個人再生は、専門家に依頼して準備する、裁判所で手続きをする、返済するという流れです。手続きが終わるまでで普通は1~2年、早くても半年です。その後の返済は原則3年で、合計4年程度かかります。
任意整理

任意整理の必要書類は3つ!専門家に依頼するならなくても手続き可能

任意整理に必要な3つの書類
自分で任意整理の手続をすることはハードルが高いと感じる場合、専門家に依頼することになりますが、その際の必要書類は3点で足ります。専門家に任意整理を相談したいときの必要書類とその準備方法、もしも書類がそろわないときにはどうすればいいのか解説していきます。
自己破産

自己破産の履歴を調べる方法は?会社が調べることはある?

自己破産の履歴を調べる方法は?会社が調べることはある?
自己破産の履歴を調べる唯一の方法は、官報の検索です。とはいえ、官報の検索はハードルが高いため、一般の方が行うのはあまり考えられません。しかし、家族や会社となるとバレてしまう可能性が高いです。ここではバレる原因やバレないための対策について解説します。
自己破産

FXによる借金の自己破産で免責を認めてもらうための3つのポイント

FXによる借金の自己破産で免責を認めてもらうための3つのポイント
FXで背負った借金の自己破産でも、免責は許可されます。ただ、以前もFXで自己破産した経験があったり、手続き中に取引したりすると、認めてもらえない可能性が高いです。本記事では、免責許可が下りるように、気をつけるべき3つのポイントを解説しています。
借金返済の知識

キャッシングを返してすぐ借りることはできる?デメリットとは?

キャッシングを返してすぐ借りることはできる?デメリットとは?
キャッシングは緊急時の資金調達に便利ですが、返してすぐ借りることには細心の注意が必要です。計画的な利用と返済計画の重要性の理解により、賢明な借入ができます。今回の記事ではキャッシングの再借入のメカニズムとそのリスク、また賢い借入れ方法について解説します。
借金返済の知識

債権回収会社と信用情報の関係性とは?知っておきたい知識とプロセス

債権回収会社と信用情報の関係性とは?知っておきたい知識とプロセス
債権回収会社とは金融機関から債権を譲渡または委託を受け、主に不良債権の管理・回収を専門に行う業者です。もし債権が債権回収会社に渡ると信用情報に反映され、融資が受けられなくならないか気になるところ。この記事では債権回収会社の役割や信用情報との関係について詳しく解説します。
借金問題でお悩みの方へ

TOPへ