任意整理は賃貸契約に影響ある?任意整理前に知っておきたい注意点

   山田 愼一

監修者:グリーン司法書士法人   山田 愼一
所属東京司法書士会登録番号東京第8849号東京都行政書士会所属会員番号第14026号
保有資格司法書士・行政書士・家族信託専門士・M&Aシニアエキスパート
関連書籍「世界一やさしい家族信託」著者・「はじめての相続」監修など多数

任意整理
任意整理は賃貸住宅に影響ある?

借金の返済で首が回らなくなり、任意整理を検討している方もいらっしゃるでしょう。

その際に、 「任意整理するとアパートが借りられなくなるのだろうか?」「今の家を追い出されないだろうか?」といったことが気になる方もいるでしょう。

また、賃貸契約に影響があるのであれば、その対策についても知りたいですよね。

任意整理をしたことで、賃貸契約ができなくなったり、現在の賃貸契約を解除されたりすることはありません。

しかし、全く影響がないわけではなく、注意すべきことなどはいくつかあります。

そこでこの記事では

などについて解説します。

1章 任意整理は賃貸契約に影響を与える?

ここでは、任意整理が賃貸契約にどのような影響があるのかについて解説します。

1−1 現在住んでいる賃貸を追い出されることはない

任意整理をしたことで、現在住んでいる賃貸物件を追い出されることはありません。

さらに言うと、他の債務整理後でも同様に賃貸物件を追い出されることはありません。

なぜなら、賃借人は正当な理由をなしに入居者を追い出すことはできないと法律で決められており、この「正当な理由」に任意整理(債務整理)は含まれないからです。

なお、退去させられる正当な理由とは、例えば、家賃を何ヶ月も滞納している、アパート契約時の規約に反してペットを飼っている、建物が老朽化して修繕・建替えが必要、などです。

1−2 新しく賃貸契約をする際は審査に通らない可能性がある

任意整理(あるいは他の債務整理)をしていても、新しく家を借りる(賃貸契約を結ぶ)ことは可能ですが、保証会社の審査に通らない可能性があります。

任意整理をすると、ブラックリストと呼ばれる信用情報機関に情報が登録され、信販系の保証会社はその情報を確認することができるためです。

賃貸契約をする際には家賃の支払いが滞ったときなどのために、保証会社を利用するか、連帯保証人を立てる必要があります。

賃貸物件が定めている保証会社が信販系の保証会社の場合、審査に通らず賃貸借契約ができない可能性があるのです。

2章 任意整理後に賃貸契約をしやすくする方法

任意整理後は、賃貸契約が不可能ではないものの、現実的には契約が難しくなります。

そこでここでは、任意整理後に賃貸契約をしやすくなる方法を解説します。

2−1 信販系の賃貸保証会社がついていない物件を探す

1章でも解説したとおり、信販系の保証会社は、信用情報機関の情報を確認することができます。

しかし、賃貸保証会社は信販系の会社だけではありません。独立系と呼ばれる会社もあります。一般に信販系よりも独立系の会社の方が審査は緩いと言われています。

信販系以外の会社であれば、信用情報機関の情報は確認しませんので、賃貸を選ぶ際には信販系の賃貸保証会社がついていない物件を探すようにしましょう。

家賃の保証会社は以下のとおりです。

【信販系】

  • アプラス
  • エポス
  • オリコ
  • ジャックス
  • セゾン   など

【独立系】

  • 全保連
  • 日本セーフティー
  • 日本賃貸保証   など

2−2 保証会社不要の物件を探す

最近では、賃貸契約に保証会社が必須な物件が増えてきましたが、中には保証会社ではなく連帯保証人でも可能な物件や、そもそも保証会社・連帯保証人が不要な物件もあります。

ただし、そのような物件は、入居希望者が少なく、大家さんが入居を急いでいるような、いわゆる「訳あり物件」である可能性が高いので、その点は留意しておきましょう。

2−3 公営住宅の入居審査に申し込む

公営住宅は、自治体が低所得者に向けて入居を募集している賃貸物件です。

自治体は、信用情報機関の情報を確認することはできませんし、そもそも低所得者のための賃貸ですので、任意整理をしたことで審査に落ちるということはありません。

ただし、収入が一定額以下など入居条件があるケースが多く、入居希望社が多い場合には抽選となるので、確実に入居ができるというわけではないということは理解しておきましょう。

2−4 不動産業者に相談する

信販系の保証会社がついていない、保証会社が必要ないといった物件を自身で探すのは難しいかもしれません。

そんなときは、不動産業者に任意整理をした旨を正直に話して相談しましょう。

不動産業者の方は、物件探しのプロです。

入居できそうな物件を探してくれたり、大家さん・不動産管理会社に交渉してくれたりしてくれるでしょう。

悩む女性
悩む女性
任意整理したいけど、引っ越しすることに・・・

グリーン司法書士法人なら
まとめて相談できます!

電話で無料相談する

ご相談は24時間対応!
メールで相談する

3章 賃貸物件で暮らす人が任意整理後でしっておくべきリスク

任意整理したからといって、追い出されることはありません。

しかし、暮らしていく中で気をつけるべきことはあります。

ここでは、賃貸物件に暮らしている人が任意整理後に気をつけるべきことを解説します。

3−1 保証会社から契約更新を断られる可能性がある

賃貸保証会社は、1〜2年毎に更新を行い、そのたびに審査を行います。

保証会社が信販系である場合、ブラックリストを確認できるため、更新を断られる可能性があります。

その際、新たな保証会社や連帯保証人をつける必要がありますが、どのように対処するかどうかは大家や不動産管理会社の判断となるため、更新前に相談しておくようにしましょう。

3−2 家賃がクレジットカード払いのときは事前に対処が必要

任意整理をすると、クレジットカードの使用・作成ができなくなってしまいます。

そのため、現在家賃をクレジットカード払いにしている場合は、事前に支払い方法を銀行振込や口座引落などに変更しておきましょう。

なお、任意整理は整理の対象を選択することが可能ですので、まだ任意整理をしていないのであれば、家賃を支払っているクレジットカードは整理の対象から外しておくのも良いでしょう。

口座の凍結について詳しく知りたい方はこちら

4章 借金にお悩みならグリーン司法書士法人にご相談ください

グリーン司法書士法人では、任意整理を始めとした借金に関するご相談を受け付けております。

これから任意整理をご検討の方は、今後の賃貸契約についてもアドバイスさせていただきます。

なお、当事務所では初回の相談料を無料としております。

  • 任意整理をするとどうなるのか
  • 任意整理以外に選択肢はないのか
  • とにかく借金をどうにかしたい

などのご相談でも構いません。お気軽にご相談ください。

参考リンク

任意整理の無料相談ならグリーンへ

     
任意整理の無料相談ならグリーンへ
電話相談は9:00~20:00(土日祝10:00~17:00)で受付中です。「借金返済のブログをみた」とお問い合わせいただけるとスムーズです。相談ではなく、まずはどれくらい減らせるか知りたいという方は、借金返済無料診断をご利用ください。


お気軽にお問い合わせください!

LINEでもお問い合わせ可能!
お友達登録はこちら

  • LINEで送る
借金に関する年間相談件数4720件超!土日祝日対応!