任意整理を司法書士に無料相談する方法|相談先や相談方法を解説

   山田 愼一

監修者:グリーン司法書士法人   山田 愼一
所属東京司法書士会登録番号東京第8849号東京都行政書士会所属会員番号第14026号
保有資格司法書士・行政書士・家族信託専門士・M&Aシニアエキスパート
関連書籍「世界一やさしい家族信託」著者・「はじめての相続」監修など多数

任意整理
任意整理の無料相談をする方法

借金の支払いが厳しく、任意整理を検討している方もいらっしゃるでしょう。

任意整理をする方の多くは、司法書士などの専門家に依頼しています。専門家に依頼することで成功率が格段に上がりますし、そもそも専門家がついていなければ債権者が任意整理に応じてくれないこともあるからです。

しかし、「専門家に相談」となると、費用面で不安がありますよね。ただでさえ、借金の返済で苦しい中で、相談費用を捻出するのは避けたいでしょう。

実は、任意整理など、借金に関する法律相談は無料で受け付けている機関が多くあります。

そこでこの記事では、任意整理について無料で相談できる相談先について解説しています。

借金返済ノウハウを運営するグリーン司法書士法人でも無料相談が可能ですので、ぜひご検討ください!

1章 任意整理の相談は「無料相談」がおすすめ

任意整理を検討している方は、少なからず金銭面で苦しい思いをされているでしょう。

そんな中、まだ依頼するか決めていない司法書士や弁護士などにお金を払って相談に行くのははばかられますよね。

そのような事情を汲んで、「初回の相談は無料」「借金に関する相談は無料」としている司法書士事務所・法律事務所は多く存在します。

また、事務所以外にも借金に関する相談を無料で受け付けてくれる機関もいくつかあります。

そのため、任意整理に関する相談は、無料で相談できるところを選んで相談するのが良いでしょう。

次章では、無料相談ができる機関について解説しますので、参考にしてください。

2章 任意整理の無料相談ができる6つの相談先

任意整理について無料相談ができるのは主に以下の6つです。

  • 司法書士事務所
  • 弁護士事務所
  • 法テラス
  • 日本貸金業協会
  • 日本クレジットカウンセリング協会
  • 市の法律相談

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

2−1 司法書士事務所

多くの司法書士事務所は、任意整理を含む借金問題の相談を「初回相談無料」など無料で設定しています。

「司法書士と弁護士どちらがいいの?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実務をする上でそれほど変わりはありません。

一点、司法書士の場合、1社あたり140万円未満の借金でないと代理人として任意整理の交渉をすることができません。

とはいえ、1社あたり140万円以上の借金をしている方はそれほど多くないかと思います。

司法書士は弁護士よりも費用が安価な傾向にありますし、借金問題に注力している事務所も多いですので、任意整理の相談先としては最もおすすめです。

2−1−1 司法書士事務所への相談のハードルが高いなら「司法書士総合相談センター」もおすすめ!

なお、「司法書士事務所にいきなり相談するのはハードルが高い…」という方は、日本司法書士連合会が運営する「司法書士総合相談センター」に相談してみるのも良いでしょう。連合会の会員である司法書士が相談に乗ってくれます。

原則として、1時間あたり5,500円程度の相談料がかかりますが、無料相談を実施しているセンターも多くあり、電話での無料相談にも応じているところもあります。

2−2 弁護士事務所

司法書士事務所と同様、法律事務所についても借金問題の相談を「初回相談無料」など、無料で設定しているところが多くあります。

司法書士と異なり、借金額に関わらず代理人として任意整理の交渉を進めることができます。

ただし、弁護士の業務範囲は多岐にわたり、事務所や弁護士によって分野ごとに得手不得手があります。

任意整理の交渉は、専門的な知識とノウハウが必要ですので、弁護士事務所に相談する際には「債務整理の経験が豊富か」をHPなどの実績・解決事例を見て確認してから事務所を選ぶようにしましょう。

2−2−1 弁護士事務所への相談のハードルが高いなら「弁護士会の法律相談センター」もおすすめ!

司法書士と同じように弁護士連合会も法律相談センターを運営しており、会員の弁護士が相談に応じてくれます。

面談での相談の場合、30分あたり5,500円程度の相談料がかかりますが、相談内容によっては初回相談が無料になるケースや、無料電話相談を受け付けているセンターもあります。

気になる方は、お近くの法律相談センターに問い合わせてみましょう。

2−3 法テラス

法テラスとは、国が設立した法律相談機関で、正式には「日本司法支援センター」と言います。

法テラスでは、法律に関する無料相談を受け付けている他、弁護士・司法書士の斡旋、弁護士・司法書士費用の立て替えなどを行っています。

法テラスを利用するには収入面など一定の要件がありますが、低所得者であっても専門家に相談・依頼できるよう設立された機関ですので、借金問題でお困りであれば一度問い合わせて見るのも良いでしょう。

ただし、法テラスに相談した場合、自身で専門家を選んで依頼することはできません。場合によっては借金問題に明るくない専門家を斡旋されることもあるので、その点は留意しておく必要があります。

【法テラスの利用条件】

  • 収入等が一定額以下であること
    法テラスが定める資力基準を満たしていなければいけません。(資力基準については下記参照)
  • 勝訴の見込みがないとは言えないこと
    和解・調停・示談などによって解決する見込み、自己破産の免責見込みがなければいけません。
  • 民事法律扶助の趣旨に適していること
    報復感情を満たすためや、宣伝、権利濫用を目的としている場合には利用できません。

【資力基準】

  • 収入要件
    申込者及び、配偶者の手取り月収が以下の表の基準を満たしていることが要件となります。ただし、配偶者以外にも同居している家族がいる場合、その家族の家計貢献の範囲によって収入に合算されます。
人数手取り収入の基準(※2)家賃または住宅ローンを負担している場合に加算できる限度額(※3)
1人18万2,000円以下(20万200円以下)4万1,000円以下(5万3,000円以下)
2人25万1,000円以下(27万6,100円以下)5万3,000円以下(6万8,000円以下)
3人27万2,000円以下(29万9,200円以下)6万6,000円以下(8万5,000円以下)
4人29万9,000円以下(32万8,900円以下)7万1,000円以下(9万2,000円以下)

(※1)東京・大阪など、生活保護一等地に居住している場合()内の基準を適用。同居家族が5人以上の場合、同居家族が1人増加するたびに基準額に30,000円(33,000円)が加算されます。
(※2)申込者などが家賃または住宅ローンを負担している場合、基準表の額の限度に、負担額を基準に加算可能。居住地が東京都特別区の場合、()内の基準が適用されます。
(参照)法テラス

2−4 日本貸金業協会

日本貸金業協会では、貸金業に関する相談を無料で受け付けています。

  • 「借金の整理方法が分からない」
  • 「多額の借金を抱えていて困っている」

といった相談に対して、アドバイスや情報提供、相談機関の紹介などをしてくれる他、ギャンブル依存症や浪費癖などお困りの方には、再発防止のための「生活再建支援カウンセリング」も無料で行ってくれます。

また、費用はかかりますが、日本貸金業協会に所属する紛争解決委員(弁護士)が仲介に入り貸金業者との紛争に対応してくれるサービスもあります。

2−5 日本クレジットカウンセリング協会

日本クレジットカウンセリング協会では、消費者金融での借金やカードローンなどに関する相談を受け付けており、電話または面談で無料相談が可能です。

希望する方には、任意整理も無料で行ってくれるケースもあります。

悩む男性
悩む男性
無料で任意整理の相談できるの?でも近くに相談する場所がないな...
司法書士
司法書士
クレジットカウンセリング協会で相談するには、相談者が来社する必要があります。そのため、近くに相談場所がない場合には注意が必要です。

オンライン相談でご自宅から相談が可能!

電話で無料相談する

ご相談は24時間対応!
メールで相談する

2−6 市の法律相談

各市区町村では、定期的に無料の法律相談を実施しており、その地域の弁護士に相談することができます。

開催日や相談方法は各市区町村によって異なりますので、お住いの市区町村のHPで確認してみましょう。

3章 任意整理の無料相談は司法書士がおすすめ!

2章では任意整理の無料相談ができる相談先を紹介しましたが、その中でもおすすめなのが司法書士です。

ここでは、その理由について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

3−1 自分で依頼する司法書士を選べる

せっかく専門家に依頼するのであれば、「債務整理を得意としている専門家」「自分とフィーリングのあう専門家」に依頼したいですよね。

公的機関や各協会で相談する場合、相談に対応してくれる専門家を原則として選ぶことができませんので、担当した専門家が自身と合わないこともあるでしょう。

また、登録している専門家の中から、空いている人が対応してくれる形式であることがほとんどであり、その専門家が債務整理に詳しいとは限りません。

司法書士事務所の無料相談であれば、事前に実績や過去の事例を確認して相談先を選ぶことができますし、信頼できる司法書士を見つけるまで相談することができます。

3−2 借金問題に関するアドバイスをもらえる

司法書士の主な業務のうちの1つが借金問題です。

そのため、弁護士に比べて借金問題に注力している事務所・司法書士が多い傾向にあります。

任意整理に関することはもちろん、借金に関することであれば適切なアドバイスを受けることができるでしょう。

3−3 過払い金の計算をしてもらえる

司法書士に依頼をすれば、任意整理の手続きと併せて、過払い金の有無を調査し、計算してくれます。

過払い金とは、利息上限法の上限を超えた金利により、本来支払わなくて良いにも関わらず支払ってしまった利息のことです。

過払い金が発生していた場合には、任意整理の交渉と同時に過払い金の返還請求もしてくれますので、借金が大幅に減額することもあります。また、もし借金以上の過払い金が発生していた場合には、借金が0になるだけでなく、手元にお金が戻ってくることとなります。

3−4 任意整理の手続きを代行してもらえる

任意整理の手続き・交渉を代理人として代行できるのは、司法書士と弁護士のみです。

任意整理は、債権者と法律の話を踏まえて交渉しなければいけないですし、そもそも専門家の仲介がなければ交渉に応じてもらえないこともあるため、専門家のサポートなしで成功するのは非常に難しい手続きです。

司法書士に依頼をすれば、代理人として任意整理の手続きから交渉まで任せることができます。

なお、司法書士は1社につき140万円以下の債権のみ対応可能です。

4章 任意整理のご相談ならグリーン司法書士法人にお任せください!

グリーン司法書士法人は、これまで多くの借金問題に対応してまいりました。

任意整理の手続き・交渉の実績も豊富です。

また、グリーン司法書士法人には以下のような強みがございます。

  • 初回相談90分無料
  • オンライン相談可能
  • 債務整理に強い司法書士事務所
  • 明瞭な料金体系で安心
  • 依頼者に寄り添った丁寧な対応と提案
  • 充実のアフターフォロー

任意整理に関してのご相談を希望される方は、ぜひグリーン司法書士法人をご利用ください。

4−1 初回相談90分無料

当事務所の初回相談は90分まで無料です。

任意整理をするべきか?
信頼できる司法書士を探している
まずは専門家のアドバイスがほしい
わからないことを丁寧に教えてほしい

という方は、ぜひ無料相談をご利用ください。

なお、当事務所の相談室は完全個室でございます。プライバシーについてもしっかりと対策しておりますので、安心してご相談ください。

【対応体制】
営業時間:平日 9:00〜20:00 土日 10:00〜17:00
事前にご予約いただければ営業時間外や祝日の対応も可能です。お気軽にお申し付けください。

4−2 オンライン相談可能

当事務所では、テレビ会議システムを利用したオンラインでのご相談も受け付けております。

ご来所が難しい方や、気軽に相談したいという方もぜひご利用ください。

なお、オンライン面談に際して、アプリのダウンロードやアカウントの作成は不要ですので、お気軽にご利用いただけます。

4−3 債務整理に強い司法書士事務所

当事務所では、これまで債務整理に関するご相談を累計7,000件以上対応して参りました。このような豊富な実績と経験から、債務整理に関する対応に自信があります!

これまで得た経験とノウハウを事務所内で共有し、どのような案件であっても迅速かつ的確に対応できるよう、万全の体制を整えておりますので安心してご相談ください。

4−4 着手金無料・分割払い可能|明瞭な料金体系で安心!

当事務所では、安心してご依頼いただけるよう、明瞭な料金体系をご用意しております。

任意整理など、借金問題に関するご依頼は、着手金無料で、報酬金については分割払いでのお支払いが可能です。

無料相談時に、分かりやすいお見積りを提示させていただきますのでご安心ください。

任意整理の無料相談ならグリーンへ

     
任意整理の無料相談ならグリーンへ
電話相談は9:00~20:00(土日祝10:00~17:00)で受付中です。「借金返済のブログをみた」とお問い合わせいただけるとスムーズです。相談ではなく、まずはどれくらい減らせるか知りたいという方は、借金返済無料診断をご利用ください。


お気軽にお問い合わせください!

LINEでもお問い合わせ可能!
お友達登録はこちら

  • LINEで送る
借金に関する年間相談件数4720件超!土日祝日対応!