親族の数え方|○親等はどうやって数えるの?【イラストで簡単解説】

相続を含む、法律手続きの中で「親族」という言葉をよく目にしますよね。

「親族」の意味として、「親戚のことでしょ?」とざっくりと理解している方が多いのではないでしょうか。

しかし、「親族」は法律上で明確に範囲が決められています。

また、数え方についても明確化されており、1親等や2親等など、「○親等」として数えます。

親族の範囲や数え方について理解しておくと、相続手続きをする際に理解がスムーズになります。

この記事では、親族の範囲や、数え方などについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。


1章 親族の範囲

親族とは、以下の範囲と定められています。

  • 6親等以内の血族
  • 3親等以内の姻族
  • 配偶者

血族とは、生物学的に血縁関係のある人、つまり「血の繋がっている人」を指します。ただし、血がつながっていなくても養子縁組をした養子であれば「法定血族」として血族に含まれます。

姻族とは、配偶者の血族を指します。

なお、配偶者は親等を持たない親族として扱われます。

「6親等」「3親等」とは、簡単に言えば、自身から見て「6代離れている世代」「3代離れている世代」ということです。詳しくは次章で解説します。

また、血族や姻族については詳しくはこちらをご覧ください。


2章 親族の数え方

親族は、世代に応じて「○親等」と数え、近い親族ほど数字が小さく、遠いほど大きくなります。

例えば、自身から見て親は1世代上ですので「1親等」、孫は2世代下ですので「2親等」となります。

親族の数え方としてよく間違えられるのが、兄弟姉妹です。兄弟姉妹は親と同じく最も近い家族ですので、1親等と考えられがちですが、法律上では「2親等」として数えるので注意しましょう。

親族はしばしば、「血族」と「姻族」で分けて使われることがありますので、それぞれ理解しておきましょう。

2-1 血族の親等

血族の親等は以下のようになります。

1親等:父母・子

2親等:祖父母・孫・兄弟姉妹

3親等:曾祖父母・曾孫・叔父叔母/叔父叔母・甥姪

4親等:高祖父母・玄孫・祖父母の兄弟姉妹・いとこ・甥姪の子

5親等:五世の祖父母・来孫・高祖父母の兄弟姉妹・祖父母の甥姪・いとこの子・甥姪の孫

6親等:六世の祖父母・昆孫・高祖父母の兄弟姉妹の子・祖父母の甥姪の子 など

2-2 姻族の親等

姻族の親等は以下のようになります。

1親等:義父母

2親等:義祖母・義兄弟姉妹

3親等:義甥姪・義叔父叔母/伯父伯母

2-3 親等の数え方の法則

これを全て覚えるのは大変だと思います。なので、覚えなくても構いません。

数え方の法則を理解してしまえばいいのです。たった2ステップで終わるので見ていきましょう。

STEP① 家系図を書く

まずは家系図を書きましょう。

この時、ご自身を中心に持ってくるようにしてください。

借金 相続

STEP② 親等は縦に数える

親等を数える時のポイントは「縦に数える」ことです。スタート地点は「自分」です。

注意点は「横移動はしない」ことと「世代を飛ばすことはできない」ことの2つです。

例えば、上の図でAさんから見て両親は上にひとつ上がるだけなので1親等、逆に子はひとつ下がるだけなので同じく1親等です。

祖父母は、世代を上にふたつ上がるので2親等です。

兄弟は、まず上にひとつ上がってからひとつ下がるので、2親等となります。

このように、親等は縦の線を何本引くかで数えます。数え方の法則はこれだけです。

叔父や叔母はAさん→父母→祖父母と2つ上がってからひとつ下がるとたどり着くので3親等となります。(上の図で、Aさんの子から見てAさんの兄姉へたどってみてください。)

“配偶者は「親等なし」”

ここまで来ると、例外がひとつあることに気づくでしょう。そう、配偶者です。

配偶者は「親等なし」なのです。

だからこそ、1章で示した親族の範囲においても配偶者だけ別に定められているんですね。


3章  【ケース別】親族の数え方はどうなる?

状況によっては「親族に含まれるのかな?」というケースがあるかと思います。

そのようなイレギュラーなケースにおける親族の数え方についても見ていきましょう

関係性種別備考
離婚した元夫・妻なし離婚した時点で、関係性はなくなりますので、親族には含まれません。
内縁の妻・夫なし婚姻関係のない男女は、法律上親族になりません。
当然、内縁の妻・夫の親族も親族となりません。
離婚して離れた親子1親等の血族親同士が離婚したとしても、親子は常に1親等の血族として親族に含まれます。
養子縁組した子ども1親等の血族養子縁組をした場合、法律上親子関係が成立しますので、1親等の血族として親族に含まれます。
再婚相手の連れ子養子縁組をしない場合1親等の姻族養子縁組をしていない場合、配偶者の親族となるので、1親等の姻族として親族に含まれます。姻族なので相続権はありません。
養子縁組をした場合1親等の血族一方で、養子縁組をした場合は法律上親子関係が成立するので、1親等の血族として親族に含まれます。親族となるため相続人に含まれます。
未婚の男女の間に生まれた母子1親等の血族未婚の男女から生まれた子ども(非嫡出子)であっても、母と子は必ず親族となります

4章 相続権を持つ親族の範囲

相続権を持つ人は、法律で決められています。これを「法定相続人」と言います。

法定相続人は以下のように定められています。

常に相続人:配偶者
第一順位:子どもや孫などの直系卑属
第二順位:両親や祖父母などの直系尊属
第三順位:兄弟姉妹・代襲相続人

遺産分割協議

配偶者の他に親族がいる場合は、上記の順位に沿って、以下のように相続人が決定されます。配偶者は常に相続人となります。

  1. 子供がいる場合は子供が相続人(※1)
  2. 子供がいない場合は第二順位の両親(※2)
  3. 子供も両親もいない場合は第三順位の兄弟姉妹
    ※1 子供はいない(亡くなっている)が孫がいる場合は孫
    ※2 両親はいないが祖父母が存命の場合は祖父母

なお、第三順位にある「代襲相続人」とは、本来相続人となる人がすでに亡くなっている場合に、その人の代わりに相続人となる人で、相続人となる人の1つ下の代の人が対象となります。

法定相続人についての詳しい解説はこちら

4-1 法定相続分

法定相続人が相続できる割合も、「法定相続分」として法律で定められています。

具体的には以下のとおりです。

法定相続人法定相続分備考
配偶者のみ配偶者100%
配偶者+子配偶者1/2子が複数人いる場合は均等に分配します。
1/2
配偶者+両親などの直系尊属配偶者2/3

親が複数人いる場合は均等に分配します。

被相続人に最も近い世代のみが相続人となる。親・祖父母が両方とも存命の場合でも、相続人になるのは親のみです。

両親などの直系卑属1/3
配偶者+兄弟・姉妹配偶者3/4
兄弟・姉妹1/4
子のみ子100%
両親などの直系尊属のみ両親100%親が複数人いる場合は均等に分配します。
兄弟・姉妹のみ兄弟・姉妹100%兄弟・姉妹が複数人いる場合は均等に分配します。

まとめ

親族は、以下のように定められています。

【6親等以内の血族】

1親等:父母・子

2親等:祖父母・孫・兄弟姉妹

3親等:曾祖父母・曾孫・叔父叔母/叔父叔母・甥姪

4親等:高祖父母・玄孫・祖父母の兄弟姉妹・いとこ・甥姪の子

5親等:五世の祖父母・来孫・高祖父母の兄弟姉妹・祖父母の甥姪・いとこの子・甥姪の孫

6親等:六世の祖父母・昆孫・高祖

【3親等以内の姻族】

1親等:義父母

2親等:義祖母・義兄弟姉妹

3親等:義甥姪・義叔父叔母/伯父伯母

基本的に相続に関係があるのは、配偶者と「3親等の血族」までですので、それを覚えておけば良いでしょう。

相続に関して以下の様なお悩みを抱えてはいませんか?

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない…
  • 家や土地、預貯金などの名義変更が必要だけど書類集め・手続きなど大変…
  • 遺言書を作成しようと思っているが、専門家の意見を聞いておきたい…
  • 認知症対策や生前対策したいけど、成年後見、家族信託、生前贈与どれがいいんだろう…
  • 故人に借金が見つかったので、相続放棄の手続きを専門家に任せたい…

相続に関する問題は法律に沿って丁寧かつスピーディーに対処しないと

  • 余計な時間と手間がかかり、本来払わなくてもいい税金まで払うことに
  • 本来仲のよかった兄弟の関係が相続を機に壊れてしまった
  • 負債も相続すると知らずに多額の親の借金を相続してしまう

など取り返しのつかないケースになる事も非常によくあるのです。

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、 理想の相続実現をサポートします。

グリーン司法書士の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

お電話または下記よりお問い合わせいただければ、無料で直接ご相談をいただけます。 相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

30名を超える相続のプロが徹底サポート

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない
  • しっかりとした遺言書を作成したい
  • 認知症生前対策をしておきたいけどよくわからない

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、理想の相続実現をサポートします。

グリーン司法書士の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

30名を超える相続のプロが徹底サポート

相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00-20:00(土日祝10:00〜17:00)
[休業日] 年末年始

※「記事をみた」とお伝えください。