債務整理や借金は司法書士に相談すべき?弁護士との違いとは?

   司法書士山田 愼一

監修者:グリーン司法書士法人   山田 愼一
【所属】東京司法書士会 登録番号東京第8849号 / 東京都行政書士会所属 会員番号第14026号 【保有資格】司法書士・行政書士・家族信託専門士・M&Aシニアエキスパート 【関連書籍】「世界一やさしい家族信託」著者・「はじめての相続」監修など多数

借金返済の知識
司法書士の業務範囲

この記事は約 11 分で読めます。

悩む男性
悩む男性
債務整理は司法書士と弁護士のどちらに相談すれば良いの?
司法書士
司法書士
基本的には、費用相場が安い司法書士に相談するのが良いでしょう。

借金の返済に関する相談窓口はいくつかありますが、自力での借金返済が難しく債務整理を検討している場合には司法書士もしくは弁護士に相談するのが良いでしょう。
司法書士と弁護士はどちらも債務整理を代行できる専門家ですが、費用相場や扱える案件に違いがあります。

結論から言うと、司法書士の方が弁護士よりも費用相場が安くおすすめです。
また、債務整理に特化した司法書士が多い一方で、弁護士の中には離婚や交通事故、法人の法律問題など業務範囲が多岐にわたります。
そのため、すべての弁護士が債務整理に精通しているわけではない点にも注意が必要です。

本記事では、司法書士と弁護士の債務整理における業務範囲の違い、どちらにおすすめすべきなのかをわかりやすく解説していきます。

なお、債務整理を相談できる窓口は司法書士や弁護士以外にも市役所や法テラスなどもあります。
債務整理の無料相談窓口については、下記の記事でも紹介しているのでご参考ください。

1章 債務整理や借金相談における司法書士と弁護士の違い

債務整理や借金相談における司法書士と弁護士の違い

債務整理における司法書士と弁護士の違いは、以下の表の通りです。

司法書士 弁護士
請求できる債権額 元金140万円以下(1社ごとの過払い金)ただし、裁判書類作成代行でのサポートは可能 制限なし
訴訟ができる裁判所 簡易裁判所のみ 制限なし
可能な業務 任意整理 代理人(1社ごと元金140万円以下の債務に限る) 全ての業務において代理人になれる
自己破産・個人再生 書類作成代理人(債務額の制限はなし)
費用相場 任意整理 3〜6万円(1社あたり) 任意整理 4〜8万円(1社あたり)
個人再生・自己破産 20〜40万円 個人再生・自己破産 30万円〜50万円

弁護士の場合は債権額や対応可能な業務に制限はありません。
一方で司法書士の場合、1社あたりの過払い金が元金140万円以下の場合や1社あたりの債務が元金140万円以下の場合だけ代理人として対応できます。

司法書士
司法書士
140万円の制限に関しては、利息や遅延損害金は含まず元金で計算します。

例えば、元金120万円かつ遅延損害金50万円の場合、司法書士が代理人として対応可能です。

また、自己破産や個人再生の場合は「書類作成」での対応となりますが、この場合には債務額の制限はありません。

弁護士と異なり、司法書士は書類作成代行を行いますが、だからといって書類の作成しかできないわけではありません。ほとんどの司法書士事務所は、書類作成から裁判所とのやり取り、裁判所への申立、免責決定を受けるまで相談に乗り、最後までサポートしてくれます。

グリーン司法書士法人ではあなたのケースで債務整理をした場合にどのくらい借金を減額できるか 匿名の「無料診断」を行っております。

いきなり専門家に相談するのはハードルが高いという方は、 まずはお気軽に以下の診断フォームよりお問い合わせください。

債務整理で借金返済できる?
借金返済無料診断フォーム

2章 債務整理や借金の相談は司法書士への相談がおすすめな理由

債務整理や借金の相談は司法書士への相談がおすすめな理由

本記事の冒頭でも解説しましたが、債務整理や借金に関する相談は費用相場が安い司法書士への相談がおすすめです。
とはいえ、1章で解説した対応できる業務範囲の比較表を見ると、より様々な業務に対応してくれる弁護士の方が魅力的に感じる人も多いかもしれません。

しかし、総合的に見ると司法書士へ依頼することをおすすめします。

債務整理や借金の相談を司法書士にすべき理由は、主に以下の3つです。

  1. 費用相場は司法書士の方が安い
  2. 大規模案件を中心に取り扱っている弁護士も多い
  3. 司法書士が対応できる「140万円以下の制限」は元金のみを計算する

それぞれ詳しく見てきましょう。

2-1 費用相場は司法書士の方が安い

本記事の1章で紹介したように、司法書士と弁護士の費用相場を比較すると、司法書士の方が安価な場合が多いです。
司法書士と弁護士の費用相場は、下記の通りです。

司法書士弁護士
任意整理3~6万円4~8万円
自己破産・個人再生20~40万円30~50万円

債務整理を依頼する多くの人は、借金の返済に悩んでいて専門家への依頼費用を抑えたいと考えている人が多いはずです。
債務整理で借金を減額し、今後の生活を改善していくためにも司法書士に依頼して費用を少しでも抑えた方が良いでしょう。

2-2 大規模案件を中心に取り扱っている弁護士も多い

1章で解説したように、弁護士は請求できる債権額に制限がないので、法人破産など大規模案件を中心に取り扱っている事務所もあります。

そのため、個人の債務整理であれば司法書士の方が経験豊富である場合も多いです。

2-3 司法書士が対応できる「140万円以下の制限」は元金のみを計算する

1章で解説したように、司法書士が請求できる債権額の上限額は元金140万円以下です。
元金なので利息や遅延損害金を含まないのはもちろんですが、計算時には1社ごとの元金を計算します。

そのため、以下のように複数の借入先から借金をしていて総額が1,000万円近くあるケースでも、司法書士が債務整理を行えます。

司法書士の140万円の制限は1社ごとに判断
司法書士
司法書士
1社から140万円以上借りているケースは少ないため、司法書士でも対応できることがほとんどです。

さらに、自己破産や個人再生は司法書士も1社あたりの債権額に制限はないので、問題なく手続きできます。

司法書士と弁護士が協力して債務整理を行う場合もある
私たちグリーン司法書士法人では、1社140万円(元金部分)を越える借り入れが一部ある場合、その債権者への対応は弁護士にご依頼いただき、弁護士と連携して任意整理をサポートさせていただきます。

せっかく借金を整理するのに、それに多額の費用をかけるのはもったいないですよね。なるべく安価に済ませたいのであれば司法書士に相談するのがおすすめです。

費用一覧はこちら

  • 1社ごとの借金が140万円以内(元金部分)である場合の任意整理
  • 1社ごとの過払い金が140万円以内(元金部分)の過払い請求
  • 法人など大規模な破産や企業再生以外の自己破産や個人再生

3章 債務整理や借金の相談を依頼する事務所選びのポイント

債務整理や借金の相談を依頼する事務所選びのポイント

債務整理や借金の相談時には、司法書士と弁護士のどちらに相談するかだけでなく、どの事務所に相談するかも非常に重要です。
相談する事務所をやみくもに選んでしまうと、債務整理に失敗する、費用が余分にかかるなどのリスクもあります。
事務所を選ぶ際には、以下を意識するのが良いでしょう。

  1. 債務整理の経験が豊富である
  2. 費用が明確
  3. 対応が迅速かつ丁寧・相性がいい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1 債務整理の経験が豊富である

弁護士・司法書士どちらにも得意分野というものがあります。
特に、弁護士の場合は法律問題のすべてに対応でき業務範囲が広いので得意分野がハッキリと分かれています。
債務整理の経験に乏しい専門家に相談するリスクは、下記の通りです。

  • 債権者への対応が遅れ、取立てがなくなるまで時間がかかる
  • 債権者への対処に失敗し、トラブルに発展してしまう

司法書士
司法書士
事務所を選ぶ際には、ホームページから事例が多いかなどを確認しましょう。

3-2 費用が明確

債務整理や借金について司法書士や弁護士に相談する際には、費用が明確な事務所を選びましょう。
残念ながら「手続きが終わったと思ったら、予想よりも多額の費用を請求された」といったトラブルは少なからずあります。

司法書士
司法書士
せっかく借金を整理できても、多額の費用を払わされるのは困りますよね。

トラブルを避けるためにも、依頼前に費用に関してしっかり確認しておきましょう。
ホームページに費用が記載されている事務所を選ぶ、問い合わせ時に費用はいくらかかりそうか尋ねてみると安心です。

3-3 対応が迅速かつ丁寧・相性がいい

事務所を選ぶ際はできるだけ、あなたへの相談に丁寧かつ迅速に対応してくれる事務所を選びましょう。

司法書士
司法書士
些細なことでも気軽に聞くことができるくらい親身な事務所だと安心です。

「CMで見たから安心感がある!」とその事務所に依頼してみたら、「対応が雑だった」「全然手続きが進まない」というケースは珍しくありません。
CMで集客しているほどですから、たくさんの依頼が来ているでしょう。
そのすべてを対応していたら、一つひとつの対応が遅く、雑になってしまうのも無理もありません。

「全国的に有名だから」「CMで聞いたことがあったから」という理由で選ぶのではなく、対応の速さはもちろん、あなたが相談しやすい相性の良い事務所を選びましょう。

4章 初回の無料相談を利用しよう

ホームページやネットの口コミなどだけでは、事務所の方針や対応、担当してくれる専門家との相性などはわからない場合が多いです。
多くの事務所では、初回相談を無料としているのでぜひ活用していきましょう。
具体的には、以下の内容を無料相談で確認することをおすすめします。

  • 自分の借金はどのくらい減額できるのか
  • 費用はどの程度かかるのか
  • 手続きの流れと詳細
  • 担当者と相性がいいか

債務整理をするべきか悩んでいる人も、まずは無料相談を利用してみて検討しましょう。
無料相談をしたからといって必ずその事務所に依頼をしなければいけないわけではないため、何社か比較するのにも活用可能です。

グリーン司法書士法人では、対面での無料相談はもちろん電話やオンライン通話での相談も受け付けています。
また、夜間や土日の無料相談も行っておりご好評いただいております。まずは気軽にご相談ください。

5章 まとめ

債務整理を行う専門家は司法書士と弁護士です。
司法書士と弁護士は、費用相場や対応できる債権額などに違いがあります。
とはいえ、個人の借金を債務整理する場合には司法書士の制限が問題になるケースはほとんどありません。

また、司法書士が取り扱えない借金のみ弁護士に対応してもらい、複数の専門家で協力しながら債務整理を行うことも可能です。
司法書士の方が費用が安価ですむ場合が多いので、借金の返済にお悩みの人はまずは司法書士に相談するのが良いでしょう。

グリーン司法書士法人では、債務整理に関する相談をお受けしています。
初回相談は無料、かつオンラインでの相談も可能ですのでまずはお気軽にお問い合わせください。

借金返済に関する記事を沢山公開していますので、合わせてご覧ください。

アクセス数が多いキーワード:債務整理 クレジットカード

借金返済の無料相談ならグリーンへ

     
借金返済・債務整理の相談ならグリーンへ
電話相談は9:00~20:00(土日祝10:00~17:00)で受付中です。「借金返済のブログをみた」とお問い合わせいただけるとスムーズです。相談ではなく、まずはどれくらい減らせるか知りたいという方は、借金返済無料診断をご利用ください。


お気軽にお問い合わせください!

LINEでもお問い合わせ可能!
お友達登録はこちら

よくあるご質問

債務整理は弁護士と司法書士どちらがいい?
債務整理は司法書士に相談するのがおすすめです。
司法書士はほとんどの債務整理に対応できますし、弁護士よりも依頼費用が安価ですむ場合が多いからです。
債務整理を司法書士に依頼するメリットについて詳しくはコチラ
司法書士はいくらまでの債務整理に対応できる?
司法書士は債務額(元金)140万円以下までの債務整理に対応可能です。
ただし、元金140万は1社ごとの金額であり借金の総額ではありません。そのため、実際には司法書士はほとんどの債務整理に対応できます。
司法書士の業務範囲について詳しくはコチラ
評価しない評価する!
(記事の評価をお願いします!)
読み込み中...
  • LINEで送る

アクセス

東京事務所

住所:〒163-0512 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル12階

大阪事務所

住所:〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4丁目5番2号高麗橋ウエストビル2階

借金問題でお悩みの方へ
TOPへ