家族信託

家族信託とは?

想像してみてください。認知症で自分の財産が凍結されたら子どもたちは困らないだろうか?認知症で親の財産が凍結されたら私たちは困らないだろうか?もし、困った子どもたちや自分たちが想像できたときは、家族信託を検討するのがいいでしょう。
家族信託とは、財産管理手法の1つとして、資産保有者(委任者)が契約によって、信頼できる相手(受託者)に対し、資産(不動産・預貯金・有価証券 等)を移転し、一定の目的(信託目的)に従って、特定の人(受益者)のためにその資産を管理・処分することをいいます。簡単にいうと、「信頼できる家族や親族に自分の財産を託し、財産の管理や処分を任せる」ことができる制度です。
家族信託の制度は、信託契約によって自由に内容を決めることができ、資産承継にも利用することができるので、制限の厳しい成年後見制度や柔軟性の低い遺言に代わる新しい制度として注目されています。

家族信託の仕組み

上図のように家族信託は「委託者」・「受託者」・「受益者」の3人から考えます。

委託者自分の持つ資産を託す人です。
受託者資産を託されて、信託の目的の中でその資産を管理・運用・処分をする人です。
受益者信託された資産から生まれる収益等の利益を受け取る人です。

家族信託のメリット・デメリット

家族信託を活用するメリット

  • 成年後見や遺言ではできない財産管理や財産の活用ができる
  • 自分が亡くなった後、次の相続についても決める事ができる
  • 受託者の判断でいつでも銀行口座から出金できる
  • 受託者が破産等をしても信託した財産は守られて安心
  • 受託者への高額な報酬などが不要
  • 遺留分減殺請求の対象にならない可能性が有る

家族信託のデメリット

  • 引き受けてくれる家族がいないと簡単にできない
  • 複雑な制度なので、親に納得して貰うのが難しい
  • 遺言でできて、家族信託でできないことがある
  • 成年後見制度でしかできないことがある

家族信託の手続き

家族信託の設定方法には次の3つがあります。
家族信託の設定方法

  • 信託契約を結ぶ方法
  • 遺言による方法
  • 信託宣言(自己信託)の方法

上記のなかでは、1.信託契約を結ぶ方法で家族信託を設定する方が多いです。

家族信託を検討中の方へ

家族信託を使えば、何もかもできるわけではありませんが、うまく活用することによって今までの相続対策ではできなかったようなことができるようになります。

・成年後見制度よりも手軽な財産管理が可能になる
・遺言では不可能な財産の継承方法が可能になる

上記2点が家族信託の特徴と言えます。

家族信託の費用

家族信託サポート

家族信託提案プラン

ココがおすすめ

相談料は無料です。

プラン価格
家族信託提案プラン7万円(税込77,000円)

相続費用へ戻る

信託スキーム設計コンサルティング業務

プラン価格
信託スキーム設計コンサルティング業務45万円(税込495,000円)~

グリーン司法書士法人では、家族信託に関する無料相談を受け付けています。

グリーン司法書士法人の家族信託

  • 本当に家族信託が必要かどうかのヒアリングを実施
  • 必要な場合は、どのような家族信託が最適かをご提案
  • 家族にも納得いただける家族信託プランを作成

経験豊富な専門家が本当にあなたが家族信託が必要かどうか丁寧にヒアリングし、ご提案をいたします。
(家族信託普及協会が認定する家族信託専門士が所属するグリーン司法書士法人にご相談ください。

© 2021 グリーン司法書士法人・行政書士事務所