相続・債務整理 大阪グリーン司法書士法人・行政書士事務所

facebook twitter googleplusone

お問い合わせ

06-4708-5581

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

ニュース

新中間省略登記 ~第三者の為にする契約~

A→B→Cと所有権が移転している場合はA→Cに直接所有権移転登記をする事はできるでしょうか? 答えはNOです。理由はBが一旦所有権を取得している以上必ず登記法上はBを経由させなければなりません。  しかしAB間(第一取引)とBC間(第二取引)の2つの契約があったとしてBに所有権が一瞬も行かない様にスキームを組めばどうでしょうか? その場合はA→Cに直接移転登記をしても問題は無いです。 その場合に得られる効果は、Bが負担すべき登録免許税及び不動産取得税の節税効果があります。 評価額の高い物件なら得られる効果は大きいです。 しかし、契約書等の設計をきっちりとしておかなければ後々に税務当局の指摘が入り追徴も含めて納税を迫られる可能性もあります。 その一番のポイントはBに所有権が移転しない様に、第一取引と第二取引で決められた特約を盛り込み設計をする事です。 当事務所ではプロジェクトの段階から関わらせて頂いてアドバイスさせて頂く事が可能です。 お気軽にご相談下さい。 司法書士山田愼一
お問い合わせTEL0647085581
メールでのお問い合わせ