相続・債務整理 大阪グリーン司法書士法人・行政書士事務所

facebook twitter googleplusone

お問い合わせ

06-4708-5581

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

ニュース

抵当権・根抵当権の抹消登記

銀行などの金融機関からお金を借りる際、家や土地などを担保に入れることがよくあります。この担保をとっているぞ、という権利を担保権といいます。担保権には複数種類ありますが、家や土地につける場合は、「抵当権」か「根抵当権」であることがほとんどです。 住宅ローンなど借りた後は返すだけという場合には抵当権を、事業などをしていて借りたり返したりを繰り返す場合には根抵当権を付けることになります。 住宅ローンを返済し終わると、抵当権は消滅するので、金融機関から抵当権抹消の登記に必要な書類を渡されます。この登記は義務ではないので、放っておくことも可能ですが、今後不動産を処分する際に抵当権が付いたままでは売れません。そして、時間が経っていると金融機関からもらった書類を紛失したりすることもあり、再発行や代替書類作成には通常よりも費用が掛かってしまいます。返し終わったらすぐに抵当権の抹消をすることが肝要です。 根抵当権の場合は、借入を完済しても消滅しません。事業などで生じる一連の借入れを極度額という枠で継続的に担保するためです。こちらも取引終了後はすぐに抹消することが肝心です。根抵当権の範囲に金銭消費貸借取引とある場合には、事業をやめた後に、その金融機関でカードローン契約などをした際に、そのカードローンも根抵当権の対象となるからです。そうなるとカードローンを完済しなければ、根抵当権が付いている不動産を処分できなくなります。 消し忘れの担保権にはご注意ください。
お問い合わせTEL0647085581
メールでのお問い合わせ