「任意整理 クレジットカード」の検索結果

任意整理

任意整理でブラックリストはいつからいつまで?信用情報に影響する期間とは

任意整理でブラックリストはいつからいつまで?
任意整理をすると、信用情報機関に事故情報として記録されます。これを俗にブラックリスト入りと言います。ブラックリストに登録される期間は5~10年で期間中はクレジットカードの作成などができません。任意整理でブラックリストに登録された際の影響を解説します。
任意整理

任意整理の必要書類は3つ!専門家に依頼するならなくても手続き可能

任意整理に必要な3つの書類
自分で任意整理の手続をすることはハードルが高いと感じる場合、専門家に依頼することになりますが、その際の必要書類は3点で足ります。専門家に任意整理を相談したいときの必要書類とその準備方法、もしも書類がそろわないときにはどうすればいいのか解説していきます。
任意整理

奨学金は任意整理できる?支払いで困ったときの救済制度を徹底解説!

任意整理で奨学金は任意整理できる?奨学金の支払いで困ったときの救済制度を徹底解説!
奨学金の返済に対する悩みは、身近でありがちな問題のひとつです。しかし、奨学金そのものは任意整理には向きません。奨学金自体は任意整理にむかない理由、奨学金の返済に困ったとき利用できる日本学生支援機構の救済制度、救済制度を頼れないときの債務整理の方法について説明します。
任意整理

任意整理で完済後にローン利用が可能となるまでに必要な期間

任意整理で完済後にローン利用が可能となるまでに必要な期間
任意整理で完済しても、すぐに信用情報が回復するわけではありません。任意整理したときにはローン利用が可能となるまで、完済してから少なくとも5年経過する必要があります。5年というのは目安ですので、信用情報機関に開示請求をして現在の状況を確認したほうがよいといえます。
任意整理

任意整理後に一括返済は可能|一括返済のメリットデメリットと注意点

任意整理後に一括返済は可能|一括返済のメリットデメリットと注意点
任意整理をした後に一括返済することは可能です。ただし、一括返済によって他社への返済が滞ったり、家計が苦しくなっては意味がありません。借金から早く解放されたい気持ちは分かりますが、一括返済は慎重に行いましょう。この記事では一括返済の注意点を詳しく解説しています。
任意整理

任意整理のデメリット・メリットについて|向いている人の特徴は?

任意整理のデメリットや影響とは?
任意整理をしたいけれど、どんなデメリットがあるのか、メリットと比べてどうなのかと気になる方も多いでしょう。任意整理は自己破産よりもデメリットが少ない手続であり、これで解決する場合も多いです。この記事が、任意整理を開始する判断の手助けになることを願います。
任意整理

任意整理は賃貸契約に影響ある?任意整理前に知っておきたい注意点

任意整理は賃貸住宅に影響ある?
任意整理をしたことで、賃貸契約ができなくなったり、現在の賃貸契約を解除されたりすることはありません。しかし、全く影響がないわけではなく、注意すべきことなどはいくつかあります。そこで、任意整理が賃貸契約に与える影響と注意点について解説していきます。
任意整理

任意整理をした後でも住宅ローンは組める?喪明け審査のポイントを紹介!

任意整理をした後でも住宅ローンは組める?喪明け審査のポイントを紹介!
任意整理をした後は、一定期間住宅ローンを組めなくなります。クレジットカードのローンや車のローンなども同様です。任意整理すると信用情報機関に事故情報が登録されるからです。任意整理後に住宅ローンの審査を通過するためのコツや住宅ローンを組めない期間を紹介していきます。
任意整理

任意整理の流れと注意点の全てが一目で分かる詳細かつ簡単な解説

任意整理の流れと注意点
任意整理は債権者と交渉することで将来の利息をカットしてもらい、返済額を減額する手続きです。任意整理を成功させるには、自分が主体となって手続きを進めていく意識が大切です。本記事では、任意整理の流れと注意点のすべてをわかりやすく解説していきます。
借金返済の知識

40代の借金の平均額は?借金の内訳と多い場合の対処方法を解説

40代の借金の平均額は?借金の内訳と多い場合の対処方法を解説
40代の借金の平均額は単身世帯で354万円、二人以上の世帯で2,037万円です。40代では住宅ローンを抱えている世帯が多く、住宅ローンを除いた借金の平均は150万〜200万円程度になります。この記事では40代の借金の平均額と借金が多い場合の対処について説明します。
借金問題でお悩みの方へ

TOPへ