血族について徹底解説|範囲や親族・姻族との違いについても紹介

相続人 調査 アイキャッチ

相続に関して調べていると「血族」という言葉をよく見かけませんか?

「血族」というと、なんとなく「血のつながった人かな?」と思いますよね。

しかし、実際の定義については理解ができていない人がほとんどでしょう。

また、血族の他にも「親族」や「姻族」など似たような言葉が多く、戸惑うこともあるのではないでしょうか。

この記事では、血族についてや、「親族」「姻族」についても解説します。


1章 血族とは?

血族には、大きく分けて「自然血族」「法定血族」の2種類があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1-1 自然血族

自然血族とは、生物学的な血縁関係にある人を指し、関係性が遠くても血が繋がっていれば「血族」にあたります。

親子や、祖父母と孫などはもちろん、いとこやはとこであっても血族に含まれます。

一方で、配偶者や、配偶者の血族、再婚相手の連れ子などは血の繋がりがないため、自然血族に含まれません

ただし、血縁関係にあっても、血族に含まれないケースがあります。それは、「非摘出子と父親」です。

婚姻関係のない男女の間に生まれた非嫡出子の場合、母親とは必ず血族になりますが、父親とその子供は血族にあたりません。父親と非嫡出子が血族になるためには、子を認知する手続きが必要です。

1-2 法定血族

法定血族とは、生物学的な血縁関係になくても、法律上血縁関係があるとみなされる血族を指します。

主な例は、「養親と養子」です。

養親と養子には血縁関係はありませんが、養子縁組すれば実子と変わらず「親子関係」が法律上認められるため、血族に含まれます。


2章 「血族」と似た種別

「血族」と似た言葉で「親族」や「姻族」というものがあります。

名前は似ていますが、それぞれの性質は異なり、含まれる範囲も異なります。

相続の場面では「血族」「親族」「姻族」という言葉がしばしば登場しますので、それぞれの違いについて把握しておきましょう。

2-1 姻族

姻族とは、配偶者の血族のことを指します。

配偶者の血族とは当然、血縁関係がありませんが、結婚したことによって「姻族」としての関係性を持つこととなります。

2-2 親族

親族とは、簡単に言えば「親戚」です。しかし、法律では、その範囲はしっかりと決められています。

親族の範囲は、本人から見て6親等までの血族と3等身以内の姻族です。

具体的には以下のようになります。

【血族】

1親等:父母・子

2親等:祖父母・孫・兄弟姉妹

3親等:曾祖父母・曾孫・おじおば・甥姪

4親等:高祖父母・玄孫・祖父母の兄弟姉妹・いとこ・甥姪の子

5親等:五世の祖父母・来孫・高祖父母の兄弟姉妹・祖父母の甥姪・いとこの子・甥姪の孫

6親等:六世の祖父母・昆孫・高祖父母の兄弟姉妹の子・祖父母の甥姪の子 など

【姻族】

1親等:義父母

2親等:義祖母・義兄弟姉妹

3親等:義甥姪・義叔父叔母/伯父伯母


3章 血族の分類

血族などを表現する際「直系血族」「傍系血族」「直系卑属」「直系尊属」という言葉をよく目にします。

それは、どういった意味なのでしょうか。それぞれ解説します。

3-1 直系と傍系

直系とは、直接的に親子関係で繋がっている系統を指します。

例えば、父親・母親・祖父母・曾祖母・子供・孫・曾孫などです。

一方で、直系から枝分かれした横につながる系統を「傍系」と言います。

兄弟姉妹や、いとこ、叔父叔母(伯父伯母)などがこれにあたります。

「直系以外は傍系」とおぼえておくと分かりやすいでしょう。

3-2 尊属と卑属

「尊属・卑属」は、上下の関係を指します。

自分から見て上の代は「尊属」下の代は「卑属」となります。

父親・母親、祖父母、叔父叔母(伯父伯母)などは自分より上の世代ですので、「尊属」。子どもや孫、甥姪などは自分より下の世代ですので、「卑属」となります。

相続の場面では「直系尊属」「直系卑属」「傍系尊属」「傍系卑属」というような言葉が出てきますが、以下のように覚えておきましょう。

  • 直系で、自分より上の世代=直系尊属・・・父親・母親・祖父母・曾祖父母 など
  • 直系で、自分より下の世代=直系卑属・・・子ども・孫・曾孫 など
  • 傍系で、自分より上の世代=傍系尊属・・・叔父叔母(伯父伯母)、両親の叔父叔母(伯父伯母) など
  • 傍系で、自分より下の世代=傍系卑属・・・甥姪・甥姪の子 など


まとめ

みなさんが「親戚」とひとくくりにして呼ぶ関係性も、法律の中では「血族」「姻族」「親族」と細かく範囲が決められており、さらに「直系」「傍系」「卑属」「尊属」と細分化されています。

ややこしくて分かりにくいですが、一般的な相続の場面では、以下のように覚えておけば問題ないでしょう。

血族血の繋がっている人
姻族配偶者の血族
親族血族と配偶者の血族
直系血族直接上下につながっている血族
(親、子、祖父母、孫など)
傍系血族直系から枝分かれした血族
(兄弟姉妹、叔父叔母、いとこ、甥姪など)
直系尊属直系血族のうち、自分より上の世代
(親、祖父母など)
直系卑属直系血族のうち、自分より下の世代
(子、孫など)
傍系尊属傍系血族のうち、自分より上の世代
(叔父叔母など)
傍系卑属傍系血族のうち、自分より上の世代
(甥姪など)

 

相続に関して以下の様なお悩みを抱えてはいませんか?

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない…
  • 家や土地、預貯金などの名義変更が必要だけど書類集め・手続きなど大変…
  • 遺言書を作成しようと思っているが、専門家の意見を聞いておきたい…
  • 認知症対策や生前対策したいけど、成年後見、家族信託、生前贈与どれがいいんだろう…
  • 故人に借金が見つかったので、相続放棄の手続きを専門家に任せたい…

相続に関する問題は法律に沿って丁寧かつスピーディーに対処しないと

  • 余計な時間と手間がかかり、本来払わなくてもいい税金まで払うことに
  • 本来仲のよかった兄弟の関係が相続を機に壊れてしまった
  • 負債も相続すると知らずに多額の親の借金を相続してしまう

など取り返しのつかないケースになる事も非常によくあるのです。

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、 理想の相続実現をサポートします。

グリーン司法書士の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

お電話または下記よりお問い合わせいただければ、無料で直接ご相談をいただけます。 相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

30名を超える相続のプロが徹底サポート

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない
  • しっかりとした遺言書を作成したい
  • 認知症生前対策をしておきたいけどよくわからない

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、理想の相続実現をサポートします。

グリーン司法書士の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

30名を超える相続のプロが徹底サポート

相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00-20:00(土日祝10:00〜17:00)
[休業日] 年末年始

※「記事をみた」とお伝えください。