相続・債務整理 大阪グリーン司法書士法人・行政書士事務所

facebook twitter googleplusone

お問い合わせ

06-4708-5581

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

ニュース

解散した司法書士法人の社員の競業避止義務について

あまり司法書士以外の方には関係の無い話ですが、司法書士法人を経営している私には大変良いニュースが司法書士会から届きました。 今までは、司法書士法人を解散した場合でその清算法人の清算人に就任すると競業避止義務との関係で清算が結了するまでは、個人で司法書士としては活動できないとされていました。 これは私たちには大きな問題でした。司法書士法人は社員司法書士が1名になってしまうと半年以内に2名以上にしないと強制的に解散となってしまうのですが、解散となると清算人になり個人としても司法書士の業務ができないという非常に危機的な状況に陥る可能性が有ったのです。 この為に法人化に踏み切れない司法書士の方はかなりいらっしゃったと思います。私も昨年まで法人化しなかったのは上記の関係でした。 それが今回の通達では競業避止義務にあたらないとの事に変更になりました。 これで法人化に踏み切る方が増える事と思います。 国民の為にできた法人化制度の更なる発展に期待します。 司法書士山田愼一
お問い合わせTEL0647085581
メールでのお問い合わせ