「個人再生 必要書類」の検索結果

個人再生

【保存版】個人再生申立ての必要書類一覧!書類の不備をなくすには?

個人再生に必要な書類はこれ
個人再生の必要書類一覧についてご説明します。個人再生の申立てるための必要書類は、①ひな形がある書類②自分で集める書類、申立て後には、①再生計画案、②弁済計画表、③積立状況等報告書を提出します。個人再生に必要な書類や収集方法を紹介していきます。
個人再生

個人再生と自己破産の違いとは?選び方やメリット・デメリットを解説

個人再生と自己破産の違いとは?選び方やメリット・デメリットを解説
個人再生と自己破産はどちらも債務整理の方法ですが、借金額や財産・収入の状況などで手続を選ぶことになります。しかし個人再生と自己破産の選択により、その後の結果は大きく異なるため、間違った選び方をしないためにもそれぞれの違いやメリット・デメリットを解説していきます。
借金返済の知識

支払督促の流れ|手続方法や必要書類・手続きにかかる費用を解説

支払督促の流れ|手続方法や必要書類・手続きにかかる費用を解説
支払督促とは、簡易裁判所を通して債務者などに支払いを命じる手続きです。裁判所にいかずとも手続きできる、費用も安価などが理由で、債権者が債務者に支払いを命じる場合の手段として多く使われます。債務者が支払督促を無視すると、債権者は債務者に対して強制執行を行えます。
個人再生

個人再生で反対する業者の割合は?反対する業者の3つの理由と対処法

個人再生で反対する業者の割合は?反対する業者の3つの理由と対処法
個人再生において業者(債権者)が反対する可能性があるのは「再生計画案」です。個人再生は利息だけでなく、元金も大きく減額する手続きであるため、反対する業者がいてもおかしくありません。そのため経験豊富な専門家と一緒にしっかり対策して手続きを行うことをおすすめします。
個人再生

個人再生はどんな流れで進む?相談から返済完了までの手続きを解説

個人再生はどんな流れで進む? 相談から返済完了までの 手続きを解説
個人再生の相談から返済完了までの手続きを解説します。個人再生は、専門家に依頼して準備する、裁判所で手続きをする、返済するという流れです。手続きが終わるまでで普通は1~2年、早くても半年です。その後の返済は原則3年で、合計4年程度かかります。
任意整理

任意整理の必要書類は3つ!専門家に依頼するならなくても手続き可能

任意整理に必要な3つの書類
自分で任意整理の手続をすることはハードルが高いと感じる場合、専門家に依頼することになりますが、その際の必要書類は3点で足ります。専門家に任意整理を相談したいときの必要書類とその準備方法、もしも書類がそろわないときにはどうすればいいのか解説していきます。
借金返済の知識

債務整理は自分でできるがリスクも大きい!手順とポイントを解説

債務整理は自分でできるがリスクも大きい!手順とポイントを解説
債務整理の手続きを行うには、裁判所や専門家への費用がかかります。自分で債務整理の手続きをしたほうが得するのではと考えるかもしれませんが、実際には損するケースが多くおすすめしません。この記事では、債務整理を自分で行う場合のデメリットと気になる費用について解説いたします。
借金返済の知識

シングルマザーの返済計画の立て方|借金問題の相談先はどこ?

シングルマザーの返済計画の立て方|借金問題の相談先はどこ?
シングルマザーの生活費の平均は約20万円であり、余裕のある生活とはいえないでしょう。ひとり親世帯が借金をした場合には、確実に返済できる余裕を持った返済計画を立てることが大切です。本記事では、シングルマザーが行うべき資産管理や返済計画について解説します。
自己破産

破産法とは?破産手続きの種類や流れについてわかりやすく解説

破産法とは?破産手続きの種類や流れについてわかりやすく解説
破産法とは破産手続きに関することを取り決めた法律で、この法律によって経済的な更生を図れるようになり、また債権者の平等も保たれています。破産法上、個人・法人の区別はありませんが、実務上は異なる点があります。この記事ではその違いや手続きの流れについて解説します。
自己破産

自己破産とは?メリット・デメリットや手続きの流れを徹底解説

自己破産とは?メリット・デメリットや手続きの流れを徹底解説
自己破産とは、裁判所に申立てることで、税金などの公金を除き、すべての借金の返済が免除される手続きです。債務整理の中で最も効力がある方法ですが、財産を失い、手続中に制限がかかる場合があります。この記事では、自己破産のメリットやデメリット、手続きの流れについて解説します。
任意整理

任意整理で辞任された場合の対処法は?原因ともう一度依頼する方法

任意整理で辞任された場合の対処法は?原因ともう一度依頼する方法
任意整理の手続きをしても、担当の弁護士や司法書士から辞任を受けると、任意整理の手続きができなくなるため注意が必要です。この記事では、任意整理で辞任された場合の対処法を解説いたします。また、辞任された原因ともう一度依頼する方法も解説するので併せてご確認ください。
借金返済の知識

借金滞納で差し押さえられる財産とは?差し押さえまでの流れも解説

借金滞納で差し押さえられる財産とは?差し押さえまでの流れも解説
差し押さえとは、債務者の財産を債権者が回収し、残債の支払いに充てることです。財産の差し押さえは債権者が勝手に行えるわけではなく、裁判所への申立て手続きが必要です。本記事では、借金の滞納から差し押さえが行われるまでの流れや差し押さえの対象になる財産を紹介します。
自己破産

医療費が原因で自己破産はできる?支払いが難しいときの対処法とは

医療費が原因で自己破産はできる?支払いが難しいときの対処法とは
医療費は借金のひとつなので、自己破産をすれば返済義務がなくなります。一方で、未払い分の医療費の内容によっては、自己破産が認められない恐れもあるのでご注意ください。本記事では、医療費が原因で自己破産できるのか、医療費の支払いが難しいときの対処法を解説します。
借金返済の知識

借金相談は市役所でできる!相談するメリットと借金相談の流れは?

借金相談は市役所でできる!相談するメリットと借金相談の流れは?
借金の苦しみは、一人で抱え込んでしまいがちな問題です。周りに相談したくても「誰に相談したら良いのか分からない」という方は、市役所での相談をおすすめします。ただし、市役所の相談は時間制限や回数制限があります。この記事では、市役所でできる借金相談について詳しく解説します。
借金返済の知識

債務整理をしたら、借金の請求は停止する?停止するのはいつから?

債務整理をしたら、借金の請求は停止する?停止するのはいつから?
債務整理を専門家に依頼した場合に、依頼後に受任通知を送付してもらえますので、数日後には請求が停止します。請求が停止している間は、依頼費用や裁判所への申立て費用のために積み立てておきましょう。なお、自身で債務整理をする場合には停止まで数ヶ月かかるので注意しましょう。
自己破産

自己破産はどこまで調べられる?財産がバレる理由と財産隠しの危険性を解説

自己破産はどこまで調べられる?財産がバレる理由と財産隠しの危険性を解説
自己破産は財産を失う代わりに全ての借金が免除される制度です。そのため、どこまで財産を調べられるのか気になる方も多いでしょう。自己破産は、債務者の財産を換価処分して債権者に分配するため徹底的に調べられます。この記事では自己破産でどこまで調べられるかを解説いたします。
借金返済の知識

ブラックリストの確認方法とは?手順や載る条件についてわかりやすく解説

ブラックリストの確認方法とは?手順や載る条件についてわかりやすく解説
カードやローンの支払いが遅れたとき、ブラックリストに載っているか不安になるものでしょうが、開示請求すれば情報確認できます。そこで、ブラックリスト状態か不安を抱える方のために、ブラックリストの確認方法やその手順、載る条件について詳しく解説していきます。
時効の援用

NHK受信料の時効援用はできる?時効成立の要件や手続きの流れとは

NHK受信料の時効援用はできる?時効成立の要件や手続きの流れとは
NHKの受信料は時効援用可能です。滞納日から5年以上経過しているNHKの受信料は時効援用の手続きにより返済義務をなくせる可能性があります。ただし、受信料の時効は中断、更新される場合もあるので注意が必要です。NHKの受信料を時効援用するための条件を解説します。
借金返済の知識

CICの信用情報開示はどこまでわかる?請求の方法と共に解説

CICの信用情報開示はどこまでわかる?請求の方法と共に解説
CICに信用情報開示請求をすればどこまでわかるのか知りたい人はいませんか。CICでは、クレジットカードの利用実績や申し込み記録、ローンの返済状況がわかります。本記事では、CICの信用情報開示でどこまでわかるのか、開示請求の方法をわかりやすく解説します。
自己破産

自己破産をしても住宅ローンは組める?今の家に住み続ける方法とは?

自己破産しても住宅ローンは組める?
自己破産をするとブラックリストに情報が登録されるため、10年程度は住宅ローンを組めなくなるので注意が必要です。この記事では、自己破産後に住宅ローンの審査に通りやすくなる方法、家を手放さずに借金を整理する方法などについてわかりやすく解説していきます。
自己破産

自己破産の手続きと流れについて司法書士が解説!

自己破産の手続きと流れについて司法書士が解説!
自己破産の手続きは非常に複雑です。多くの場合は専門家に依頼することになりますが、ご自身でも手続きの内容を理解しておけば、全く知らないよりは先の見通しが立てやすく、またスムーズに進められるのではないでしょうか。自己破産手続きの全体像を見てみましょう。
自己破産

ギャンブルの借金は自己破産できない?自己破産が認められるケース

ギャンブルの借金も自己破産できる?
自己破産の免責不許可事由にはギャンブルも含まれます。しかし、ギャンブルが原因の借金でも自己破産ができるケースはあります。ただし、免責不許可事由に当てはまる自己破産の場合、ほとんどが「管財事件」になります。費用もハードルも高くなりますので注意が必要です。
自己破産

無職でも自己破産はできる!自己破産にかかる費用と注意点

無職で自己破産
自己破産ができるかどうかに職の有無は関係ないため、無職でも自己破産は可能です。自己破産を考える際、気になるのは「無職でもできるのか?」ということですよね。この記事では、自己破産ができる条件や、費用が用意できない場合の手段、自己破産をする際の注意点について解説します。
自己破産

生活保護を受けていても自己破産できる!生活保護への影響はある?

生活保護を受けていても自己破産できる!生活保護への影響はある?
生活保護受給者も自己破産を行えます。生活保護費で借金の返済はできないので、自己破産をするのであれば早めに決断してしまうのが良いでしょう。また、生活保護受給者は自己破産以外の債務整理はできません。生活保護中に自己破産をするときの手続きや注意点を解説していきます。
借金返済の知識

借金返済するには一本化するべき?具体的な手続き方法や審査基準・注意点を解説

借金は一本化するべき?具体的な手続き方法や審査基準・注意点を解説
借金の一本化とは、金融機関が提供する「おまとめローン」などを用いて、複数社からの借金を一社にまとめ、“一本化”することです。借金の一本化のメリット・デメリットから審査を通すコツなどについて解説します。その前に自身の状況に適しているかを確認することが大切です。
借金返済の知識

債務整理の種類は4つ!どの方法なら生活に影響が少ないのか

債務整理の種類は4つ!どの方法なら生活に影響が少ないのか
ひとくちに債務整理といっても、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類があります。それぞれ一長一短があり、どの種類の手続きがベストなのかは個々人の状況によります。ここでは、債務整理の種類についての特徴と、どんな類型の方にお勧めなのかを説明します。
借金問題でお悩みの方へ
TOPへ