実家の片付けは早めがおすすめ!生前整理のコツと効率的な手順を解説

子ども世代から、帰省したら「実家に荷物が溢れかえっていた」「実家が汚くて困っている」という声が多いのが現実です。

親や祖父母の世代だと「もったいない」と言って物をなかなか捨ててくれないという方も多いですよね。実家を片付けようと思っても労力を考えるとつい腰が重くなってしまいますが、そのまま放置しておくといざという時にどこに何があるか分からず大変な思いをすることも…。

今後、親が年を重ねていくにおいて実家の片付けや、必要な生前整理を済ませているのと、そうでないのでは負担が大きく異なります。

この記事では、実家の片付けのコツと効率的な手順を解説します。


1章 実家の片付けは元気なうちに!片付けを進めておくべき理由

小さい頃からずっと住んでいた家ということもあり、大人になって自立した後でも当時の物がそのまま残っている家庭は少なくありません。

実家の片付けは親が元気なうちに進めておくのがおすすめです。

元気なうちに一緒に片付けを進めることで、以下のような3つのメリットがあります。

  1. 1.正確な判断基準で物の整理を行えるのでスムーズに作業が進む
  2. 2.処分して良いもの、取っておくものについて親子間の意思共有ができる
  3. 3.いざという時(親が亡くなった後)も片付けが楽になる

また、親がどんどん年齢を重ねれば重ねるほど、片付けや掃除そのものが億劫になってしまい難しくなってしまいます。

ぜひ親が元気なうちに片付けを進めておきましょう。


2章 親の説得に使える!実家を片付ける5つのメリット

子どもとしては「どれも捨てて良いもの」だと思っていても、親にとっては「すべて思い出深いもの」だということもあります。

「もったいない」「まだ使える」「思い出だから」など色々な理由を付けて片付けが進まず、終いには口論に…ということも。

物を捨てる=もったいないという考えを持っている親世代に片付けを協力してもらうには、それなりの説得が必要です。

ここからは、親が実家を片付けてくれないときに伝えるべきメリット(説得ポイント)を紹介します。

親が実家を片付けてくれないときに伝えるべき5つのメリット

  1. 1.緊急時に物がどこにあるかすぐに把握できる
  2. 2.家の安全性が高くなる
  3. 3.在宅介護が楽になる
  4. 4.バリアフリー工事が必要な際もすぐ作業に取り掛かれる
  5. 5.家の財産を把握することができる

①緊急時に物がどこにあるかすぐに把握できる

1つ目は緊急時に備えた片付け」ということを説明しましょう。

あまり考えたくないものですが、もし急に倒れてしまった場合や緊急で入院をせざるを得ない場合は子どもが物を届けたり必要な書類を集めたりする場合があります。

その際、どこに何があるのか把握し切れていないままだと、探すだけで大変な時間がかかってしまいます。

もしもの緊急の場合でもすぐに対応できるように、ある程度どこに何があるのかを把握できる程度の片付けをおすすめします。

②家の安全性が高くなる

2つ目は片付けることによって「足場が広くなり家の安全性が高くなる」ことを説明しましょう。

足の踏み場もないほど散らかっているケースは珍しいかもしれませんが、片付けることによって狭い場所を通ったり物にぶつかった拍子に転んだりするリスクが減るため家の安全性が高くなります。

また、地震によって物が倒れてしまうリスクも抑えられるので、高く物を積んでいる場合は片付けることによってケアすることができます。

③在宅介護が楽になる

3つ目は子どもやヘルパーさんが「在宅介護をするのに楽」ということを説明しましょう。

在宅介護のためヘルパーさんに来てもらう場合も、物が散らかっているとスムーズなサポートができなくなる可能性があります。また、物の整理がされていれば、どこに何があるか見てわかるので、介護する側の負担も大幅に軽減されます。

介護してくれる人を楽にするためにも、元気なうちから備えて片付けを始めるのをおすすめします。

④バリアフリー工事が必要な際もすぐ作業に取り掛かれる

4つ目は、歳を重ね足腰が弱くなった時に「バリアフリー工事をする可能性」があることを説明しましょう。

家でバリアフリー工事を行なう際は、トイレな風呂場に手すりを付けたり、段差をなくす、滑り止めを敷くなどの工事が必要になっていきます。

いざリフォームする際、物が散らかっているとそちらを片付けてからでないと工事できません。

リフォーム工事が必要なくらい足腰が弱りきってしまった後に片付けとなると、ほとんど子どもだけで行わなければいけなくなるため、元気なうちに片付けを行うことをおすすめします。

⑤家の財産を把握することができる

5つ目は認知症になり判断が難しくなる前に、家の財産を把握することができる」ことを説明しましょう。

認知症になってから家にある財産を売って良いものなのか、そのまま次世代に引き継いで欲しいものなのか判断するのは難しくなります。判断力があるうちに、家の財産を明確にし家族と情報共有しておくことで、相続トラブルの発生リスクが低くなります。

例えば、不動産やブランド品や宝石以外の財産は、人によって価値観が異なるためトラブルの原因にもなりかねません。本人の口からどうするのかを聞いて把握しておくことによって、いざという時に意向を尊重することができます。


3章 実家の片付けをする際に効率的な5つの手順

説得をすることができたら、いよいよ実家の片付けに移りましょう。

自分の部屋だけならいざ知らず、家全体の片付けとなると「もはやどこから手を付けて良いのか分からない」と思うでしょう。

片付けを効率的に行うには最初の計画が重要です。

まずは5つの手順を参考に、片付けの計画を立てましょう。

【実家の片付けをする際に効率的な手順】

  1. 1.親や兄弟姉妹に実家の片付けをすることを伝えておこう
  2. 2.家族と捨てるもの、捨てないもの基準や価値観を共有しよう
  3. 3.1部屋ずつ片付けていこう
  4. 4.思い入れのない物から捨てよう
  5. 5.アルバム・手紙など判断に迷うものは最後まで残そう

手順1:親や兄弟姉妹に実家の片付けをすることを伝えておこう

まずは、実家の片付けをすると決めたら他の家族にも「実家の片付けをする」と伝えておきましょう。

自分だけで決めていて、片付けを始めると揉める原因にもなりかねません。また、兄弟がいる場合は自分の部屋も勝手に片付けられると思い、嫌がる場合もあるでしょう。

できれば、兄弟がいる場合は一緒に片付けを行うのをおすすめします。

また、実家を片付けている際に思わぬ財産が見つかる可能性もあります。片付けの際に勝手に宝石やブランド品などの形見分けがはじまると、参加していない兄弟は面白くありませんよね。そうなってくると遺産を巡ったトラブルにもなりかねません。

片付けをした人だけが知っているということにもならないようにも、あらかじめ情報共有しておきましょう。

手順2:家族と捨てるもの、捨てないもの基準や価値観を共有しよう

親や兄弟から実家の片付けの許可が降りたら、まずは「これだけは捨てたくない」というものは何か聞いておく必要があります。

例えば、自分が子どもの頃の洋服や何気ない工作など、自分自身はどうでも良いと思っていても親にとっては宝物のようなものかもしれません。良かれと思って勝手に捨ててしまうと、ショックを受けてしまう場合や揉めてしまう場合もあります。

片付けに入る前に、家族で『捨てたくない物』の基準や価値観を共有しておきましょう。

手順3:1部屋ずつ片付けていこう

物の価値観を把握したら、いよいよ片付けに入ります。

片付けといっても各部屋少しずつ着手し始めたら、結局どの部屋がどれだけ片付けが進んだのか分からなくなってしまいます。

実家を片付ける際には1部屋ずつ片付けるのをおすすめします。

ポイントとしては、玄関や洗面所など比較的物が少ない場所から進めるのが良いでしょう。いきなりリビングや親の部屋など、物や思い出が多そうな場所から進めると全く進まない可能性があるからです。

物量が少なく、比較的狭い部屋から進めましょう。

手順4:思い入れのない物から捨てよう

片付ける部屋の順番が決まったら物を捨てていきます。

まずは躊躇なく捨てられるものからどんどん捨てていきましょう。例えばキッチンの片付けの場合、明らかにカビやサビがあって使えないキッチン用品や賞味期限が切れた調味料などです。

その際に思い入れがない物からどんどん捨てていくのがポイントです。

家庭科の授業で作ったエプロンや子どもの頃に使っていたお弁当箱など、捨てるのに迷う物が出てきた場合は容赦なく捨てるのではなく保留にしましょう。

片付ける習慣がない相手と片付けをする場合は、まずは『捨てる癖』を付けさせるのが重要です。捨てることに慣れさせてから徐々に捨てにくいものへと移行しましょう。

気分が乗ってきたら、普段なら絶対に捨てないものでも、案外簡単に手放せるようになるかもしれません。

手順5:アルバム・手紙など判断に迷うものは最後まで残そう

最後は、片付けの最難関とも言える賞状やアルバム、手紙といった思い出が詰まった物です。

掃除などで昔のアルバムや手紙など思い出の物が出てきてしまい、作業が進まなくなった…という経験を持っている方も多いはず。

ましてや、たまの実家でアルバムを開いてしまうと、思い出話に花が咲くのは言うまでもありません。

捨てる・捨てないの前に片付け自体がストップしてしまいそうなものは最後に残しておきましょう。また、捨てる可能性も0ではない場合は最終判断を下すのに時間がかかってしまう可能性もあります。

こういった、思い出に関係するものは最後の最後まで残しておきましょう。


4章 実家の片付けが大変なときは業者へ依頼しよう

実家があまりにも散らかりすぎて、1日2日どころか1週間以上時間をかけても片付かなさそうという場合は業者へ依頼するのも手です。

業者は清掃や片付けのプロなので、手際よく片付けを進めてくれるメリットがあります。どうしても時間がない場合や、一向に片付けに終わりが見えてこないという場合は頼るのも検討しましょう。

4-1 実家の片づけを業者へ依頼した方がよいケース

できれば思い出が詰まっている実家なので、業者に頼らず自分たちで進めたいというのが本音だと思います。

しかし、もはやゴミ屋敷と呼ばれるレベルまで散らかっている場合や、親が高齢で片付けがままならない場合は依頼した方が良いでしょう。

また、家具を捨てる場合など大掛かりな片付けを行う場合は怪我をする可能性もあるので、そちらも業者の力を借りるのがおすすめです。

自分たちでは進められなさそうだと思ったら、検討してみましょう。

4-2 実家の片づけを業者へ依頼するときの費用目安

片付けを依頼する際の業者の費用は、部屋の間取りや片付ける量によっても異なります。

金額に大きな差が出ますが、30万〜60万くらいが相場だと言われています。実家の場合は2LDK以上がほとんどだと思うので40万〜60万くらいを見ておきましょう。

また、片付けだけでなく家電など大きな物を処分する際は多額の処分費がかかるため、これよりも更に高くなる可能性もあります。

4-3 実家の片づけ費用を安くするコツ

業者に頼みたいけれど少しでも費用を抑えたいという場合は、以下の2つのポイントを参考にしましょう。

  1. 1.依頼する業者を複数件ピックアップして相見積もりをとる
  2. 2.自分たちでできそうな部屋は進めておく

最初から1つに絞ってしまうと、費用が相場通りなのか分からず損をしてしまう可能性があります。できれば、訪問見積もりを複数の業者で依頼し金額を比較しましょう。

また、部屋数によって金額が異なるため、玄関や洗面所など自分たちで進められそうな部屋があれば、進めておいてリビングなど大きな部屋のみ依頼するという手もあります。

4-4 信頼できる実家の片付け業者を探す方法

悪徳業者に引っかからないようにするには、見積書に作業内容が具体的に記載されていて各項目ごとに料金が分かれているかチェックしましょう。

作業一式などでまとめて金額が記載されている場合、どこに何のお金がかかっているか分からないため怪しい業者の可能性があります。

また、見積書に記載されている作業が少なすぎる場合も注意しましょう。当日になって急遽作業の追加や清掃代、処分代などとあれこれ持ちかけて追加料金を払うことになることも。当日追加料金がかかる可能性があるのかどうかも調べておきましょう。

4-5 業者を入れる場合は必ず立ち会いをする

業者に依頼する際に注意してほしいのは、必ず立ち会いをすることです。

忙しいからと言って、立ち会いをしないでそのまま丸投げして業者に依頼すると、悪質な場合お宝が見つかったらそのまま持って行ってしまう可能性もあります。

また、残しておきたいと思っていた物が勝手に処分されてしまい、トラブルになったというケースもあります。

そういったトラブルを避けるためにも、業者を入れる場合は立ち会いをしましょう。


5章 遺品整理を行う場合は借金などの負債がないか調べよう

生前の実家の片付けの他に、親が亡くなってから遺品整理として実家の片付けを行うケースもあります。

近年『終活』という言葉が定着しましたが、亡くなってから初めて本格的に実家を片付けたという方もまだまだ少なくありません。

ここからは、遺品整理を行う場合の注意点を解説します。

まず初めに、亡くなった人が借金などの負債を抱えていないか調べておきましょう。

子どもは当然、親の遺産を相続するものだと思いがちですが、もし借金が発覚した場合は相続放棄を行うこともできます。相続放棄を行うと一切の相続ができなくなりますが、借金も相続しなくて良くなるため多額の借金が発覚した場合は検討するのも手です。

ですので、本当に相続して大丈夫なのかどうかをまず初めに調べるのをおすすめします。

相続放棄についての詳細とメリット・デメリットはこちらの記事で詳しく解説しています。


6章 今後に備えて早めに実家の片付けを済ませておこう!

実家を片付けることによって、様々なメリットがあるのが分かったと思います。

年々年老いていくうちに、片付けのモチベーションは下がっていくものです。身体が元気なうちに実家の片付けを済ませておくのをおすすめします。

また、もし可能であれば実家を今後継ぐのか畳むのかも話し合ってみましょう。空き家のまま放置しておくと管理や保険料の支払い、防犯上のリスクなどデメリットが多いため判断できるうちに決めておくと良いでしょう。

相続や生前贈与などのご相談は、当メディアを運営しているグリーン司法書士法人でも行っております。まずはお気軽にご相談ください。

実家の畳み方と処分方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので併せてご確認ください。

遺産相続に関するガイドブックを無料ダウンロード!

  •  遺産相続の流れ
  •  相続人調査
  •  相続関係説明図の作成
  •  要注意の相続のケース
  •  遺産分割協議書の作成
  •  名義変更手続の方法
  •  相続税の申告
  •  遺言書の作成
  •  後見について
  •  贈与について

 相続について話し合うきっかけに!

遺産相続ガイドブックダウンロード実物

生前にする相続対策、亡くなってからの相続手続について、わかりやすく解説させていただいております。遺産相続ガイドブックが相続を自分の問題と捉えて、対策を始めるきっかけになったり、相続手続の手助けとなれば幸いです。

無料ダウンロードはこちら

不安なことは、グリーン司法書士法人にご相談ください。一緒に、最適な相続対策を考えていきましょう。

グリーン司法書士法人の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

お電話または下記よりお問い合わせいただければ、無料で直接ご相談をいただけます。 相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

30名を超える相続のプロが徹底サポート

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない
  • しっかりとした遺言書を作成したい
  • 認知症生前対策をしておきたいけどよくわからない

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、理想の相続実現をサポートします。

相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00-20:00(土日祝10:00〜17:00)
[休業日] 年末年始

※「記事をみた」とお伝えください。