遺産分割によって法定相続分を超える持分を取得した場合、その物権変動について、登記は必要とした判例遺産分割によって法定相続分を超える持分を取得した場合、その物権変動について、登記は必要とした判例

事例

遺産分割によって法定相続分を超える持分を取得した場合、登記は必要とした判例

遺産分割と登記 最高裁昭和46年1月26日判決 この判決は、「遺産分割によって法定相続分を超える持分を取得した場合、その物権変動について、登記を備える必要があるか」という問題について、分割後に…

遺産分割と登記 最高裁昭和46年1月26日判決 この判決は、「遺産…

遺産分割と登記 最高裁昭和46年1月26日判決 この判決は、「遺産分割によって法定相続分を超える持分を取得した場合、その…

相続放棄による物権変動について登記を備える必要はないとした判例相続放棄による物権変動について登記を備える必要はないとした判例

事例

相続放棄による物権変動について登記を備える必要はないとした判例

相続放棄と登記 最高裁昭和42年1月20日判決 この判決は、「相続放棄によって法定相続分以上に財産を相続した場合に、そのことを第三者へ主張するために登記が必要か」という問題について「登記は不要…

相続放棄と登記 最高裁昭和42年1月20日判決 この判決は、「相続…

相続放棄と登記 最高裁昭和42年1月20日判決 この判決は、「相続放棄によって法定相続分以上に財産を相続した場合に、その…