任意整理|利息をカットして借金減額

任意整理とは、債務整理の一種で、債権者(お金を貸している側。消費者金融や銀行など)と交渉することで利息をカットしてもらい、返済額を減額する手続きです。

任意整理と他の債務整理(個人再生や自己破産)を比較したメリットは、主に以下の通りです。

任意整理のメリット

  1. 裁判所を通した手続きではなく債権者(お金を貸している人)と債務者(お金を借りている人)同士で話し合う
  2. 裁判所を通さないので手続きが簡易的
  3. 財産を失うリスクはない
  4. 任意整理をしても官報に載ることはない

上記のようなメリットがある一方で、任意整理は債権者が合意しない場合など失敗してしまうなどのデメリットもあります。
任意整理のデメリットは、下記の通りです。

任意整理のデメリット

  1. ブラックリストに載る
  2. 借金の元金は減らない
  3. 月々の返済額が増える可能性がある
  4. 収入が少ないと任意整理に応じてもらえない可能性がある
  5. そもそも債権者の合意がなければ手続きができない

他の債務整理同様に任意整理を行うと、信用情報機関に事故情報が掲載されブラックリストに入ってしまいます。
信用情報機関のブラックリストは借金完済後5~10年たたないと消去されないので、任意整理後5~10年間はクレジットカードの作成やローンを組むことは難しいと思っておきましょう。

また、任意整理をするには以下の条件を満たさなければなりません。

  1. 1.安定した一定の収入があること
  2. 2.利息カット後の元金を3~5年で完済できる目処があること
  3. 3.今後も必ず返済するという意志があること

上記を満たさない場合には、任意整理を行うことはできないので個人再生や自己破産など他の債務整理も検討する必要があるでしょう。

任意整理の手続きの流れは、下記の通りです。

  1. 1.専門家へ依頼
  2. 2.受任通知の送付
  3. 3.和解内容の提案・引き直し計算
  4. 4.和解案の作成
  5. 5.和解交渉
  6. 6.和解成立
  7. 7.和解書の取り交わし

上記を見てわかるように、任意整理は裁判所を通す手続きではなく、債権者と債務者の和解によって成立します。
とはいえ、当事者同士で話し合い和解するのは難しいので、任意整理を行う場合には精通した司法書士や弁護士に相談するのが良いでしょう。

グリーン司法書士法人では、任意整理を始めとした債務整理に関する相談をお受けしています。
初回相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

任意整理

ブラックリストでも賃貸に引越しは可能!入居審査に通りやすい物件とは?

ブラックリストでも賃貸に引っ越しは可能!入居審査に通りやすい物件とは?
借金を返済できずブラックリストに登録されると、引っ越しの際に審査に落ちやすくなってしまいます。しかし、審査には落ちやすくなるものの引っ越し自体は可能です。ブラックリスト入り後に賃貸住宅に引っ越す方法や審査に落ちたときの対処法を解説していきます。
任意整理

株で借金をしたときの対処法まとめ|借金しない取引方法も紹介

株で借金をしたときの対処法まとめ|借金しない取引方法も紹介
株式投資をしていく中で借金に手を出してしまうと利息が膨らみ返済できなくなる場合があります。現物取引を行う場合には借金を抱えることはありません。信用取引や株式の購入費用を借金で用意した場合にのみ借金を抱える恐れがあります。株で借金をしたときの対処法を確認しましょう。
任意整理

任意整理完済後は何年でローン利用が可能?ブラックリスト解消までの年数とタイミング

任意整理完済後は何年でローン利用が可能?ブラックリスト解消までの年数とタイミング
任意整理で完済後、5年ほど経てば借り入れできる可能性は高くなります。本当に信用情報から事故情報が消滅しているか不安なときには、信用情報を開示請求することをおススメします。ただし任意整理で完済後に5年経過して新たな借り入れをするなら、計画的に上手に利用することが必要です。
任意整理

任意整理中に過払い金が発生するケースを司法書士がわかりやすく解説

典型的な過払い金請求と任意整理中に過払い金が発生するケースの違い
任意整理中に過払い金が出た場合は、希望すれば本人へ返金するのが原則です。しかし、任意整理で発生した過払い金を残った債務の返済に充てれば、より早期の完済を目指しやすくなります。より良い条件で債権者との交渉をまとめるために、有効活用できる返済計画を立てましょう。
任意整理

任意整理の費用相場はいくら?費用の抑え方や支払いタイミング

任意整理の費用相場を調査!払えない場合でも利用することは可能?
任意整理には費用がかかりますが、自己破産や個人再生よりもデメリットが少ない債務整理です。任意整理の費用相場は5~10万円程度であり、司法書士に依頼するよりも弁護士に依頼する方が高くなるケースが多いです。任意整理の費用相場や支払いタイミングなどを解説します。
任意整理

借金をなくせる任意整理とは?メリット・デメリットや向いている人

任意整理とは?メリット・デメリットや任意整理が向いている人を解説
任意整理とは、将来の利息をカットし、返済額を減額する手続きです。任意整理は個人再生や自己破産のように裁判所を通すことなく返済額の減額ができる、手軽でリスクが少ない債務整理です。この記事では、任意整理とは何か、条件やメリット・デメリットについても解説していきます。
任意整理

3つの任意整理体験談から学ぶ、借金減額方法とは?具体的な数字で実証

任意整理の体験談
実際に任意整理をしたらどうなるのか、メリットがあったのか、体験談を聞く機会はなかなかないので不安ですよね。グリーン司法書士法人は、これまで債務整理に関する相談を​1万件以上​受けてきました。今回は、そのご相談者様の体験談をいくつか紹介いたします。
任意整理

会社も任意整理は可能!成功させるためのポイントとは?

会社も任意整理は可能!成功させるためのポイントとは?
会社の任意整理は経営再建する方法のうちの一つと言えます。会社が任意整理を成功させることができるかは、銀行など借入先を説得し、納得してもらう必要があります。事業の再建計画や返済計画を立てるためには、交渉経験が豊富な専門家に相談したほうがいいでしょう。
任意整理

任意整理と個人再生の違いとは?どちらを選ぶか迷ったときの6つの基準

任意整理と個人再生の違いとは?
「任意整理」と「個人再生」のそれぞれの特徴と違いについて解説します。任意整理と個人再生はどちらも債務整理です。任意整理は手続きにかかる手間やコストは少ないですが、多額の借金の債務整理には不向きです。個人再生は手続きに手間はかかりますが、借金を5分の1程度に減らせます。
任意整理

任意整理の無料相談窓口6つ|司法書士に相談するメリットとは?

任意整理の無料相談をする方法
任意整理など、借金に関する法律相談は司法書士事務所などで無料で受け付けています。司法書士をはじめとする専門家に依頼することで成功率が格段に上がりますし、そもそも専門家がついていなければ債権者が任意整理に応じてくれないこともあります。是非無料相談をしてみましょう。
任意整理

任意整理でカットされる利息|カットされないケースやカットするコツ

任意整理でカットされる利息
任意整理では、自己破産や個人再生のような裁判所で手続きする債務整理とは異なり、借金の元金が減額されることはありません。この記事では、任意整理でカットされる利息・任意整理で利息がカットされた事例・任意整理で利息がカットされないケースなどについて解説します。
任意整理

任意整理をしたときの保証人への影響とは?影響を最小限にする方法

任意整理をしたときの保証人への影響とは?
借金を整理しようとしても、保証人がついている場合、保証人への影響が気になりますね。借金整理の方法はいくつかありますが、任意整理は保証人への影響が最も少ない方法です。この記事では、任意整理における保証人への影響や、それを最小限にする対処法をお伝えします。
任意整理

任意整理でブラックリストはいつからいつまで?信用情報に影響する期間とは

任意整理でブラックリストはいつからいつまで?
任意整理をすると、信用情報機関に事故情報として記録されます。これを俗にブラックリスト入りと言います。ブラックリストに登録される期間は5~10年で期間中はクレジットカードの作成などができません。任意整理でブラックリストに登録された際の影響を解説します。
任意整理

任意整理の必要書類は3つ!専門家に依頼するならなくても手続き可能

任意整理に必要な3つの書類
自分で任意整理の手続をすることはハードルが高いと感じる場合、専門家に依頼することになりますが、その際の必要書類は3点で足ります。専門家に任意整理を相談したいときの必要書類とその準備方法、もしも書類がそろわないときにはどうすればいいのか解説していきます。
任意整理

奨学金は任意整理できる?支払いで困ったときの救済制度を徹底解説!

任意整理で奨学金は任意整理できる?奨学金の支払いで困ったときの救済制度を徹底解説!
奨学金の返済に対する悩みは、身近でありがちな問題のひとつです。しかし、奨学金そのものは任意整理には向きません。奨学金自体は任意整理にむかない理由、奨学金の返済に困ったとき利用できる日本学生支援機構の救済制度、救済制度を頼れないときの債務整理の方法について説明します。
任意整理

任意整理で完済後にローン利用が可能となるまでに必要な期間

任意整理で完済後にローン利用が可能となるまでに必要な期間
任意整理で完済しても、すぐに信用情報が回復するわけではありません。任意整理したときにはローン利用が可能となるまで、完済してから少なくとも5年経過する必要があります。5年というのは目安ですので、信用情報機関に開示請求をして現在の状況を確認したほうがよいといえます。
任意整理

2回目の任意整理はできる?2回目のポイントとできない場合の対処法

2回目の任意整理はできる?2回目のポイントとできない場合の対処法
2回目の任意整理は可能ですが、一回目より難しいことは間違いありません。債権者としては何度も借金の返済ができなくなる人の交渉には応じたくないと考えるからです。そんなときも、スキルとノウハウのある専門家に依頼すれば2回目の任意整理であっても成功する確率は高くなるでしょう。
任意整理

【司法書士監修】任意整理が失敗するケースとは|成功するためのコツ

任意整理が失敗するケースとは
任意整理は、他の債務整理手段に比べてリスクや手間が少ないため、借金の返済が難しいときに検討する方も多いでしょう。しかし、任意整理は債権者と交渉して行うものですので、失敗するケースも少なくありません。任意整理が失敗しやすいケースや、失敗しないためのコツについて解説します。
任意整理

任意整理後に一括返済は可能|一括返済のメリットデメリットと注意点

任意整理後に一括返済は可能|一括返済のメリットデメリットと注意点
任意整理をした後に一括返済することは可能です。ただし、一括返済によって他社への返済が滞ったり、家計が苦しくなっては意味がありません。借金から早く解放されたい気持ちは分かりますが、一括返済は慎重に行いましょう。この記事では一括返済の注意点を詳しく解説しています。
任意整理

任意整理後に滞納したらどうなる?支払えない時の対処法とは

任意整理後に滞納したらどうなる?
和解をした後に返済が困難になることはあり得ます。これを放置すると債権者からの印象がさらに悪くなり、和解が無効となり一括返済を求められることになります。しかし再度の和解が不可能というわけではありません。対処方法を説明しますので是非参考にしてください。
任意整理

任意整理のデメリット・メリットについて|向いている人の特徴は?

任意整理のデメリットや影響とは?
任意整理をしたいけれど、どんなデメリットがあるのか、メリットと比べてどうなのかと気になる方も多いでしょう。任意整理は自己破産よりもデメリットが少ない手続であり、これで解決する場合も多いです。この記事が、任意整理を開始する判断の手助けになることを願います。
任意整理

任意整理は賃貸契約に影響ある?任意整理前に知っておきたい注意点

任意整理は賃貸住宅に影響ある?
任意整理をしたことで、賃貸契約ができなくなったり、現在の賃貸契約を解除されたりすることはありません。しかし、全く影響がないわけではなく、注意すべきことなどはいくつかあります。そこで、任意整理が賃貸契約に与える影響と注意点について解説していきます。
任意整理

無職でも任意整理は可能?収入がなくてもできる方法を徹底解説

無職でも任意整理は可能?収入がなくてもできる方法を徹底解説
無職でも、今後は就職する予定があるなど安定した収入の見込みがあれば、任意整理により借金の整理が可能です。ただしすべての無職の方ができる手続ではなく、状況によっては任意整理ではない他の方法を選んだほうが良い場合もありますので、専門家へご相談ください。
任意整理

任意整理をすると口座が凍結される?凍結前の対策をチェックしよう

任意整理をすると口座が凍結される?
任意整理の対象に銀行のカードローンがある方は、一定期間銀行口座が凍結されてしまう可能性があります。口座凍結の可能性があるならば、事前に預金を全額引き出すなど様々な対処が必要です。任意整理を検討している方は、口座凍結の影響と対処法について知っておきましょう。
任意整理

任意整理をした後でも住宅ローンは組める?喪明け審査のポイントを紹介!

任意整理をした後でも住宅ローンは組める?喪明け審査のポイントを紹介!
任意整理をした後は、一定期間住宅ローンを組めなくなります。クレジットカードのローンや車のローンなども同様です。任意整理すると信用情報機関に事故情報が登録されるからです。任意整理後に住宅ローンの審査を通過するためのコツや住宅ローンを組めない期間を紹介していきます。
任意整理

任意整理手続にかかる期間の解説とその短縮のための段階ごとの注意点

任意整理手続にかかる期間の解説
任意整理にかかる期間は、最短3か月です。債権者と和解をまとめて、それに従って返済をしていくという手続です。この記事では、任意整理の相談から完済まで、各段階にどの程度の時間がかかるのかを解説します。その期間が長引く原因と対処法についても、段階ごとに詳しく説明します。
任意整理

任意整理の流れと注意点の全てが一目で分かる詳細かつ簡単な解説

任意整理の流れと注意点
任意整理は債権者と交渉することで将来の利息をカットしてもらい、返済額を減額する手続きです。任意整理を成功させるには、自分が主体となって手続きを進めていく意識が大切です。本記事では、任意整理の流れと注意点のすべてをわかりやすく解説していきます。
任意整理

任意整理するとクレジットカードはどうなるのか?専門家が徹底解説!

任意整理するとクレジットカードはどうなる?
任意整理するとクレジットカードはどうなるのか?専門家が徹底解説します!任意整理すると、クレジットカードは利用できなくなりますが、毎月かかっている利息をカットもしくは減額し、3年から5年程度の長期の分割払いで支払う内容にリスケジュールされます。

よくあるご質問

任意整理と債務整理の違いは?
債務整理は借金を整理するための法的手段の総称です。その具体的な方法のひとつが任意整理です。
任意整理は何年で事故情報が消える?
任意整理で手続き後、借金完済して5年程度で消えます。
債務整理をすると何年ローンが組めない?
個人再生・自己破産は5~10年程度、任意整理は5年程度です。
任意整理の年間件数は?
正式な件数は発表されていませんが、150万件~250万件ほどといわれています。
債務整理後何年でカードが作れますか?
債務整理後にローンが組めるようになるには借金を完済した日から約5~10年後で、信用情報機関の登録から情報が消える必要があります。
借金に関する年間相談件数4720件超!土日祝日対応!