【無料DL付】エンディングノートとは?書いておくべき8項目まとめ

エンディングノートとは人生の最期について書くノートです。
自分が亡くなった後、遺された家族の負担を減らすために「終活」という言葉が注目されるようになるにつれ、エンディングノートの注目度も高まってきました。

エンディングノートを作成すれば人生の最期について考える機会にもなりますし、必要な情報をまとめておくことによって、遺された家族の負担も減らせます。
本記事では、エンディングノートに書いておきたいことや作成後にしておきたいことを解説していきます。


1章 エンディングノートとは

エンディングノートとは、自分が亡くなるときに備えて、必要な情報や自分の想いを書いておくノートです。
遺言書と異なり、エンディングノートには決まった形式はなく、法的拘束力もありません。

そのため、お手持ちのノートを使ってエンディングノートを作成しても良いですし、書店や文房具店でエンディングノートを購入して作成するのも良いでしょう。
グリーン司法書士法人でも、無料でダウンロードできるエンディングノートを準備していますので、お気軽にご利用くださいませ。


2章 エンディングノートを作成すべき理由

まずはエンディングノートを作成すべき理由を6つ紹介していきます。

  1. 1.家族(遺族)の負担を軽減できる
  2. 2.人生の最期の希望を家族に伝えられる
  3. 3.葬儀に関する自分の希望を伝えられる
  4. 4.これまでの人生を振り返り整理できる
  5. 5.家族に感謝の気持ちを伝えられる
  6. 6.円滑に相続手続きしてもらえる

それぞれ詳しく解説していきます。

2-1 家族(遺族)の負担を軽減できる

エンディングノートを作成し、必要な情報をまとめておけば、遺された家族の負担を軽減できます。
人が亡くなったときには、葬儀の準備や相続手続き、相続した土地の名義変更など様々な手続きが必要です。

遺された家族の手間や負担を少しでも減らすためにも、葬儀や相続、自分の財産に関する情報をまとめておくのがおすすめです。

2-2 人生の最期の希望を家族に伝えられる

エンディングノートを作成すれば、人生の最期の希望を家族に伝えやすくなります。
例えば、エンディングノートに介護や延命治療に関する希望を記載しておけば、家族が医師や病院に希望を伝えやすいです。
亡くなる直前まで意識がはっきりしている場合はエンディングノートがなくても希望を伝えられますが、体調を崩し入院し、自分の希望を思うように伝えられなくなる可能性もあるでしょう。
身体は元気な状態でも認知症になってしまい、判断能力を失ってしまう恐れもあります。

家族間で延命治療に関する希望が異なり揉めてしまうケースも回避できますし、遺される家族が延命治療について決定しなくても済むので心理的な負担も減らしてあげられます。

2-3 葬儀に関する自分の希望を伝えられる

エンディングノートには自分が亡くなった後の葬儀に関する希望も記せます。
葬儀の準備は、亡くなってすぐに行わなければならず、遺された家族の負担も大きくなりやすいです。
例えば以下の情報をエンディングノートに記すだけでも、遺された家族への負担を減らせます。

  • ・葬儀に誰を呼んでほしいのか
  • ・葬儀に呼んでほしい人物の連絡先
  • ・葬儀の規模や予算
  • ・依頼したい葬儀会社
  • ・遺影に使用してほしい写真

また近年では、終活のひとつとして葬儀の準備を生前のうちに行っておく方も増えつつあります。
生前のうちにご自身で葬儀会社などを選んでいるのであれば、葬儀会社の連絡先などの情報もまとめておくと良いでしょう。

2-4 これまでの人生を振り返り整理できる

エンディングノートで、これまでの過去を振り返り、これからの希望を書いていけば、自分の人生を整理できます。
エンディングノートの作成を通じて、残りの人生をどうやって過ごしたいのか、何を大切にしていきたいのかを考えられるようになるはずです。

2-5 家族に感謝の気持ちを伝えられる

エンディングノートには、家族への想いも記せるので、遺された家族に感謝の気持ちを伝えるのにも向いています。
エンディングノートには決まった形式がないので、家族の一人ひとりに手紙のようなメッセージを記すことも可能です。

2-6 円滑に相続手続き

エンディングノートに自分が遺す財産に関する情報をまとめておけば、遺された家族の相続手続きの手間を減らせます。
例えば以下の情報を記入しておくと、家族が遺産について把握しやすいです。

  • ・所有している銀行口座に関する情報
  • ・所有している不動産に関する情報
  • ・生命保険や医療保険に関する情報
  • ・その他の財産に関する情報(車、ゴルフ会員権、貴金属、骨董品など)

ただし、エンディングノートは遺言書と異なり、法的拘束力は持ちません。
そのため、エンディングノートに財産を相続させたい人物を記載しておいても、その通りに相続が行われる保証はありません。

自分の希望通りの相続を行ってほしいのであれば、遺言書の作成や生前贈与をおすすめいたします。
遺言書の作成や生前贈与に関しては、相続に関する専門知識が必要なので、司法書士や弁護士への相談もご検討ください。


3章 エンディングノートに書いておくこと8つ

続いてエンディングノートに書いておきたい内容について、解説していきます。
エンディングノートに書くべき内容は、主に以下の8つです。

  1. 1.自分自身のこと
  2. 2.家族へのメッセージやこれまでの感謝
  3. 3.家族に関する情報や家系図
  4. 4.友人や親戚の連絡先
  5. 5.介護の延命治療などの希望
  6. 6.葬儀の希望
  7. 7.遺言書や相続に関すること
  8. 8.保有している財産

それぞれ詳しく解説していきます。

3-1 自分自身のこと

自分自身の基本情報を書いておくと、急に自分が倒れることになっても、家族が必要な情報を集めやすくなります。
具体的には、以下の情報を記載しておくと良いでしょう。

  • ・本籍地
  • ・出生地
  • ・これまでの経歴
  • ・生年月日
  • ・血液型
  • ・所有資格や免許

なおマイナンバーや健康保険証番号、基礎年金番号などを記しておくのは、家族への負担を減らせる一方で、個人情報流出の恐れがあります。
個人情報を記載してあるエンディングノートの取り扱いには、十分にご注意ください。

また好きな言葉や好きな本、映画などの情報も記しておくと、自分自身でこれまでの人生や価値観を振り返る際にも役立ちます。

3-2 家族へのメッセージやこれまでの感謝

遺された家族へのメッセージを記載しておけば、自分の気持ちやこれまでの感謝を伝えやすくなります。
これまでの思い出を振り返り、記しておくのも良いでしょう。

3-3 家族に関する情報や家系図

家族に関するメッセージだけでなく、生年月日や続柄も記載しておくと、相続手続きを遺族が進めやすくなります。
また、家系図を作成しておくと人生の振り返りもしやすくなりますし、遺された家族も相続手続きに使用する戸籍謄本などを集めやすくなるのでおすすめです。

3-4 友人や親戚の連絡先

自分に何かあったときに知らせてほしい友人や親戚がいるのであれば、連絡先や自分との関係性をエンディングノートに記載しておきましょう。
連絡先リストを作成するときには、以下のように連絡するタイミングも合わせて記載しておくと、遺された家族の負担を減らせます。

  • ・自分に何かあったときにすぐに知らせてほしい人
  • ・自分の葬儀がすんだ後に挨拶状を送ってほしい人

3-5 介護や延命治療などの希望

自分に何かあったときのために、エンディングノートに介護や延命治療に関する希望や必要情報を記入しておくと安心です。
具体的には、以下の情報を記しておくのが良いでしょう。

  • ・介護をお願いしたい人
  • ・介護をしてもらう場所
  • ・介護費用の有無
  • ・財産の管理方法
  • ・かかりつけの病院
  • ・病名や病状の告知に関する希望
  • ・延命治療に関する希望
  • ・最期を迎える場所の希望
  • ・臓器提供に関する希望

全てを一度に記入する必要はないので、記入できそうなところから埋めていきましょう。
エンディングノートの作成を機に、自分の最期について考えてみるのもおすすめです。

3-6 葬儀の希望

自分が亡くなった後の葬儀に関する希望も、エンディングノートに記しておくと家族の負担を減らせます。
葬儀の準備は亡くなってすぐに行う必要があり、手続きに関する手間だけでなく心理的な負担も大きいものになります。
具体的には、以下の情報を記しておくと、家族も葬儀に関する決定や準備をしやすくなるでしょう。

  • ・希望する葬儀の種類
  • ・希望する葬儀社
  • ・戒名の有無や希望
  • ・式場に関する希望
  • ・喪主を依頼したい人物
  • ・遺影に使用したい写真
  • ・祭壇や演出に関する希望
  • ・挨拶や弔辞に関する希望

終活として、すでに遺影の事前撮影や葬儀社との打ち合わせを進めている場合には、担当者や葬儀会社の連絡先なども記載しておきましょう。

3-7 遺言書や相続に関すること

遺言書を作成しているのであれば、遺言書の保管場所や種類についても記載しておくと安心です。
具体的には、以下の情報を記しておくのがおすすめです。

  • ・遺言書の種類や保管場所
  • ・特定の人物に遺したい財産
  • ・処分してほしい財産

ただしエンディングノートには法的拘束力がないので、財産の処分方法を記載したとしても、その通りに実行されるとは限りません。
自分の希望通り財産を受け継いでほしいのであれば、遺言書の作成や生前贈与を行うのがおすすめです。
遺言書の作成や生前贈与に関しては、相続に詳しい司法書士や弁護士への相談もご検討ください。

3-8 保有している財産

相続手続きや相続税の計算を行う際には、遺産を全て評価し、誰がどの財産を相続するか相続人全員で話し合う必要があります。
エンディングノートに遺産に関する情報をまとめておけば、遺された家族が相続財産を把握しやすくなります。

具体的には、以下の情報をまとめておきましょう。

  • ・現金や預貯金の保管場所や残高
  • ・株式や有価証券の保管場所や残高
  • ・生命保険などの保険証券の保管場所や金額
  • ・不動産の種類や所在地
  • ・その他、美術品や貴金属などの品名や保管場所

預貯金などは、残高が日々変動するのでエンディングノートに書きにくいと感じる方もいるかもしれません。
その場合には、以下を意識してエンディングノートに記入してみてください。

  • ・記入時点の保有財産を記録しておくだけでも問題ない
  • ・預金残高が合わなくなるのが嫌であれば、残高は記入しなくて良い
  • ・エンディングノートの目的は相続財産の目安を相続人に伝えること

預金残高などは生活をしていく中で、当然減ってしまうものです。
そのためエンディングノートに記載したものの口座残高がなくなってしまった、減ってしまったというケースは多いです。
また、口座情報だけでもエンディングノートに記録しておけば、遺された家族は記された情報を頼りに口座残高を確認できます。

口座残高の情報を確認しやすいように、通帳や印鑑の保管場所についても記録しておきましょう。


4章 エンディングノートを書くコツ

エンディングノートを作成しようとしたものの、記載項目が多く上手く書けなかったとお悩みになる方もいるのではないでしょうか。
エンディングノートを書くコツを3つ紹介していきます。

  1. 1.書けそうな項目から書く
  2. 2.現時点で書けない内容があっても気にしない
  3. 3.家族に相談してみる

それぞれ詳しく解説していきます。

4-1 書けそうな項目から書く

エンディングノートは一度に完成させる必要はないので、まずは自分が書けそうな項目から記入していきましょう。
例えばエンディングノートの中でも、これまでの経歴は自分の人生を振り返ればよいので、比較的記入がしやすいです。
その一方で介護や延命治療に関する希望は、今まで人生の最期について考えた機会がなければ、すぐに希望を書くのはむずかしいでしょう。

「エンディングノートの作成によって、人生の最期について考える良い機会となった」と考えて、後日に記入するのでも問題ありません。
また未完成であっても、エンディングノートに情報が記載されているだけでも遺族は助かるはずです。

4-2 現時点で書けない内容があっても気にしない

エンディングノートを作成するタイミングによっては、現時点でどうしても埋められない項目もあるでしょう。
現時点で埋められない項目については、気にしすぎる必要はなく、埋められるタイミングで埋めていきましょう。
年齢が上がり、人生の最期が少しずつはっきりとしていく中で、埋められるようになる項目や内容もあるはずです。

4-3 家族に相談してみる

「自分一人の希望では決められない」「遺された家族の役に立つエンディングノートを作成したい」と考えるのであれば、作成時に家族に相談してみるのもおすすめです。
家族に相談すれば、家族が求める情報や優先的に記入すべき項目もはっきりします。

例えば、遺される家族によっては延命治療の希望を記載してほしいと感じる方もいますし、法要やお墓の管理方法についてまとめてほしいと考える方もいるはずです。


5章 エンディングノートを書いた後にすべきこと

エンディングノートは一度作成して完了ではなく、作成後もいくつかしておきたいことがあります。
エンディングノートを書いた後にすべきことは、主に以下の3つです。

  1. 1.家族と書いた内容を共有する
  2. 2.家族にエンディングノートの保管場所を伝える
  3. 3.内容に変更があれば更新する

それぞれ詳しく解説していきます。

5-1 家族と書いた内容を共有する

エンディングノートに記載した内容は、家族とも共有しておきましょう。
記載した内容を家族と共有しておけば、急を要する事態に陥ったときも家族が判断に困らずにすむからです。
例えば、自分が急に倒れてしまったときに、家族が医師に延命治療や臓器提供に関する希望を聞かれる可能性もあります。

エンディングノートに書いた内容や希望を共有しておけば、いざというときに家族がノートを確認しなくても判断可能です。

5-2 家族にエンディングノートの保管場所を伝える

エンディングノートは、自分に何かあったときに遺された家族が確認するものです。
遺された家族がエンディングノートの保管場所を知らず、発見できなかったとならないように、あらかじめ伝えておきましょう。

ただし、エンディングノートは自分自身の財産に関する情報や連絡先など、個人情報が多く記載されています。
取り扱いに注意し、すぐに他人に発見されない場所に保管し、保管場所を伝える相手も増やし過ぎないようにしましょう。

5-3 内容に変更があれば更新する

エンディングノートに書かれている情報が古くなってしまったら、都度更新していきましょう。
とはいえ、こまめに更新するのは大変なので、自分の誕生日にエンディングノートの内容を見直すなどと決めておくのがおすすめです。


6章 エンディングノート作成と合わせてしたい終活準備

エンディングノートの作成と合わせて他の終活もしておくと、遺された家族の負担を減らせるだけでなく、自分らしく残りの人生を過ごせるようになります。
終活でしておきたい準備は、主に以下の7つです。

  1. 1.老後資金の計画を立てる
  2. 2.自分の持ち物を整理しておく
  3. 3.相続対策や遺言書の準備をしておく
  4. 4.葬儀やお墓の準備をしておく
  5. 5.介護や入院の準備をしておく
  6. 6.延命治療について決めておく
  7. 7.残りの人生を楽しむためやりたいことリストをつくる

全てを行うのは手間と時間がかかるので、優先度の高いものから始めていくのが良いでしょう。
エンディングノートに記載する内容と重複する部分もあるので、合わせて行っていくのがおすすめです。

終活準備に関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。


まとめ

エンディングノートとは、人生の最期に向けて必要な情報を整理し、遺される家族への想いや感謝を記しておくノートです。
エンディングノートは遺言書とは異なり、決まった形式はなく、法的拘束力もありません。

エンディングノートに書いておきたい内容は複数ありますが、一度に全て記入するのではなく、埋められそうな部分から埋めていくのが手軽でおすすめです。
またエンディングノートの作成と合わせて、終活の準備も進めておくと、残りの人生をより自分らしく過ごせるようになります。

エンディングノートの作成や終活を進めていく中で、相続トラブルの回避や遺言書の作成などに悩まれる方もいるかもしれません。
相続に関する悩みは、必要に応じて相続に詳しい司法書士や弁護士に相談するのもおすすめです。

グリーン司法書士法人では、相続専門の司法書士が相続に関するご相談を無料で承っています。
オンラインでのご相談も可能ですので、お気軽にご相談ください。
グリーン司法書士法人でも、無料でダウンロードできるエンディングノートを配布していますので、お気軽にご利用くださいませ。

遺産相続に関するガイドブックを無料ダウンロード!

  •  遺産相続の流れ
  •  相続人調査
  •  相続関係説明図の作成
  •  要注意の相続のケース
  •  遺産分割協議書の作成
  •  名義変更手続の方法
  •  相続税の申告
  •  遺言書の作成
  •  後見について
  •  贈与について

 相続について話し合うきっかけに!

遺産相続ガイドブックダウンロード実物

生前にする相続対策、亡くなってからの相続手続について、わかりやすく解説させていただいております。遺産相続ガイドブックが相続を自分の問題と捉えて、対策を始めるきっかけになったり、相続手続の手助けとなれば幸いです。

無料ダウンロードはこちら

不安なことは、グリーン司法書士法人にご相談ください。一緒に、最適な相続対策を考えていきましょう。

グリーン司法書士法人の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

お電話または下記よりお問い合わせいただければ、無料で直接ご相談をいただけます。 相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

30名を超える相続のプロが徹底サポート

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない
  • しっかりとした遺言書を作成したい
  • 認知症生前対策をしておきたいけどよくわからない

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、理想の相続実現をサポートします。

相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00-20:00(土日祝10:00〜17:00)
[休業日] 年末年始

※「記事をみた」とお伝えください。