遺言執行業務

遺言執行業務

透明性高く円満な相続を実現したい方へ


こんな方に…

  • 透明性高く、スムーズに相続手続きを進めてほしい
  • 確実に遺言内容を実現してほしい
  • 相続人間の感情の対立を軽減させたい
  • 相続人の手間、面倒を軽減させたい

遺言執行者の選任もしておきましょう

遺言執行とは、相続発生後に遺言内容に従って、遺産の調査から分配まで行うことで、これらを取り仕切る人を「遺言執行者」と呼びます。

遺言書を書いただけで、自動的に遺言どおりに分配されるわけではないため、一般的に遺言書を書くときにはこの遺言執行者を選任しておきます。

子供などの相続人が遺言執行者になるケースも多いですが、法律で決まっている遺言執行手続きを円滑に行うことは簡単ではありません。

また、財産を多くもらう人が遺言執行者になると、相続人間の感情の対立が生じる可能性が高まったり、手続きの透明性に欠ける場合は相続トラブルにまで発展するケースもあります。
そこで「遺言執行~相続手続き」まで、公正中立な法律の専門家に任せる方法がこの遺言執行業務です。


遺言執行業務のメリット

  • 透明性高く、スムーズに相続手続きを進めることができる
  • 相続人が難解で面倒な相続手続きを行わなくて良い
  • 相続人間の感情の対立を軽減できる
サポート価格
遺言執行業務55万円(税込60万5千円)~
(財産額によって変動)
  • ※上記報酬のほかに、実費をいただきます。