相続・債務整理 大阪グリーン司法書士法人・行政書士事務所

facebook twitter googleplusone

お問い合わせ

06-4708-5581

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

会社合併・分割等

会社合併・分割等

近年、国際的な競争に勝ち残るため、大企業間での合併や会社分割などが盛んに行われております。新会社法の施行により、利用しやすくなったこれらの制度は、うまく使えば、事業の発展や存続に大きな力を発揮してくれます。しかし、その内容は複雑であり、非常に専門的です。誤った利用方法ではかえって経営を悪化させることにもなりかねないので、司法書士などといった専門家の関与は必須だといえます。

主な企業再編方法解説

合併

合併には、新設合併と吸収合併があります。
新設合併とは、合併により消滅する会社の権利義務の一切を新たに設立した会社に引き継がせるものです。
吸収合併とは、既存の会社同士が行います。そして、合併により消滅する会社の権利義務の一切を合併後に存続する会社が引き継ぐものです。

会社分割

会社分割には、新設分割と吸収分割があります。
会社分割とは、株式会社、または合同会社が事業に関して有する権利義務の全部、または一部を分割後、新たに設立する会社、または既存の会社に承継させるという手続きです。

株式交換

株式交換とは、株式会社がその発行済株式の全部を他の株式会社、または合同会社に取得させることをいいます。完全親子会社の関係をつくるために利用します。
完全子会社となれるのは株式会社だけですが、完全親会社となるのは、株式会社と合同会社のどちらでも大丈夫です。

株式移転

株式移転とは、1社、または複数の株式会社の発行済み株式の全部を新たに設立する株式会社に取得させることをいいます。
株式会社が単独、もしくは共同して完全親会社を設立する場合に利用します。

お問い合わせTEL0647085581
メールでのお問い合わせ