「過払い金 計算」の検索結果

解決事例

【過払い】返済中であったが引き直し計算をしたら過払い金が出たケース

【過払い】返済中であったが引き直し計算をしたら過払い金が出たケース
30代、男性、40万円の過払い金が戻ってきたケースを紹介しております。今回紹介しているのは、借入期間と返済状況から、もしかしたら過払い金が発生しているかもしれないと考え、過払い調査を受任。債権者自ら引き直し計算をした取引履歴を送ってきてくれたケースです。
過払い

過払い金は自分で計算できる?過払い金が発生するケースと計算方法

過払い金は自分で計算できる?過払い金が発生するケースと計算方法
過払い金請求をすれば、借入額や時期、金利によっては、多額の過払い金が返ってくる可能性があります。では、この過払い金はどのように計算するのでしょうか。この記事では、過払い金が発生するケースや計算方法について解説しますのでぜひ参考にしてください。
過払い

過払い金請求の期限はいつからいつまで?期限が近い時の対処法

過払い金請求の期限はいつからいつまで?期限が近い時の対処法
過払い金とは、払いすぎた利息で、請求すれば返還してもらうことが可能です。自分の借金には過払い金が発生していたのか、まだ、過払い金を請求できるのか気になりますよね。この記事では過払い金が発生する期間や、時効が迫っているときの対処法などについて解説します。
過払い

過払い金請求はどこに頼む?相談先の種類や選び方をわかりやすく解説

過払い金請求はどこに頼む?相談先の種類や選び方をわかりやすく解説
過払い金が発生している場合、本人でも手続できますが、返還までに多大な労力や時間がかかることもあります。そのため過払い金請求に強い司法書士などに手続を依頼するべきといえますが、具体的にどこに頼むとよいのか、相談先の種類や選び方について解説していきます。
過払い

過払い金請求でかかる費用とは?相場や手数料を安く抑えるコツを解説

過払い金請求でかかる費用とは?相場や手数料を安く抑えるコツを解説
過払い金を請求したいけれど、費用が気になって一歩踏み出せないこともあるでしょう。過払い金は本人が返還請求することもできますが、専門家に依頼したほうが費用を安く抑えることができます。そこで、過払い金請求の費用相場や手数料を安く抑えるコツについて説明していきます。
過払い

過払い金の返還を受けたら確定申告は必要?必要なケースと申告方法

過払い金の返還を受けたら確定申告は必要?必要なケースと申告方法
返還された過払い金には税金がかからないため、確定申告は必要ありません。一方、過払い金返還時に利息も受け取り、それが20万円を超える場合には確定申告が必要です。この記事では、過払い金に対する利息の確定申告方法や注意点などについて解説しています。
過払い

引き直し計算とは?行う目的や計算方法について解説

引き直し計算とは?行う目的や計算方法について解説
引き直し計算とは、過去の取引履歴を利息制限法に基づいて計算し直すことで、過払い金の計算などに用います。引き直し計算は、取引履歴を確認しながらツールを利用すれば誰でも計算することができますが、正確な計算をするためには、専門家に依頼をすることをおすすめします。
過払い

過払い金返還の請求件数と推移を解説!時効と適用されるポイント

過払い金返還の請求件数と推移を解説!時効と適用されるポイント
以前の借金で余分に支払った利息が戻ってくる可能性がある過払い金。この記事では、過払金の請求件数と推移について解説いたします。また、過払い金の時効と回収のためのポイントについても解説するので、これから過払い金の請求を考えている方はチェックしましょう。
過払い

過払い金の裁判の期間は長いって本当?手続きから入金の流れを解説

過払い金の裁判の期間は長いって本当?手続きから入金の流れを解説
2023年現在でも、まだまだ続いている過払い金の返還。この記事では、裁判で過払い金を返還してもらえるケースについて詳しく解説いたします。また、期間の長さや手続きから入金の流れも解説するので、これから過払い金の相談を考えている方はご参考にしてください。
過払い

過払い金が戻ってこない8つのケース|請求できる条件とは?

過払い金が戻ってこない8つのケース|請求できる条件とは?
利息制限法を超える利息を支払い続けていた場合、払いすぎた利息を「過払い金」として請求することができます。しかし、借入先や状況によっては過払い金を請求できなくなるケースもあります。この記事では過払い金が戻ってこないケースについて解説いたします。
借金問題でお悩みの方へ

TOPへ