遺言執行者は単独で相続登記できる!相続税法の改正内容を紹介遺言執行者は単独で相続登記できる!相続税法の改正内容を紹介

遺言

遺言執行者は単独で相続登記できる!相続法の改正内容を紹介

遺言執行者とは、遺言書に書かれた内容を実現するために相続財産の管理や手続きを行う人物です。 遺言執行者は権限や義務が曖昧な状態でしたが、2019年に相続法が改正されたことにより、単独で相続登記…

遺言執行者とは、遺言書に書かれた内容を実現するために相続財産の管理や…

遺言執行者とは、遺言書に書かれた内容を実現するために相続財産の管理や手続きを行う人物です。 遺言執行者は権限や義務が曖昧…

遺言執行者とは|誰がなれる?選任方法や仕事内容を徹底解説【完全版】遺言執行者とは|誰がなれる?選任方法や仕事内容を徹底解説【完全版】

遺言

遺言執行者とは|誰がなれる?選任方法や仕事内容を徹底解説【完全版】

 この記事を読んでわかること遺言執行者とは何か遺言執行者の業務の流れ遺言執行者を選任すべきケース 遺言を作成しておこう(作成してもらいたい)とお考えの方は「遺言執行者(遺言執行人)」…

 この記事を読んでわかること遺言執行者とは何か遺言執行者の…

 この記事を読んでわかること遺言執行者とは何か遺言執行者の業務の流れ遺言執行者を選任すべきケース 遺言を作成し…

相続の知識

アパート経営に失敗する原因12選|失敗回避のためにできることとは

アパートやマンション経営は継続的に賃貸収入を受け取れる一方で、入居者が集まらないなどの問題が発生すると経営に失敗してしまうケースもあります。 アパート経営やマンション経営を始める際には、事前に…

アパートやマンション経営は継続的に賃貸収入を受け取れる一方で、入居者…

アパートやマンション経営は継続的に賃貸収入を受け取れる一方で、入居者が集まらないなどの問題が発生すると経営に失敗してしまう…

不動産の生前贈与が相続税対策になるケース|贈与時の注意点とは不動産の生前贈与が相続税対策になるケース|贈与時の注意点とは

生前贈与

不動産の生前贈与が相続税対策になるケース|贈与時の注意点とは

子供や配偶者にかかる相続税の負担を少しでも軽減したいのであれば、生前贈与が有効です。 生前贈与すれば、遺産そのものを減らせるため相続税の負担を軽くできます。 一方で、単純に相続税と贈与税を比…

子供や配偶者にかかる相続税の負担を少しでも軽減したいのであれば、生前…

子供や配偶者にかかる相続税の負担を少しでも軽減したいのであれば、生前贈与が有効です。 生前贈与すれば、遺産そのものを減ら…

遺産分割協議書の代筆は原則認められない!バレる理由と対処法遺産分割協議書の代筆は原則認められない!バレる理由と対処法

相続の知識

遺産分割協議書の代筆は原則認められない!バレる理由と対処法

遺産分割協議書は、相続人全員による署名および押印が必要です。 遺産分割協議への署名および押印は話し合いの内容に同意した証拠となるため、原則として代筆は認められません。 従って、代筆により作成…

遺産分割協議書は、相続人全員による署名および押印が必要です。 遺産…

遺産分割協議書は、相続人全員による署名および押印が必要です。 遺産分割協議への署名および押印は話し合いの内容に同意した証…

相続の基本的な知識や流れが分からない!30代が行う相続対策とは相続の基本的な知識や流れが分からない!30代が行う相続対策とは

相続の知識

相続の基本的な知識や流れが分からない!30代が行う相続対策とは

相続対策は「まだ自分たちには必要ない」「もっと先の話だ」と感じる元気なうちから、行っておくことが非常に大切です。 親が亡くなり財産を受け継ぐ年齢としては40代以上の人が多いですが、中にはもっと…

相続対策は「まだ自分たちには必要ない」「もっと先の話だ」と感じる元気…

相続対策は「まだ自分たちには必要ない」「もっと先の話だ」と感じる元気なうちから、行っておくことが非常に大切です。 親が亡…

公正証書遺言に納得いかないときの対処法3つ|注意点も紹介公正証書遺言に納得いかないときの対処法3つ|注意点も紹介

遺言

公正証書遺言に納得いかないときの対処法3つ|注意点も紹介

亡くなった人が公正証書遺言を作成していたものの自分にとって不利な内容であり納得できないと感じる人も多いでしょう。 いくら納得できない場合でも、法的に有効な遺言書が見つかった場合、遺言書の内容通…

亡くなった人が公正証書遺言を作成していたものの自分にとって不利な内容…

亡くなった人が公正証書遺言を作成していたものの自分にとって不利な内容であり納得できないと感じる人も多いでしょう。 いくら…

土地の遺産分割で兄弟同士が揉めるケース!相続手続きの流れとは?土地の遺産分割で兄弟同士が揉めるケース!相続手続きの流れとは?

相続の知識

土地の遺産分割で兄弟同士が揉めるケース!相続手続きの流れとは?

親が亡くなったときに配偶者もすでに亡くなっているのであれば、子供たちだけで財産を相続します。預貯金や上場株式など比較的分割しやすい遺産が多い場合は、兄弟間でトラブルは起きにくいです。 一方で、…

親が亡くなったときに配偶者もすでに亡くなっているのであれば、子供たち…

親が亡くなったときに配偶者もすでに亡くなっているのであれば、子供たちだけで財産を相続します。預貯金や上場株式など比較的分割…

被後見人本人の死亡後に成年後見人がすべきこと3つと注意点について被後見人本人の死亡後に成年後見人がすべきこと3つと注意点について

成年後見

被後見人本人の死亡後に成年後見人がすべきこと3つと注意点について

成年後見制度を利用していた被後見人が死亡すると、その時点で成年後見人は代理権を失い職務も終了します。 ただし、被後見人の死亡後も相続人に対して成年後見制度利用期間中の収支や相続財産について伝え…

成年後見制度を利用していた被後見人が死亡すると、その時点で成年後見人…

成年後見制度を利用していた被後見人が死亡すると、その時点で成年後見人は代理権を失い職務も終了します。 ただし、被後見人の…

不動産の権利証と登記識別情報の違いとは?相続登記で必要になる?不動産の権利証と登記識別情報の違いとは?相続登記で必要になる?

相続登記

不動産権利証と登記識別情報:相続登記での役割を分かりやすく解説

不動産の権利証とは、土地や家の所有権を証明する書類であり、正式名称は「登記済権利証」といいます。 権利証は不動産売却や贈与など、登記変更を行う際に必要です。 その一方で所有者の死亡により、所…

不動産の権利証とは、土地や家の所有権を証明する書類であり、正式名称は…

不動産の権利証とは、土地や家の所有権を証明する書類であり、正式名称は「登記済権利証」といいます。 権利証は不動産売却や贈…

相続登記の義務化は2024年4月!法改正で変更される4つのポイント相続登記の義務化は2024年4月!法改正で変更される4つのポイント

相続登記

2024年4月から相続登記が義務化される!放置するリスクとは

 この記事を読んでわかること 相続登記の義務化によって変わることがわかる 不動産の相続登記を放置するリスクがわかる 相続登記の手続きと費用相場がわかる 亡くなった人が所…

 この記事を読んでわかること 相続登記の義務化によって変わる…

 この記事を読んでわかること 相続登記の義務化によって変わることがわかる 不動産の相続登記を放置するリスクがわ…

遺言信託とは?メリット・デメリットから費用を安く抑える方法まで解説遺言信託とは?メリット・デメリットから費用を安く抑える方法まで解説

遺言

遺言信託とは?メリット・デメリットから費用を安く抑える方法まで解説

遺言信託とは、信託銀行などの金融機関に「遺言書の作成や保管、死後の相続手続き」をお願いできるサービスです。 銀行の担当者から説明をされて何となくわかったけど、 具体的には何をしてくれる…

遺言信託とは、信託銀行などの金融機関に「遺言書の作成や保管、死後の相…

遺言信託とは、信託銀行などの金融機関に「遺言書の作成や保管、死後の相続手続き」をお願いできるサービスです。 銀行の担当者…