住宅ローン返済で夫婦間で贈与税がかかるケースとは|節税方法も紹介住宅ローン返済で夫婦間で贈与税がかかるケースとは|節税方法も紹介

相続税・贈与税

住宅ローン返済で夫婦間で贈与税がかかるケースとは|節税方法も紹介

生活費や教育費の援助をしても夫婦間では贈与税がかかりません。 しかし夫婦間であっても名義人以外が住宅ローンを返済する、夫名義の住宅の頭金を妻が負担するケースなどでは贈与税の課税対象となります。…

生活費や教育費の援助をしても夫婦間では贈与税がかかりません。 しか…

生活費や教育費の援助をしても夫婦間では贈与税がかかりません。 しかし夫婦間であっても名義人以外が住宅ローンを返済する、夫…

相続税を申告しない場合のペナルティとは?税務署にバレる理由も解説相続税を申告しない場合のペナルティとは?税務署にバレる理由も解説

相続税・贈与税

相続税を申告しない場合のペナルティとは?税務署にバレる理由も解説

相続税はすべての人が申告しなければいけないわけではありません。 相続税には「3,000万円+600万円×法定相続人の数」の基礎控除が用意されており、基礎控除内に相続した財産の合計額が収まる場合…

相続税はすべての人が申告しなければいけないわけではありません。 相…

相続税はすべての人が申告しなければいけないわけではありません。 相続税には「3,000万円+600万円×法定相続人の数」…

相続税は遺産から払える?遺産から払う方法・納税資金を用意する方法相続税は遺産から払える?遺産から払う方法・納税資金を用意する方法

相続税・贈与税

相続税は遺産から払える?遺産から払う方法・納税資金を用意する方法

相続税を納税するまでに遺産分割協議や預貯金の名義変更手続きが完了していれば、遺産から相続税を支払えます。 相続税の納税期限は相続開始から10ヶ月以内であり、納税期限までに遺産分割協議や預貯金の…

相続税を納税するまでに遺産分割協議や預貯金の名義変更手続きが完了して…

相続税を納税するまでに遺産分割協議や預貯金の名義変更手続きが完了していれば、遺産から相続税を支払えます。 相続税の納税期…

貸家建付地の相続税評価額の計算方法!評価額を下げる方法とは貸家建付地の相続税評価額の計算方法!評価額を下げる方法とは

相続税・贈与税

貸家建付地の相続税評価額の計算方法!評価額を下げる方法とは

賃貸アパートや賃貸マンションを建てていた土地は貸家建付地に分類され、自分で使用していた土地よりも相続税評価額を下げられます。 故人が賃貸アパートや賃貸マンションを経営していたときは、相続した土…

賃貸アパートや賃貸マンションを建てていた土地は貸家建付地に分類され、…

賃貸アパートや賃貸マンションを建てていた土地は貸家建付地に分類され、自分で使用していた土地よりも相続税評価額を下げられます…

土地に相続税がかからないケースとは?計算方法や相続時の注意点土地に相続税がかからないケースとは?計算方法や相続時の注意点

相続税・贈与税

土地に相続税がかからないケースとは?計算方法や相続時の注意点

故人が所有していた不動産を相続した場合、「相続税がいくらかかるのだろう」と不安になる人も多いのではないでしょうか。 結論から言うと、土地を相続したからと言ってすべてのケースで相続税がか…

故人が所有していた不動産を相続した場合、「相続税がいくらかかるのだろ…

故人が所有していた不動産を相続した場合、「相続税がいくらかかるのだろう」と不安になる人も多いのではないでしょうか。 …

贈与税がかからない年110万円の贈与も証拠は必要!有効な証拠とは贈与税がかからない年110万円の贈与も証拠は必要!有効な証拠とは

相続税・贈与税

贈与税がかからない年110万円の贈与も証拠は必要!有効な証拠とは

年間110万円以内の贈与であれば、贈与税の申告および納税は必要ありません。 そのため、相続税対策として110万円以内の贈与を繰り返し行おうと考えている人もいるでしょう。 年間110万円に収ま…

年間110万円以内の贈与であれば、贈与税の申告および納税は必要ありま…

年間110万円以内の贈与であれば、贈与税の申告および納税は必要ありません。 そのため、相続税対策として110万円以内の贈…

相続財産が基礎控除ギリギリの時に相続税申告をすべき理由相続財産が基礎控除ギリギリの時に相続税申告をすべき理由

相続税・贈与税

相続財産が基礎控除ギリギリの時に相続税申告をすべき理由

相続税には「3,000万円+600万円×法定相続人の数」の基礎控除枠が用意されています。 相続税の課税対象財産の合計額が基礎控除内に収まる場合、相続税の申告と納税は不要です。 ただし、課税対…

相続税には「3,000万円+600万円×法定相続人の数」の基礎控除枠…

相続税には「3,000万円+600万円×法定相続人の数」の基礎控除枠が用意されています。 相続税の課税対象財産の合計額が…

相続税の納付方法は6種類!納付時の注意点や遅れたときのペナルティ相続税の納付方法は6種類!納付時の注意点や遅れたときのペナルティ

相続税・贈与税

相続税の納付方法は6種類!納付時の注意点や遅れたときのペナルティ

相続財産が一定額以上の場合には、相続税の申告および納付が必要です。 相続税の申告、納付期限は相続開始から10ヶ月以内なので遅れないようにしましょう。 また、相続税の納付は現金一括が原則ですの…

相続財産が一定額以上の場合には、相続税の申告および納付が必要です。 …

相続財産が一定額以上の場合には、相続税の申告および納付が必要です。 相続税の申告、納付期限は相続開始から10ヶ月以内なの…

配偶者が全て相続したときの相続税はいくら?利用できる控除や特例配偶者が全て相続したときの相続税はいくら?利用できる控除や特例

相続税・贈与税

配偶者が全て相続したときの相続税はいくら?利用できる控除や特例

家族が亡くなったときに遺された配偶者の生活が困らないように、配偶者が全ての財産を相続するケースは多いです。 結論から言えば、配偶者は相続税の控除や特例を利用できるので、全ての財産を相続でも相続…

家族が亡くなったときに遺された配偶者の生活が困らないように、配偶者が…

家族が亡くなったときに遺された配偶者の生活が困らないように、配偶者が全ての財産を相続するケースは多いです。 結論から言え…

不動産投資が相続税対策になる理由|投資時にすべき認知症対策とは不動産投資が相続税対策になる理由|投資時にすべき認知症対策とは

相続税・贈与税

不動産投資が相続税対策になる理由|投資時にすべき認知症対策とは

不動産の相続税評価額は市場価格の約8割程度なので、現金や預貯金ではなく投資用不動産として遺産を残せば相続税を節税できる可能性があります。 また、不動産投資目的で借入を行っておけば、相続発生時に…

不動産の相続税評価額は市場価格の約8割程度なので、現金や預貯金ではな…

不動産の相続税評価額は市場価格の約8割程度なので、現金や預貯金ではなく投資用不動産として遺産を残せば相続税を節税できる可能…

借地権の相続税評価額を計算する方法まとめ!相続時の注意点とは?借地権の相続税評価額を計算する方法まとめ!相続時の注意点とは?

相続税・贈与税

借地権の相続税評価額を計算する方法まとめ!相続時の注意点とは?

建物を所有する目的で土地を借りている権利を借地権と呼びます。 例えば、権利金と地代を払って地主から土地を借り自宅を建てて住む場合などでは、建物の所有権だけでなく借地権も有しています。 借地権…

建物を所有する目的で土地を借りている権利を借地権と呼びます。 例え…

建物を所有する目的で土地を借りている権利を借地権と呼びます。 例えば、権利金と地代を払って地主から土地を借り自宅を建てて…

相続税の未成年者控除とは?要件や計算方法・注意点をわかりやすく解説相続税の未成年者控除とは?要件や計算方法・注意点をわかりやすく解説

相続税・贈与税

相続税の未成年者控除とは?要件や計算方法・注意点をわかりやすく解説

相続人に未成年者が含まれる場合、未成年者控除を適用できます。 未成年者控除は相続税額から直接控除できるので節税効果が大きい制度です。 相続人に未成年者が含まれる場合には、適用要件を満たしてい…

相続人に未成年者が含まれる場合、未成年者控除を適用できます。 未成…

相続人に未成年者が含まれる場合、未成年者控除を適用できます。 未成年者控除は相続税額から直接控除できるので節税効果が大き…